とりあえずニュースを確認してみる

【高橋克典】の嫁【中西ハンナ】との馴れ初め&子供は?経歴もまとめ!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度の「帰れマンデー見っけ隊!!」に出演する俳優の高橋克典さん。

モデルの中西ハンナさんと結婚し、お子さんもいらっしゃるようです。

今回は高橋さんの経歴や奥さんの馴れ初め、お子さんについてまとめてみました。

 

高橋克典プロフィールと経歴

 

 

名前:高橋 克典(たかはし かつのり)

生年月日:1964年12月15日

出身:神奈川県横浜市

身長:175cm

体重:68kg

血液型:O型

 

父は音楽教師、母は芸大卒業の声楽家という、両親の元に生まれた高橋さん。

音楽家である家系で育ち、3歳からピアノの英才教育を受けていました。

その後「青山学院初等部」「青山学院中等部・高等部」を卒業。

そして「青山学院大学経営学部」に入学しますが中退し、役者の道へと進みます。

デビュー当時はほとんど脇役で俳優として出演していた高橋さん。

そんな中、1993年、29歳のときに「抱きしめたい」で歌手デビューを果たします。

のちにドラマ「サラリーマン金太郎」「特命係長 只野仁」などに主演として抜擢。

その後も野心的に数々のドラマや映画に出演し、役者としての評価を得ています。

 

 

 

 

高橋克典の結婚相手はどんな人?

 

高橋さんは2004年10月に元モデルの中西ハンナさんと結婚しました。

二人は母校の「青山学院」の礼拝堂で、挙式をあげています。

 

 

また14歳の「年の差結婚」ということで、大きな話題にもなっていました。

そんな奥さんのハンナさんは、お母さんが日本人、お父さんがドイツ人のハーフ。

主にモデルとして活躍していただけあってとてもお綺麗な方です。

現在はモデルや芸能活動を引退し、一般人として生活しているそうです。

 

 

二人の馴れ初めは?

 

二人の出会いはバンドのメンバーとの合コンだったと言われています。

合コンの場だったと言うこともあり、あまり乗り気ではなかったと言うハンナさん。

高橋さんに対する第一印象はあまり良いイメージではなかったようです。

ちなみにハンナさんが彼に抱いた印象は「マイペースすぎる人」とのこと。

しかし、何度か会っている内に徐々に彼の魅力に気付き、惹かれていったそうです。

 

 

一方の高橋さんは、中西さんに対しては一目惚れだったそう!

とてもお綺麗な方ですから、男性からの人気も高かったようですね。

そしてプロポーズの際、婚約指輪は当初渡さないつもりだったと言う高橋さん。

しかし、結婚式の日に「一生言われ続けるかも」と不安になり、急遽指輪を作成。

そして、当日の結婚式控え室にいた彼女の前に何も言わずその指輪を置いたと言います。

その後、恥ずかしさからか無言で立ち去っていった高橋さん。

役者のイメージと違い、素顔は意外とシャイなようです。

 

 

 

 

高橋克典の子供について

 

二人の間には2009年2月27日に第一子となる男の子が生まれています。

生まれた当時、体重はなんと3960gというビックサイズ!

お名前やお顔については明かされていませんが、美男美女の子供なのできっとイケメンでしょう。

そして母となった中西さんは現在は子育てのため、主婦業に専念しています。

一方の高橋さんも妻の子育てを手伝っているようで、ブログにお子さんとの2ショットを掲載。

 

 

もちろんモザイクがかかっていますが、良いパパであることが伝わってきますね。

子供ができた頃は父親になるという実感がなかなか湧かなかったと話す高橋さん。

しかし、だんだんと子煩悩になり、今では息子さんをかなり溺愛しているようです。

また、過去にはお子さんのためにおもちゃを買いに行く姿も目撃されていたようです。

 

スポンサーリンク

子供の学校は?

 

息子さんは父親の高橋さんと同じく「青山学院幼稚園」を卒園。

そして現在は同校の初等部に通っていると言われています。

また、このまま中学も高校もエスカレーター式にあがっていくと予想。

将来は父・高橋さんのような俳優になるのでしょうか?

そうなれば親子共演の可能性も出てきますし、これからがとても楽しみですね。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は俳優の高橋克典さんについてまとめてみました。

映画やドラマ作品などではクールなイケメンといった印象の高橋さん。

しかし、家では息子さんと奥さんを溺愛する父親だったことが判明しました。

そんな一面を持っていることを知れて、ますます魅力を感じますよね。

そしてこれからもご家族のため、長く俳優として活躍し続けてほしいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.