とりあえずニュースを確認してみる

【佐久間宣行】の経歴や学歴まとめ!結婚した嫁&親バカの噂は本当?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

1/2 (木)放送の「新春TV放談2020」に出演する佐久間宣行さん。

現在、テレビ東京に所属する敏腕プロデューサーとして演出などを手がけています。

そんな佐久間さんが結婚した奥様やお子さんについて気になりませんか?

今回は佐久間さんの経歴や学歴、プライベートをまとめてみました!

 

佐久間宣行のプロフィールと経歴

 

 

名前 佐久間 宣行
生誕 1975年11月23日(44歳)
日本の旗 日本 福島県いわき市
出身校 早稲田大学商学部卒業
職業 テレビプロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティー

 

学生時代は広告代理店の営業や商社のマーケティングの仕事を志望していた佐久間さん。

当時、軽い気持ちで受けたフジテレビにて役員面接まで通過してしまいます。

そして元フジテレビ社長に「君はテレビ現場に向いている」といわれ、本腰を入れ就職活動。

その後テレビ東京に期日ギリギリで願書を提出し採用されました。

1999年にテレビ東京に入社した佐久間さんは1年目はドラマのADに。

それからは深夜ドラマのADを1年経験してバラエティーに転属しています。

その後は『ペット大集合!ポチたま』や『TVチャンピオン』の両方でチーフADを担当。

入社3年目には異例の若さで深夜枠の『ナミダメ』でプロデューサーデビューを果たしました。

するとその実績が認められ「ATP(全日本テレビ番組製作社連盟)」新人賞を受賞。

以降は『TVチャンピオン』のディレクターと兼任し、お笑い番組を手掛けるようになります。

入社5年目には『大人のコンソメ』の総合演出を経験し、総合演出をとるスタイルに。

近年では『ゴッドタン』『ウレロ☆未確認少女』を手掛け、大ヒットを記録。

またテレビ東京制作局CP制作チーム部主事兼コンテンツビジネス局コンテンツビジネス部兼任。

2019年4月4日からはニッポン放送『オールナイトニッポン0』で水曜パーナリティを担当しています。

 

佐久間宣行の学歴は?

 

佐久間さんは福島県いわき市の出身で福島県立磐城高等学校に通っていました。

同校の偏差値は64と高く、県内第4位に優秀な進学校として人気のようです。

高校卒業後は早稲田大学商学部に進学し、マーケティングなどを勉強。

そのため、当時は広告営業や商社の仕事をしたいと思っていたそうです。

しかし、フジテレビの社長にテレビに向いていると言われ一念発起。

1999年にテレビ東京に内定が決まり、1年目からはADとして活躍しています。

そして入社からわずか3年目の異例の若さでプロデューサーを任されました。

 

出典:cakes.mu

 

 

佐久間宣行の結婚相手&親バカぶりに驚き!

 

佐久間さんには結婚した奥さんと娘さんが1人いらっしゃいます。

娘さんは2019年現在、12歳くらいになったと言われています。

そんな佐久間さんは娘さんに対して、かなりの親バカとして有名。

娘さんがまだ幼い頃は自身のツイッターに自分の娘に関する投稿を頻繁にしています。

 

 

その中には「娘が可愛くなりすぎている」といったストレートなツイートも。

その微笑ましさから当時はネットニュースに取り上げられた事もあったようです。

しかし、娘さんに「私の事をツイートされるのが恥ずかしい」と言われ、

今ではすっかり、「親バカ溺愛ツイート」はなりを潜めているようです。

親バカと知られる一方で奥さんに関しての情報はほとんど出てきませんでした。

スポンサーリンク

 

奥さんとの馴れ初めは?

 

佐久間さんと奥様の馴れ初めについては明らかにされていません。

そんな佐久間さんはイベントで「恋愛と作品の関係性」について次のように言及。

結婚して他の女性がなんとも思わなくなって、モテようと思わなくなってから、

面白い番組を作るようになりました。色気がなくなったというか。

奥さんは僕の番組を見ないので、誰かに好かれようと思って作らなくていいから、

BPOに怒られないレベルまで攻めて大丈夫だなとか。

もし彼女が僕の作るような番組が苦手な人だったら、ちょっと気にしたと思うので。

このように奥様は夫の仕事にはあまり興味がなく、干渉することもないようです。

きっと理解のある奥様に支えられ、ここまで活躍し続けているのでしょう。

そしてこれからも仲の良い夫婦関係を築いていってほしいですね。

 

 

 

まとめ

 

今回はプロデューサーの佐久間宣行さんについてまとめてみました。

天才的な企画力を発揮し、第一線で番組作りを進めている佐久間さん。

これからも皆を喜ばせる作品をどんどん生み出し続けてほしいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.