とりあえずニュースを確認してみる

【沢松奈生子】の実家はお金持ち!?家族構成は?夫や子供はいる?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度の「女が女に怒る夜」に出演する元女子プロテニス選手の沢松奈生子さん。

そんな彼女の実家がお金持ちだと噂で、ご家族の経歴もすごいと話題です。

この他にも結婚した旦那さんやお子さんについてもまとめてみました。

 

沢松奈生子のプロフィールと経歴

 

 

名前:沢松奈生子(さわまつ・なおこ)
生年月日:1973年3月23日
身長/体重:168cm/55kg

 

沢松奈生子さんは元テニスプレイヤーとして活躍。

当時はあの伊達公子さんと一緒に、日本女子テニス界の黄金時代を支えていました。

そしてシングルス自己最高ランキングは14位で1995年全豪オープンでベスト8にも進出!

ツアーでは通算4勝を記録し、1992年のバルセロナと1996年のアトランタ五輪を経験しています。

 

 

 

現在はマルチに活躍

 

選手引退後は「あさチャン!」などの情報番組のコメンテーターとして活躍。

番組では「テニスに関する解説が分かりやすい」と評判になっています。

また昨年にはドラマ「ブラックペアン」に出演し、女優デビューも果たした沢松さん。

このほか「日本テニス協会普及本部環境委員」などにも就任しており、

後進の選手育成や日本でのテニスの普及に尽力しているそうです。

 

 

 

沢松奈生子の実家は豪邸!

 

そんな沢松さんのご実家は兵庫県西宮市にある、超豪邸との噂です。

詳しい場所については分かりませんでしたが、庭にはテニスコートもあるとか!

しかし1995年の阪神大震災で被災し、実家は全壊。

幸いご家族は全員無事だったそうですが、かなり苦労されたようです。

 

 

 

沢松家はテニスの名門一家!

 

そんなお金持ちの沢松家はテニスの名門一家として有名です。

それでは気になるご家族の経歴を一人ずつご紹介していきます!

 

父親はウィンブルドンに出場!

 

奈生子さんの父親は沢松忠幸さんといい、元テニス選手として活躍していたそうです。

ちなみに1974年にはウィンブルドンの混合ダブルスに出場していたとか!

その後、忠幸さんは仕事の関係でドイツ・デュッセルドルフに転勤。

このため、娘の奈生子さんは幼少期をドイツで過ごし、そこでテニスの腕を磨いたといいます。

 

母親の家系もすごかった!

 

そして奈生子さんが生まれた沢松家は実は母方の実家!

曾祖父の代から続くテニスの名門一家として有名だったようです。

特に母親の沢松順子さんの実妹である沢松和子さんは、日本人初のプロテニス選手!

1975年のウィンブルドン女子ダブルスで優勝した、テニス界のレジェンドです。

母親の順子さんも妹の和子さんとペアで1970年のウィンブルドン女子ダブルスに出場。

そこで、ベスト8入りを果たしたこともあるトップ選手でした。

 

 

 

結婚した旦那はどんな人?

 

沢松奈生子さんは2005年に7歳上の丹羽秀行さんと結婚しています。

旦那の丹羽さんは菓子製造の販売会社「ピー・エムファクトリー」の役員で、

ニューヨークに転勤した際に奈生子さんと出会ったと言われています。

この時、知人の紹介で知り合った2人は互いに尊敬しあえる部分が多く、交際に発展。

その後旦那さんからのプロポーズで結婚に至ったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

子供はいる?

 

そして沢松奈生子さんには今年小学校6年生になる1人娘がいるそうです。

お子さんのお名前など、その詳細は明らかにされていませんが、

母親の血を受け継ぎ、すでにテニスを始めているのかもしれませんね。

ちなみに父親の丹羽さんもかなりのスポーツ好きなんだとか!

家族でテニスを楽しんでいる様子が想像できますね。

 

 

 

まとめ

 

今回は元女子プロテニス選手の沢松奈生子さんについてまとめてみました。

現在は引退し、コメンテータや女優としてマルチに活躍されていますね。

また最近ではバラエティ番組にも登場し、多彩なトークが話題になっています。

そして東京五輪が近くなってきたこともあり、ますますの活躍が期待される今。

これからもテニス普及をはじめ、長く活動していってほしいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.