とりあえずニュースを確認してみる

【さかなクン】の本名は?結婚&子供もいる?発達障害の噂も検証!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

魚類学者やタレントとして活躍している、さかなクン。

今度の「徹子の部屋」に出演することでも話題になっています。

そんな私生活が謎に包まれているさかなクンですが、

実は結婚していて子供がいるという噂も!

また、発達障害の「アスペルガー症候群」なのでは?と言われているようです。

そこで今回はさかなクンの本名や経歴など、さまざまな情報をご紹介します!

 

さかなクンのプロフィールと経歴

 

 

生年月日:1975年8月6日
出身地:東京都・神奈川県綾瀬市育ち
居住: 千葉県館山市
研究分野: 魚類学
研究機関: 東京海洋大学
出身校: 日本動物植物専門学院
所属事務所:アナン・インターナショナル

 

幼いころから海洋生物が大好きだったというさかなクン。

毎週のように水族館に通い、水槽の前で魚をじっと観察する日々を送っていたそうです。

中学3年生の時には学校で飼育していたカブトガニの人工ふ化に成功!

当時、新聞に取り上げられ話題になりました。

そして高校生3年生の時に人気バラエティ『TVチャンピオン』『全国魚通選手権』に出場!

そこで「天才高校生」と呼ばれ、見事準優勝を果たしています。

また、その後も行われた同選手権では、なんと5連覇という快挙を成し遂げています。

 

 

 

 

イラストレーターとしても活躍!

 

このような経歴から現在の芸名である『さかなクン』という名前で呼ばれるように!

そして動物関係の専門学校を卒業した後は水族館や、ペットショップなど、

魚に関係するさまざまなアルバイトを経験しているさかなクン。

そんな生活の中で、働いていた寿司店で魚のイラストを描く機会があり、

その絵を見た人から好評を得て、魚の絵のイラストレーターとしての活動も始めています。

その後、TV番組に再び出演し次第にタレントとしての活動の幅も広げています。

 

 

 

東京海洋大学客員准教授に就任!

 

2006年には東京海洋大学客員准教授に就任したさかなクン。

さらに2010年には、絶滅したはずのクニマスがまだ生存していることを発見し、

魚類学者でもある今上天皇から称賛のお言葉が贈られたこともありました。

そして2015年3月には東京海洋大学から名誉博士の称号を授与。

現在も魚類学者やタレントとして活躍しています。

 

 

 

さかなクンの気になる本名は?

 

「さかなクン」は芸名で活動していますが、本名については

「子どものファンの夢を壊さないため公表していない」と言っていました。

しかし、調べてみると彼の出版著書に本名が記載されていました!

そこから、さかなクンの本名は…

宮澤正之(みやざわ・まさゆき)さんだと判明しています。

 

 

 

さかなクンは結婚してるの?子供もいる?

 

そんなさかなクンに「結婚していて子供もいる」という噂があります!

しかし実際は結婚をしておらず、子供もいないといいます。

 

 

これはバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に出演した時に、

「ネットでは既婚者で子供もいると書いてありましたが本当ですか」との質問で明らかに。

「そうだといいんですけどね。ネットを信じちゃいけないギョーッ。

赤ちゃんもいなければ奥さんもいない、何にもいないんですよー。」

と自ら否定していました。

スポンサーリンク

 

さかなクンさんは発達障害?アスペルガーの疑いも

 

そんなさかなクンですが、実は発達障害に分類される、

「アスペルガー症候群」なのではないかと言われています。

その理由はこの病気の特徴である「一つの物事に固執し過ぎる」

という項目に彼が当てはまっているため!

最近話題の社会学者の古市憲寿さんも同じように疑われていましたね。

 

 

そしてさかなクンと言えば、幼少期から魚が大好きなことで知られていました。

 

 

また中学3年生の頃は学校で飼育していたカブトガニの

人工ふ化を成功させるほどの熱の入れようだったそうです。

しかも、高校3年生の時に『TVチャンピオン』の『全国魚通選手権』で5連覇!

この快挙を果たすほど、突出した能力を持っていますね。

これらはアスペルガー症候群の特徴である、

「一つの物事に固執し過ぎる」という症状にピッタリと当てはまります。

この障害は突出した才能を発揮する天才タイプが多いと言われているため、

まさにさかなクンはその最も代表的な症例患者と言って良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

前述の通り、魚が大好きだったさかなクンは、

幼い頃から毎週のようにお母さんと水族館へ行っていたそう。

お母さんは、そんな彼をとがめることも、急かすこともなく、

「気の済むまで眺めていなさい」と見守っていたといいます。

それに加え、「息子が興味を持っているものに興味を持つ」という姿勢を崩さなかったとか。

その結果、さかなクンは東京海洋大学客員准教授になり、

世界的な発見をいくつもするような立派な人物になったのです。

さかなクンがアスペルガー症候群であるとは断定できませんが、

もしそうだったとしてもこれはあくまでその人の個性のひとつ!

接し方や付き合い方で大きく良い方向へと変わっていくものです。

息子であるさかなクンの好奇心を押さえつけず、のびのびと育んでくれたお母さん。

これが今のさかなクンの活躍につながっていることがわかりますね。

老若男女問わず愛されている彼のさらなる活躍が楽しみです!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.