とりあえずニュースを確認してみる

【吉岡里帆】綾鷹CMで炎上!家族も関係?理不尽に叩かれる理由とは?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度の「LIFE!~人生に捧げるコント~」に出演が決定した女優の吉岡里帆さん。

そんな彼女が出演している「綾鷹」の新CMが炎上騒ぎになっているそうです!

その他にもネット上での理不尽な叩かれ様が話題になっている吉岡さん。

彼女はどうしてこんなにも嫌われているのか?

過去の炎上エピソードとともに調べてみました!

 

吉岡里帆のプロフィールと経歴

 

 

名前:吉岡里帆(よしおか りほ)
出身地:京都府京都市右京区
生年月日:1993年1月15日
身長:158cm
デビュー:2013年
出身高校:京都府立嵯峨野高等学校
最終学歴:京都橘大学
所属事務所:エーチーム

 

吉岡里帆さんは、京都市の太秦で生まれたことから幼い頃から映画に親しんでいたそう。

そのため映画・演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などの多様な芸術文化に親しみながら育った彼女。

高校3年生の時に、憧れだった演劇の世界に入っています。

その頃から俳優養成所に通い始めたという吉岡さん。

2012年に現在の事務所に所属するも、オーディションに落選することが続いたそうです。

 

出典: ネタBOX

 

しかし、2014年にチャットモンチーの「いたちごっこ」のミュージックビデオに出演。

そこで注目を集め、2015年に「マンゴーと赤い車椅子」で映画デビューを果たしています。

そして2015年に上京した吉岡さんは、2016年にNHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演。

キュートでコミカルな演技でお茶の間を沸かせました。

 

 

その後はドラマ「ゆとりですがなにか」「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」など、

数々のドラマに出演し人気を集めることになります。

 

 

吉岡里帆の家族は?

 

吉岡さんのご家族は一般人のためあまり詳しいことはわかっていません。

ただ、幼い頃から芸術文化に親しんでいることからそれなりに裕福な家庭であることは想像できます。

そんな彼女の父親は映像会社を経営するカメラマン

そして母親と祖母も映像会社を経営していたそうです。

ちなみにこちらはお母さんとのツーショット。

 

とても美人でまるで姉妹のようですね。

ちなみに弟さんもいるとか!

家族の職業から、吉岡さんが映画や演劇が大好きな理由がわかりましたね。

 

 

吉岡里帆の綾鷹新CMが炎上!その理由は?

 

そんな吉岡さんが出演している「綾鷹」の新CMが炎上騒ぎになっているそうです!

そのCMがこちら!

 

 

髪を後ろでひとつに束ね、白いシャツ姿の吉岡さんが清楚でおしとやかなお茶屋の店主を演じるCM。

「甘みのお茶、初めてでしょ?」

「茶葉の甘み、感じました?」

「愉しみましょう」

といったはんなりした京都弁のセリフがとても印象良く感じますが…。

一体このCMのどこが叩かれる要因になったのでしょうか?

 

炎上した理由は?

 

吉岡さんは京都市出身なので自然な感じの京都弁で話せるのも当然です。

しかしこの京都弁が「いかにも男ウケしそうであざとい」という評価を受けているようなのです。

 

 

一般に京都弁は、博多弁と並んで『彼女が使っていると可愛い方言』とされていますよね。

すでに、男性からの支持が厚い吉岡さん。

そんな彼女が京都弁を出してきたことが一部の視聴者から反感を買ってしまったようです。

そのためネット上では、

『京都弁がわざとらしいよ』

『聞いててイライラしてくる』

『口にする言葉とは真逆なことを心の中では考えていそう』

などといった痛烈な書き込み批判が殺到しているそうです。

このような理不尽な意見に驚きですが、

今回のケースはこのCMだけでなく、ドラマなども含め過去何度かあったようです。

 

 

吉岡里帆の炎上エピソード

 

今回、吉岡さんに起こった過去の炎上エピソードを振り返ってみました。

 

 

 

炎上エピソード1・父親がNHKプロデューサー!?

 

2018年に週刊誌が「吉岡さんの父親がNHK大河ドラマのプロデューサー」という記事を掲載。

これを見た人々によって、ネットが大炎上しました。

前述したように吉岡さんの父親は映像会社を経営するカメラマンです。

そのためこの記事はまったくのデマだと判明していますが、この件で明らかなイメージダウンに!

真相が明かされていなかった時は「コネだ」などとかなり叩かれていたようです。

 

炎上エピソード2・悪女役で嫌われた?

 

吉岡さんは大ヒットしたドラマ『カルテット』で悪女役を演じていたことがあります。

その役のインパクトがかなり強く、さらに不倫を思わせるような役柄だったため、

女性からの好感度を大幅に減らしてしまったようですね。

 

 

またグラビアアイドル出身な事もありナイスバディな彼女。

半分妬みも含まれているとおもいますが、女性票になかなかつながっていないのが現状です。

スポンサーリンク

 

炎上エピソード3・苦労話が仇に!?

 

京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた吉岡さん。

さらに上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていたことなど、

バラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのが仇となったようです。

当時は“父親がNHKプロデューサー”という報道が出たばかりの頃でした。

そのため恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をして嘘なんじゃないの?”とネットが炎上。

また、“だから急に推されているんじゃない?” “結局コネじゃん!”など

辛辣なコメントが続々と上がっていたそうです。

 

 

 

まとめ

 

今回の炎上した綾鷹CMだけでなく、ドラマなども含め何かと叩かれがちな吉岡さん。

根本的な理由は彼女の「あざとさ」にあるようです。

しかし吉岡さんは脚本に沿って与えられた役を演じているだけ。

ドラマや作品に対する叩き方は少し理不尽すぎると感じます…。

しかし、バラエティーなどで見せる「あざとさ」は逆に彼女の持ち味でもありキャラ!

女性の私から見てもそのキュートなルックスはかなり羨ましいと感じてしまいます。

今後も批判に負けず、その可愛さを活かして活躍していってほしいですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.