とりあえずニュースを確認してみる

【山本リンダ】の生い立ちや現在をまとめ!結婚した旦那&子供はいる?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

1960年代に第ブレイクを果たした歌手の山本リンダさん。

今は60歳を過ぎていますが、現在どのような活動をされているのでしょうか?

そこで今回は山本リンダさんの経歴や両親との生い立ち、

さらに結婚した旦那さんやお子さんについての情報をまとめています。

 

山本リンダのプロフィールと経歴

 

 

名前:山本リンダ (やまもと りんだ)
本名:山本あつ子 (やまもと あつこ)
生年月日:1951年3月4日
年齢:67歳
血液型:不明
出身地:福岡県北九州市小倉北区
身長:168㎝
職業:歌手
活動期間:1966年〜
所属事務所:リンダ・ミュージック・オフィス

 

母親に楽をさせたいと思い、モデルのオーディションに応募した山本さん。

1962年から雑誌『装苑』で人気モデルとして活動を始めています。

1966年の高校在学中に遠藤実作詞・作曲の「こまっちゃうナ」で歌手デビュー。

すると同曲が大ヒットとなり、国民的アイドルとして全国に知られるようになりました。

翌年には『第18回NHK紅白歌合戦』で紅白歌合戦初出場を果たし、話題に。

当時は舌っ足らずな口調を売りにした「可愛い子ちゃん」キャラで人気を博しました。

 

出典:1242.com

 

1971年には「キャニオンレコード(現:ポニーキャニオン)」に移籍した山本さん。

同年7月から特撮ドラマ『仮面ライダー』に出演し、女優としても活動しています。

1972年には移籍第2弾目のシングルレコードとして「どうにもとまらない」を発表。

1弾目とは違うセクシーな大人にイメージチェンジし、大ヒットを記録しました。

その翌年1973年には「狙いうち」が大ヒットし、この年の各音楽賞を総なめに。

そして「第24回NHK紅白歌合戦」にも出場を果たし、その人気は最高潮に達しています。

 

 

山本リンダはハーフで生い立ちは?

 

山本さんは福岡県小倉市出身で父親はアメリカ人、母親が日本人のハーフです。

父親は米軍人として働いていましたが、リンダさんが1歳の頃に朝鮮戦争で戦死。

そのため母親に女手一つで育てられ、家庭は非常に貧しかったといいます。

 

 

そして5歳の時に神奈川県横浜市に転居したリンダさん親子。

小学校ではハーフであるが故にいじめられ、近所からも白眼視されていたそうです。

そんなリンダさんをいつも優しく慰めてくれたのは母親でした。

落ち込むと大阪出身の母親が醤油味のお好み焼きを作ってくれたといい、

この料理は今でも彼女の大好物で特別な思い出の味になっています。

 

 

山本リンダの結婚相手はどんな人?子供は?

 

山本さんは2001年の50歳に時に結婚を発表しました。

その気になるお相手は彼女より7歳年上の稲葉光彦さんという方で、

「慶応大学法学部」を卒業し、大学院で法学博士を取得しているエリート。

現在は社会福祉を専門とする大学教授として活躍されています。

 

 

そんな2人の出会いは共通の知人からの紹介でした。

結婚後のインタビューでは「お互い共通部分があって惹かれた」と話しています。

そして50歳すぎてからの晩婚なので、二人の間にお子さんはいません。

 

 

山本リンダの現在の活動は?

 

今では60歳をとっくに過ぎている山本リンダさんですが、

デビュー以来、身長168cm、体重50kg台前半を常にキープしています。

そして今も現役で歌手活動を続けており、今度の「うたコン」にも出演。

また、コンサートやイベントにもコンスタントに出演し活躍しています。

現在は好きなシャンソンを中心に歌っており、カバーアルバムも発売。

このように変わらぬ美貌で歌手として第一線を走り続けているようですね。

 

 

 

まとめ

 

今回は1960年代に大ブレイクした山本リンダさんについて紹介しました。

実はハーフで、父親を戦死で亡くしていたという生い立ちの彼女。

母親の支えもあり、ここまでの人気を獲得したこともわかりました。

そして50歳の時にはエリートな旦那さんとの結婚も発表しています。

そして今現在でも多くの歌番組やコンサート、またバラエティで活躍。

そんな山本さんにはいつまでも変わらぬスタイルで活躍し続けてほしいですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.