とりあえずニュースを確認してみる

【吉村作治】の娘は女優で嫁はどんな人?学歴&病気の噂もまとめてみた!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

エジプトピラミッドブームの火付け役として知られる考古学者の吉村作治さん。

29日の「たけしの新・世界七不思議大百科」に出演するなどタレントとしても活動しています。

そんな吉村さんには離婚歴があり、娘さんは女優として活動しているとか!

また、現在病気を患っているという噂や華麗なる学歴についても調べてみました。

 

吉村作治のプロフィールと経歴

 

 

吉村 作治(よしむら さくじ)さんは1943年2月1日生まれの日本の考古学者です。

また、工学博士と早稲田大学名誉教授を始め、サイバー大学客員教授や、

さらに東日本国際大学専任教授・学長も務めるなど教育者としても活動しています。

そんな吉村さんは日本のエジプト考古学第一人者で遺跡を発掘する手法が評価。

留学と発掘調査、研究などでエジプトでの生活が長く、現地での取材も行っています。

またドキュメンタリー番組などでコメンテーター、解説者、司会者などを務め、

NHKの考古学ミステリー番組やテレビ東京サイエンスドキュメンタリーに多数出演。

私生活では料理を趣味とし、NHK「きょうの料理『男の料理』」にも出演しています。

また料理好きが高じ、「エジプト考古学ビル」一階でエジプト料理店『パピルス』経営。

料理についての著書も出版し、料理人としての顔をお持ちのようです。

 

吉村作治の学歴は?

 

1969年に「早稲田大学第一文学部」を無事卒業した吉村さん。

1999年には「早稲田大学理工学部」で博士(工学)を取得しています。

高校卒業後には合格する大学によって、将来の進路を考えていたといい、

東京大学ならば学者、日本大学芸術学部演劇科ならば役者にと決めていたそう。

残念なことに東京大学は不合格となり役者を志すと決断しますが、

母から「学者は役者になれるけど、役者は学者になれない」と諭されて3年間浪人。

しかし自身の受験で疲弊した家族を見て東京大学への進学を断念しています。

その後、早稲田大学第一文学部へ進学し、様々なアルバイトを経験。

そんな中、タンカー船と交渉して安価で世界旅行も行っています。

また在学中にはエジプトへ留学し、大使館でアルバイトするといった貴重な経験も。

この時、築いた人脈がのちの発掘作業の大きな力となったと話しています。

 

 

 

吉村作治はバツイチ!?奥さんはどんな人?

 

吉村さんは大学時代の23歳の頃にエジプトへ留学をしています。

そこでは下宿先に住んでいた16歳の娘さんと恋に落ち、なんと結婚!

その後、お子さんも2人生まれ一家で幸せな暮らしを送っていました。

 

 

そんなある日、家族で熱海旅行をすることに。

そこで、お腹が空いてしまった吉村さんは「ラーメン」を食べています。

すると、その姿を見るや否や、奥さんの怒りが大爆発!

その理由はラーメンの具材として入っていたチャーシューを食していたからでした。

実は奥さんはイスラム教徒で豚肉を食べることを禁止されていたのです。

さらにスープには豚の脂がしっかりと使われています。

この「やってはいけない行為」を見て、この人とは暮らせないと思ったのでしょう。

その結果、2人は離婚という残念な結末を迎えています。

 

吉村作治の娘は女優!?

 

人前で自身のプライベートのことについてあまり語ることがない吉村作治さん。

先述でお子さんが2人いることを伝えましたが、どうやら娘さんは女優をされているとか。

調べてみると現在はエジプトで女優として活躍しているようです。

お名前は吉村佳南さんといい、エジプトの人気ドラマに多数出演しているとのこと。

写真はありませんでしたが、きっとお綺麗な方なのだと思います。

 

出典:rkb.jp

 

スポンサーリンク

吉村作治に病気の噂!?

 

吉村作治さんは以前に比べて露出が減り、「病気なのでは」と噂されています。

調べてみると「脳梗塞」という関連ワードでよく検索されていることがわかりました。

果たして本当に病気なのか、調べてみましたがどうやらガセとのこと。

信憑性のある情報はどこにもなく、現在も元気に活動されているようです。

恐らく過去に脳卒中に関する講演に参加してきたというブログを投稿し、

この「脳梗塞」というキーワードだけが一人歩きしてしまったと考えられます。

 

 

 

まとめ

 

今回は考古学者の吉村作治さんについてまとめてみました。

過去には離婚を経験し、娘さんは女優をしていることが判明。

また病気の噂もありましたがガセだったようですね。

そんな吉村さんには今後も考古学の世界で活躍し続けてほしいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.