とりあえずニュースを確認してみる

【藤田ニコル】カリスマモデルの一員に!その愛される理由とは?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

23日、東京・豊洲PITにて雑誌「ViVi」主催ファッションイベント「ViVi Night in TOKYO 2018 HALLOWEEN PARTY」が開催された。

 

きらびやかな記念ショット

 

23日に東京・豊洲PITで開催された雑誌「ViVi」主催によるファッションイベントViVi Night in TOKYO 2018 HALLOWEEN PARTYに出演していた藤田さん。

同日に自身のインスタグラムを更新し、一枚のショットを公開しました。

そのきらびやかさにファンから反響の声が挙がっています。

 

このイベントに出演するにあたって、ピンク色がまぶしいドレスを着ていた藤田さん。

公開した画像の左端からのぞきこむようにカメラに収まっています。

その中に居並ぶモデルたちも豪華なメンツばかり!

一番後ろの中央には白の衣装を着たトリンドル玲奈さんが立ち、左横にemmaさん、右横には河北麻友子さんがポーズをキメています。

さらに、八木アリサさん玉城ティナさんらに加え、「ViVi」の創刊35周年を記念し、5年ぶりの開催となった専属モデルオーディションでグランプリを獲得した愛花さんが右手前に座っているという構図。

そのモデルたちの衣装はいずれもカラフルなものばかり。

派手でキュート、そしてエレガントな装いで、そのビジュアルは豪華の一言!

このショットにはファンから大きな反響が挙がり、藤田さんのインスタグラムの投稿欄には多くのコメントが書き込まれています。

その中には「美しすぎる」、「華やか!」、「すごい豪華!!にこるんのポニーテールかっこよくて好き」、「圧巻…」、「めっちゃカラフル」、「めちゃめちゃ映える!」、「こんな美人の集合目の前で見てみたい!」、「ハロウィンだね!」などと様々な声が寄せられ、押された「いいね!」ボタンが9万8千件を超える人気を博しています。

昨年秋に「ViVi」専属モデルになった藤田さん。

 

同年10月23日に開催された『ViVi Night in TOKYO 2017』でViViモデルとしてランウェイデビューを果たしました。

その際には「ファッションをたくさん発信できるモデルさんになれるよう頑張ります」との意気込みを語っていた彼女。

一年経ったなかで、ファンからは「もう立派なViViモデルだよおお」「viviのセンターになる日楽しみだよー」などの声も寄せられています。

「ViVi」にすっかり馴染んだ藤田さん。

立派なモデルさんとして活躍されています。

 

藤田ニコルさんのプロフィール

出典: Twitter

名前 藤田ニコル
生年月日 1998年2月20日
出身地 ニュージーランド
血液型 A
サイズ HT166・B78・W60・H84・S24.5
趣味 短距離走、バドミントン
特技 絵を描くこと
所属事務所 オスカープロモーション

「にこるん」の愛称で親しまれるハーフモデル藤田ニコルさんは、実はニュージーランド生まれ。

両親は藤田さんが物心つく前に離婚されています。

年に数回は父親と会っているそうですが、両親の離婚をきっかけに日本で生活するようになったので、その大半を日本で過ごしているそうです。

今現在は雑誌「Vivi」の専属モデルとして活動していますが、ティーンの神様として絶大な人気を誇っていた時代がありました。

 

ニコラでモデルデビュー

 

藤田ニコルさんは当時12歳、小学6年生のころに雑誌「ニコラ(nicola)」の専属モデル、通称「ニコモ」としてデビューを果たしています。

そもそもの応募のきっかけは、名前が似ているからと母親が買ってきた雑誌・ニコラを目にしたとき。

これは小学5年生のときの話で、以前からモデルに興味があった藤田さんはオーディションへ応募。

しかし書類審査の段階で不合格となってしまいます。

しかし、ここからが本領発揮!

ニコラのモデルになるために、ポージングや雑誌の内容などいろいろと研究に研究を重ね、翌年ようやくニコモとしてのデビューを果たします!

しかし、はじめは鳴かず飛ばず…。

モデルとして雑誌に掲載されるのは数カットだけ。

さらに成長過程で少し太ってしまったこともあり、さらに仕事は減っていったそうです。

今では考えられませんが、意外にも売れないモデル時代を経験してきた藤田さん。

そんな時、彼女に転機をもたらしたのがメイクでした。

つけまつげに、カラーコンタクト、そんなメイクアイテムが彼女にぴったりと合い、どちらかというと清純なイメージのニコラも藤田さんの撮影時はカラーコンタクトの着用と認めていたそうです。

出典:be amie

 

その後、Popteenへ

 

2009年10月号からニコモとして活動した藤田さん。

2014年5月号でニコラを卒業することに!

