とりあえずニュースを確認してみる

【陣内孝則】妻と共演!息子はフジディレクターに!コネ入社に批判の声

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度の「ファミリーヒストリー」で自身のルーツが明らかになる俳優の陣内孝則さん。

そんな陣内さんの奥様は元モデルで超美人!

昨年の『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2018』を受賞し、

31年ぶりの共演と話題になっています。

そして息子さんはフジテレビでディレクターとして働いているようですが、

ある問題行動が露呈し「コネ入社なのでは!?」と批判の声が殺到しています…。

 

陣内孝則のプロフィールと経歴

 

 

名前   陣内孝則
生年月日 1958年8月12日
身長   176cm
出身   福岡県大川市
所属   ジェイ・オフィス

 

陣内孝則さんは、出身地である福岡県の博多でスカウトされ、

「ザ・ロッカーズ」のボーカルとしてデビューをしました。

そして「ザ・ロッカーズ」を解散後は俳優としてデビュー!

トレンディドラマでの注目を集めるとその後もドラマや映画で大活躍しています。

そしてその素顔は、ひょうきん者でよくしゃべる人柄で有名です。

コミカルな役柄も難なくこなし、抜群の演技力で現在も活躍されています。

 

 

 

陣内夫妻が『パートナー・オブ・ザ・イヤー 』を受賞!

 

そんな陣内さんとその妻である恵理子さんが、理想の有名人夫婦に贈られる

『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2018』を受賞しました。

同賞は毎年、理想の夫婦・カップルにふさわしい2人をネットで公募し選出するもの。

 

 

今回、なんと31年ぶりの夫婦共演になる2人は受賞について、

「平均点以上な夫婦という自負はあった。

選んでいただいて、とってもありがたいですね」

と早速、喜びのコメントをしていました。

 

 

陣内恵理子ってどんな人?

 

陣内恵理子さんは1963年6月21日生まれ。

夫の陣内さんより5歳年下元モデルで馬場馬術競技者でもあります。

 

 

また過去にはタレントとしても活動していたようです。

はじめは資生堂「シャワーコロン」のCM用キャンペーングループの1人に抜擢!

7人組のアイドルグループ「シャワー 」として1982年にデビューし、

その後はモデルやタレント、女優として幅広く活動しています。

 

 

馴れ初めは?

 

陣内孝則さんと妻の恵理子さんは1986年に芸能人水泳大会で共演し、出会います。

その後、俳優の永島敏行さんの紹介で交際に発展

交際3ヶ月で同棲生活を始めたそうです。

ちなみにプロポーズは夫の陣内さんから!

その言葉は「結婚しよ…」だったと言います。

 

 

陣内夫婦円満の秘訣は?

 

夫婦円満の秘けつについて夫の孝則さんは、

「毎年、女房の誕生日には花を送ります

あと、いかに逆境を共有できるか」

とし、恵理子さんも、

あまり干渉しすぎないこと

2人の時間も大切だけど、一人ひとりの時間も大切です」

と芸能界きってのおしどり夫婦の理由を語っていました。

 

 

毎年、妻の誕生日に年齢の数のバラの花束をプレゼントしていると言う孝則さん。

「最初は20数本だったんですけど今じゃ50ン本。出費もバカにならない」

と憎まれ口を叩きながらも愛情いっぱいの関係性をアピールしていました。

スポンサーリンク

 

 

陣内孝則の息子はフジテレビにコネ入社!?

 

そんな陣内夫妻の間には2人の息子がいます。

長男は陣内太郎さんといい、フジテレビに入社しているとか!

 

 

しかしここで彼がある問題行動を起こしたそう!

なんとフジテレビ入社の際のやり取りや、研修の様子などの

極秘情報を自身のツイッターに投稿していたため、

世間からは「ネット中毒」だと批判されていました。

 

また以前から陣内孝則の息子だというアピールが凄かったらしく、

フジテレビにはコネ入社だったのではないかと言われてしまう始末!

その他にも、生田斗真の弟である生田竜聖と同期入社だという自慢話もすごいのだとか。

 

 

このことからすっかり問題児扱いされてしまっている太郎さんですが、

現在はアナウンサーではなく、ディレクターとして真面目に働いているようです。

 

 

まとめ

 

今回は、俳優・陣内孝則さんの妻の陣内恵理子さんや

息子の太郎さんのことについてまとめてみました。

太郎さんの問題行動には目を疑いましたが、今では立派な社会人として働いているようです。

また陣内さんご一家は今でもとても仲が良く、4人で一緒に食事に出かけることも多いとか。

今後も、個々にタレント・俳優、ディレクターとして頑張っていってほしいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.