とりあえずニュースを確認してみる

【外山惠理】は結婚している?性格に難あり!?実家&経歴もまとめ!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度の「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」に出演する外山惠理さん

TBSの看板女子アナとして活躍されていますが、性格に難ありという噂があるようです。

また、結婚されているのか、経歴や実家についても調べてみました!

 

外山惠理のプロフィールと経歴

 

 

名前:外山惠理アナ(とやま えり)

生年月日:1975年10月22日

年齢:43歳(2019年7月現在)

出身:東京都墨田区向島

血液型:A型

趣味:映画・舞台鑑賞・寄席に行く・美味しいご飯を食べながらお酒を嗜む

特技:不明

職業:TBSアナウンサー

勤務局:TBS

免許・資格:自動車普通免許

好きな色:白・ピンク・赤・黒

好きな食べ物:パクチー以外

 

名門「慶應義塾大学」を経て、1998年にTBSアナウンサーとして入社した外山惠理さん。

実は彼女の母親も文化放送の元アナウンサーと活躍していた2世なんです。

これまでには人気バラエティ「どうぶつ奇想天外!」などに出演。

また、「チューボーですよ!」のアシスタントを務めるなど人気アナとして活躍していました。

 

 

 

 

外山惠理の実家は老舗和菓子屋だった!

 

そんな外山惠理さんの実家は都内でも有名な和菓子屋として知られています。

お店の名前は「言問団子(ことといだんご)」といい、

名前の通り、お団子や最中を主力商品として販売されているそうです。

 

 

創業が江戸末期で先祖代々続く老舗であり、関東エリアの有名デパートなどにも出店。

最近では「東京スカイツリー」等を含む23店舗で販売店を開いているそうです。

ちなみに店名は在原業平が東国を旅した時に読んだ和歌から名付けたと言われています。

お菓子の味はあっさりとした上品なものばかりで、串に刺していないお団子が名物です。

現在まで創業当時の原点を守り続けている同店。

このことからも、長く続く人気の秘密がよくわかりますね。

 

 

 

 

 

外山惠理は結婚はしている?

 

そんな外山さんですが、現在ご結婚はされているのでしょうか?

調べてみると、現在は独身でこれまでに結婚歴もないということがわかりました。

そんな彼女には結婚願望があるようで過去には、

「30歳までに結婚したい」

とあるレギュラー出演していた番組で語っていたとか。

しかし、共演者からは「性格に難あり」との事で婚期が遠のいているという指摘が!

そんな外山さんの性格とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

 

 

 

外山惠理は性格がきついって本当?

 

以前に共演者から、「性格に難あり」と言われていた外山さん。

彼女が結婚出来ない理由にも挙げられていましたが、どんな問題があるのでしょうか?

調べてみると、周りからは良く言えば天真爛漫で裏表がないとの評価が。

しかし一方では悪く言えば空気を読めずにお世辞が言えない性格だと言われているようです。

その一例として「チューボーですよ!」の降板エピソードが挙げられます。

同番組は司会を堺正章さん、アシスタントをTBSの女子アナが務めることで有名でした。

初代の雨宮塔子さんに代わって2代目のアシスタントに抜擢された外山さん。

ところが裏表がなく本音しか言わない外山さんは堺さんに嫌われ、僅か半年でクビになっています。

 

 

初代の雨宮さんをはじめ、その後のアシスタントたちは皆5年は番組を勤め上げているそう!

このことからも、外山さんのアシスタント期間がいかに短かったかが分かりますね。

 

スポンサーリンク

実は優しい!?永六輔との関係からわかる性格

 

そんな、性格の悪さを指摘されていた外山さんですが、一部では良い人という声もあります。

これはラジオ番組で永六輔さんと共演をするようになったことから広まったエピソードなんだとか。

永さんは「永六輔の誰かとどこかで」などの番組で活躍していた、ラジオ会の重鎮として有名。

 

出典:zakzak

 

外山さんとは2000年に「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」で初共演を果たしています。

共演当初は外山さんの率直な言動に対してリスナーから批判のハガキが届くことが多かったそう。

そんな意見に対して永さんは一つ一つに「長い目で見てやってくれ」と手紙を書いていたそうです。

この永さんの対応について外山さんは、

「永さんがいなかったら私はとっくにTBSを辞めていた」

とインタビューで語っています。

その恩を返すかのように晩年の永さんの世話のほとんどを行っていたという外山さん。

ほぼ介護といったレベルで永さんの生活のサポートしていたと言います。

 

 

この時はもちろん仕事をしながらの生活だったため、その苦労は相当なものだったはずです。

しかし、恩人とはいえ他人の世話をしていた外山さん。

人間関係が希薄になっていると言われる時代にここまでできる彼女の行動には感服ですね。

性格が悪いと叩かれることもありますが、きっと根は素晴らしい人柄なのだと思います。

 

 

 

まとめ

 

今回はTBSアナウンサーの外山惠理さんについてまとめてみました。

女子アナとして人気の彼女ですが、度々その性格に批判の声が上がっているようです。

しかし、恩人の永六輔さんとのエピソードからそうではないと判明。

実は情に厚く、人を率先して助けられる素晴らしい人柄だったとわかりました。

そして、これからも女子アナとして長く活躍し続けてもらいたいですね。

今後の外山さんの活動に注目するとともに、応援していきたいと思います!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.