その後、電撃加入したのがティーン向けギャル雑誌「Popteen(ポップティーン)」でした。

ニコラで活躍していた時代から、異色のギャルモデルとして注目されてきた彼女。

ずっと憧れていた雑誌への専属モデル起用だったそうです。

Popteenに加入したことで、同年代のみちょぱ(池田美憂さん)など、たくさんのライバル仲間もでき、さらにモデルとしての成長を遂げていきます。

藤田さん自身、Popteenに加入したことによって、ファッションやメイクへの制限がなくなり、自分がやりたいことができるようになったと話していました。

そんな藤田さんの生き生きとした姿は多くのティーンの女子たちの目に触れることになり、2015年7月号では単独で表紙を飾っています。

あっという間にトップモデルへと成長し、ティーンのカリスマと呼ばれるように!

10代の女の子たちの憧れの存在として知名度を伸ばし始めます。

出典:LINE BLOG

 

テレビでも人気者に!

 

モデルとしてデビューした藤田さんですが、個性的で天然な愛されキャラでテレビにも進出。

主にバラエティー番組に出演し、あっという間にお茶の間の人気者になります。

特に、印象深いのが「踊る!さんま御殿」で天然キャラを生かしたトークを披露していた時。

当時、漢字が読めないことで困ったエピソードなどを明かし、スタジオを沸かせていました。

 

愛される理由とは?

 

天然キャラとしてテレビや雑誌などで活躍している藤田さん。

見た目のキュートさだけでなく、個性的な愛されキャラは男性からも女性からも人気が高いことでも有名です。

特に、女性芸能人は同性から嫉妬の目でみられたり、敵視されることもありがちですが、彼女はそんなケースがあまりない稀な存在です。

どうしてこんなにも愛されているのか?

検証してみました!

 

物怖じしないメンタル

 

天然キャラでテレビ出演し、盛り上げ役に徹する藤田さん。

明石家さんまさんなどの大御所などを前にしても、決して物怖じしないトーク力を発揮!

また、自虐ネタを連発するなど、独自のキャラクターが受け、多くの司会者やタレントにも好かれる存在になりました。

また、自分の立ち位置やキャラをよく理解していて、エンタメとして成り立つようにうまく立ち回ることのできるスタンスも好かれる要因となったようですね。

 

SNSが大人気!

 

藤田さんといえば、インスタグラムとTwitterのフォロワー数が多いことでも有名。

その人気の高さは、公式SNSのフォロワー数を見れば一目瞭然です。

インスタグラムのフォロワー数は2018年7月で210万人を突破し、国内芸能人ではトップ30に入るほどの人気ぶりです。

その投稿はモデルらしい雰囲気のある写真だけでなく、おちゃめだったり着飾りすぎていないショットばかり。

そのような素顔の一面が見られるところがその人気の秘密だそうです。

 

Twitterのフォロワー数に関しても、240万人を突破しそうな勢いとなっており、こちらも国内トップ50に入るほどの人気!

このことから幅広く多くの人に支持されていることがわかりますね。

 

ティーンの神から、トレンドの神様に!?

 

2017年8月号でPopteenを卒業した藤田さん。

現在は、雑誌・Viviの専属モデルとして活動しています。

Popteen時代とは違った、モード系など個性的で攻めたメイク姿も見せており、今後の飛躍が非常に楽しみな存在です。

デビューからティーンの神様として女の子たちの憧れの存在として活躍してきた藤田さんですが、今度はトレンドの神様にパワーアップするかもしれません!!

今度27日にNHKで放送される、「神々のスマホ・トレンドのカリスマ 藤田ニコルの秘密」(10月27日(土) 25時00分~25時30分)では、藤田さんのスマホが丸裸に!

 

この番組はSNSの世界で神とあがめられる人たちのスマホを徹底的にのぞき見するといった内容。

今回は若者のカリスマとして活躍する藤田さんに焦点が向けられました。

モデル、テレビタレント、ファッションブランド経営とマルチな活躍を続ける彼女のスマホを紐解くと、いったい何が現れたのか!?

美しいボディーを維持する秘訣や知られざる交流関係さらに初公開の子供時代の映像も発掘されます!

そして、さまざまなトレンドを生み出し続ける彼女の秘密が明らかになるという、藤田さんファン必見の内容です!

神々のスマホ「トレンドのカリスマ 藤田ニコルの秘密」は2018年10月27日(土) 25時00分~25時30分の放送です。

ぜひ、お見逃しなく!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.