とりあえずニュースを確認してみる

【杉咲花】新ドラマで新境地!両親は有名ミュージシャン?本名は?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞し、

今、ブレイク必至と言われている女優の杉咲花さん。

謎めいたティザービジュアルが話題の映画『十二人の死にたい子どもたち』にも出演。

普段のイメージとは違った“前髪あり”の姿が大好評を博し、注目を集めています。

最近ではバラエティ番組にも時々参加し、活躍中の杉咲さん。

今度の2018年12月30日(日) 18時30分~23時45分放送

「アメトーーーーーーーーーーク!年末5時間スペシャル」にもゲストで出演します!

そんな杉咲さんのご両親はともに芸能人でミュージシャンだという噂が!

その関係で、彼女の本名も明らかに!

ではさっそく紹介していきますね。

 

杉咲花のプロフィールと経歴

 

出典:映画.com

 

名前:杉咲花(すぎさき はな)
生年月日:1997年10月2日
出生地:東京都
身長: 153cm
血液型:B型
職業:女優
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM
活動期間:2006年 –
事務所:研音

 

子役時代は「スターダストプロモーション」に所属し活動していた杉咲さん。

もともと芸能界に興味があった彼女は中学生になったとき、改めて女優になりたいと強く思うように!

そして、当時憧れていた女優・志田未来さんが所属している「研音」のオーディションに応募しました。

そして2011年4月から「研音」に所属することが決定!

子役時は、「味の素Cook Do」のCMにぐっさんこと山口智充さんと出演。

食卓で美味しそうな回鍋肉を大口でほおばるシーンは有名ですよね。

 

出典:YouTube

 

その後、2014年には日経トレンディ主催の「2015年の顔」にも選出された杉咲さん。

2016年NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインの妹の美子を演じ、一気に知名度を上げました。

さらに、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では銭湯を営む一家の娘役を演じ、

日本アカデミー賞ほか各映画賞の助演女優賞を受賞しました。

そして今年、2018年4月に放送されたドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』でドラマ初主演。

 

 

人気少女漫画の実写版の主人公を好演したことで、若者を中心に大ヒットしました。

また来年公開の映画『十二人の死にたい子どもたち』にもメインキャストとして出演する彼女。

普段のイメージとは違った“前髪あり”のロングヘアのビジュアル姿が注目を集めています。

 

 

まさに今、ブレイク必至と言われている杉咲さん。

今後の活動にも期待が高まっています。

 

 

 

杉咲花、新ドラマで斬新なヒロインを演じ新境地!?

 

女優の杉咲花さんが、来年1月スタートのドラマ『ハケン占い師アタル』の主演を務めることに!

そのビジュアルが斬新だと話題になっています。

杉咲さんはニット帽にサングラス、コートを着た異様な姿で、本格コメディーに初挑戦!

 

 

誰だかわからない…。

 

彼女が演じるストーリーの主人公・的場中(まとば・あたる)=アタルは21歳の派遣社員。

生まれて初めて働く職場でさまざまな初体験に喜び、いつもニコニコしていますが、

実は、目を合わせた相手の隠れた内面や原風景が見える特殊能力の持ち主なのです!

そんな変わった占い能力で彼女の周りの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していくという物語です。

 

出典:WaCoca

 

このドラマの脚本を手掛けるのは、遊川和彦氏

2011年に『家政婦のミタ』で社会現象を巻き起こした一人者です。

今回もまた一見斬新なヒロイン像を糸口に、コミカルなアプローチを仕掛ける模様。

遊川氏の手腕によって、杉咲さんのどんな“新たな才能”が引き出されるのか?

今から放送が楽しみですね。

 

私が好きなブラックコメディーもの!

湯川さん脚本なので絶対面白いと期待…。

 

杉咲花の両親はミュージシャンで有名人!?

 

そんな杉咲さんのご両親はミュージシャンで有名人との噂があるんです!

彼女の父親と母親は果たして誰なのか?調べてみました!

 

杉咲花の父はレベッカのシャケ?

 

杉咲花さんのお父さんは、木暮武彦さんという方で、愛称はshake(シャケ)

 

 

現在はギタリストミュージシャンとして活躍されているそうです。

もともと小暮さんは「レベッカ」というバンドの初代リーダーでした。

 

 

この「レベッカ」を2年で脱退したお父さん。

その後は現在は活動休止中の「レッドウォリアーズ」というバンドに加入

ここでも人気メンバーの一人として活躍していたそうです。

ちなみにお父さんの小暮さんは離婚再婚歴が多いことでも有名!

まず、1990年にレベッカのボーカルNOKKOさんと結婚しています。

NOKKOさんとはロサンゼルスで結婚式をあげたそうですが、数年で離婚。

その後1996年に杉咲さんの母親と再婚してすぐ杉咲さんが産まれました。

しかし、その後2000年に杉咲さんの母親と離婚

そして2003年には現在の妻(15歳年下の一般女性)と再婚し、男の子一人をもうけています。

 

 

 

この緑のTシャツの男の子が小暮さんの息子さんだと思われます!

そうなると、杉咲さんの腹違いの弟ということになりますね。

スポンサーリンク

 

杉咲花の母はチエ・カジウラ?

 

次に杉咲さんのお母さんについて調べてみると、

Chie Kajiura(チエ・カジウラ)さんということがわかりました。

 

 

チエ・カジウラさんは、ライブハウスを中心に活動している歌手。

そのジャンルは サイケデリックロック、エレクトロニカ、ポップスです。

1996年に杉咲さんの父親の木暮さんと結婚して、杉咲さんを産まれています。

杉咲花さんを出産してしばらく歌手活動を休止していたようですが、

2004年からLIVEを中心にフリーランスで活動を再開したようです。

ご本人のツイッターでは、よく娘の杉咲さん関連のツイートをリツイートしているみたいですよ。

 

杉咲花の本名は?両親の離婚に関連している?

 

ここで杉咲花さんの本名について調べてみました。

すると公式では非公表となっていることが発覚。

しかし、子役時代は母親の姓の梶浦(かじうら)で活動していた彼女。

このことから、本名は梶浦花(かじうらはな)”ではないかと言われています。

 

 

ちなみに2011年に現在の所属事務所である研音と契約を機に、芸名を「杉咲花」に変えているようです。

父親の木暮さんと母親のチエさんは杉咲さんが3歳の頃に離婚されています。

そしてその時、親権は母親のチエさんの手に!

また、あるテレビ番組ではずっと母親と二人暮らしだったと語っていた杉咲さん。

 

 

子役時代にも母親の姓の梶浦で活動していたという記録が残っていますので、

さすがに父親の名字が本名であるということはなさそうですよね。

 

まとめ

 

今回は期待の女優・杉咲花さんの噂についてまとめてみました!

実は両親が有名なミュージシャンだった彼女。

最近、多い「親の七光り」と呼ばれる芸能人たち。

しかし、このことを全く公表しなかった杉咲さん。

それにもかかわらず、ここまでの活躍ぶりを見せているのは本当にすごいと思います!

謎めいたティザービジュアルが話題の映画『十二人の死にたい子どもたち』や、

新ドラマ『ハケン占い師アタル』など、たくさんの公開出演作品が控えている杉咲さん。

彼女の今後の活躍にさらに期待が高まります!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.