とりあえずニュースを確認してみる

【大空眞弓】は多重癌で現在は?長男の逮捕歴や元夫&経歴もまとめ

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

数々のドラマや映画で活躍してきた女優の大空眞弓さん。

実は過去に離婚歴があり、長男が逮捕されたことでも注目を集めていました。

そして2003年にはゲスト出演した番組で癌に罹患していることを公表。

そんな大空さんの現在の病状や元夫、そして息子さんについてまとめました。

 

大空眞弓のプロフィールと経歴

 

 

名前   大空眞弓
生年月日 1940年3月10日(77歳)
出身   東京都港区
所属   オフィスのいり

 

1歳半の時、父親が貿易会社に就職したため中国北京に一家で渡った大空さん。

終戦間際に帰国し、母親の出身地である広島県に移り住みます。

1945年に当時の広島県佐伯郡五日市町で原爆に遭遇。

爆心地から遠かったため、助かりますが姉は20代後半に白血病で亡くなっているそうです。

終戦後は、父親が大分県別府市で家具の製造会社を始めたため転居。

その後、父親が東京で貿易会社を興したため小学校2年の時、一家で東京に戻っています。

 

 

そして「東洋音楽短期大学声楽科」に進学した大空さんは在学中、

母親と共に歌舞伎を観に行った帰りに歌舞伎座の前でスカウトされました。

そして大学を中退して1958年に「新東宝」に入社し、映画『坊ちゃん社員』でデビュー。

その後「東京映画」に移籍し、喜劇『駅前シリーズ』などに出演しています。

 

出典:Lime7

 

1964年には出演作『愛と死をみつめて』が大ヒットを記録。

不治の病に冒される主人公・大島みち子役を演じ、お茶の間の人気を不動のものとしました。

そんな大空さんの初舞台は1962年の『黒蜥蜴』です。

そして1990年には『人生は、ガタコト列車に乗って…』に出演。

同作での演技が評価され、「第15回菊田一夫演劇賞」を受賞しています。

その後もテレビドラマや映画、舞台を中心にトップ女優として活躍しています。

 

出典:MOKOnote

 

 

大空眞弓の結婚相手は?現在は離婚!

 

大空さんは1968年に俳優の勝呂誉(すぐろ ほまれ)さんと結婚。

2人は1961年放送のテレビドラマ「青年の樹」で共演し、交際に発展しています。

 

 

その後大空さんは第一子長男を出産しますが1982年には離婚を発表。

ちなみにその後、勝呂さんは一般の女性の方と結婚されています。

そして大空さんは元旦那である勝呂さんの結婚式に出席し、

「過去の私と勝呂さんとの結婚は何かの間違いでした。

私のことなんか忘れてどうぞお幸せに。」

とスピーチし、その時の列席者を爆笑の渦に巻き込んだそう!

このエピソードから2人は円満離婚だったことがわかりますね。

 

大空眞弓の息子は逮捕されていた!

 

大空さんが1976年頃に産んだ息子さんの名前は中田元博さんといいます。

1993年には、テレビドラマ「ツインズ教師」に出演されるなど、俳優として活躍。

しかし、ほどなくして俳優業を辞め、その後はフリーター生活を送っていたそうです。

 

 

その後、「違法薬物」の所持で、3度も逮捕されていたとか!

最初の逮捕は、2002年で母親である大空さんが警察に通報しています。

実は以前から息子が覚醒剤を使用していたことを感づいていたという彼女。

「親として認めたくなかった」と言いながら警察に通報した理由について、

「自分が通報すれば自首扱いになって罪が軽くなると思った」と述べています。

 

 

そして息子さんは保釈中にも再び薬物に手を出してしまい、再び大空さんが通報。

当時、地方公演中だったため、警察に息子の保護をお願いし、

「母としての役目を果たせず、本人につらい思いをさせてしまった。」

と息子をかばう発言ばかりを繰り返していたと言います。

また執行猶予中の2003年、3度目の覚醒剤使用が発覚。

4年半にわたる治療後の2008年に、3度目の逮捕となったのでした。

スポンサーリンク

 

大空眞弓は多重がんだった?

 

そんな大空さんが55歳の時、人間ドックで乳房に腫瘍が見つかります。

当時は良性でしたが、2年半後に悪性に変わり、58歳で左乳房を全摘出。

この乳がんは切除以外の治療の選択肢もあったそうですが、

治療期間が短く、再発の可能性があることから摘出手術を選んだと言います。

また、仕事で多忙だったこともあり、確実に治せる方法を選んだようですね。

 

出典:NHK

 

その手術後も定期的にがん検診を受けていた大空さん。

すると61歳で胃がん、さらに63歳で食道がん多重癌を患っています。

そして食道がんに関しては3ヶ月で5回の切除手術をしたとか!

手術は全て内視鏡で行い、その日のうちに退院、翌日から仕事に復帰しています。

そんな大空さんは多重がんを経験したことについて、

「がんをことさら深刻に考えることはないと思います。

その都度、見つけたら対処していくだけ。

今の時代は、ほかの病気とさほど変わらないんじゃないでしょうか。

そうおおらかにとらえた方が心穏やかに過ごせると思いますよ。」

とインタビューで話しています。

 

大空眞弓の現在は?まとめ

 

大空眞弓さんは多重がんを患っていましたが現在も元気に仕事を続けています。

2017年にはNHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」に出演。

主演の波瑠さんの祖母役で出演し、素晴らしい演技でドラマを盛り上げていました。

そして今度のNHK『ごごナマ』に出演され、波乱万丈の人生について語るようです。

それでも以前に比べると、仕事はセーブしているという大空さん。

これからは自分の無理のないペースで、名女優として活躍し続けてほしいです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.