とりあえずニュースを確認してみる

【夏川りみ】タトゥーの意味とは?結婚した旦那&子供についてもまとめ

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度のNHK「ごごナマ」に出演する歌手の夏川りみさん。

2001年にリリースした「涙そうそう」で大ヒットを飛ばし、一躍人気になりました。

そんな夏川さんがタトゥーを入れているという情報があります。

また、結婚された旦那さんやお子さんについても経歴とともにまとめています。

 

夏川りみのプロフィールと経歴

 

 

出生名: 兼久 りみ(かねく りみ)
本名: 玉木 りみ(たまき りみ)
別名: 星 美里
生誕: 1973年10月9日
出身地: 沖縄県石垣市
ジャンル: J-POP、フォークソング、民謡、演歌
活動期間: 1986年 –
レーベル: ポニーキャニオン(1989年 – 1992年)、ビクターエンタテインメント(1999年 – )

 

幼い頃から歌う事が大好きだったという夏川さん。

小学校2年生の頃から父親の指導で毎日2時間、歌の練習をしていたそうです。

そして9歳の時に石垣ケーブルテレビ主催の「第1回ちびっこのど自慢大会」で優勝。

これを皮切りに、全国各地の大会の賞を総なめにしました。

 

 

そして1986年、中学1年生の時に『第10回長崎歌謡祭』に出場。

このコンテストで見事、史上最年少でグランプリを獲得します。

そしてレコード会社からスカウトされ上京し、初めは演歌歌手としてデビュー。

しかし、なかなかヒット曲に恵まれず1996年に引退し、地元沖縄へ戻っています。

その後1998年に「琉球放送」のローカル番組に出演した夏川さん。

これがきっかけで、1999年に「夏川りみ」として再デビューを果たしました。

そして2001年に『涙そうそう』をリリースすると大ヒットを記録!

 

出典:KKBox

 

翌年の『第44回日本レコード大賞』では同曲が金賞を受賞し、一躍人気歌手になりました。

そして同年2002年には『第53回NHK紅白歌合戦』にも初出場。

2005年の『第56回NHK紅白歌合戦』まで4年連続で『涙そうそう』を披露しています。

 

 

夏川りみにはタトゥーがある?

 

夏川さんは「涙そうそう」でブレーク後にメディアによく出演するように。

そんな時、彼女の手首と足首に入れられたタトゥーがよく話題になっていました。

タトゥーを入れることは音楽ミュージシャンや芸術家に多いですが、

素朴なイメージの夏川さんが入れていたことに皆、意外性を感じていたようですね。

 

 

 

タトゥーに込められた意味とは?

 

そんな彼女が入れているタトゥーは石垣島に伝わる伝統、ミンサー柄とのこと。

この”ミンサー”とは400年前から続く伝統的な織物のことで、

「綿(ミン)で織られた幅の狭(サー)い帯」という沖縄の言葉から生まれたものです。

夏川さんは手首と足首にブレスレットのようなタトゥーを入れていますが、

これは石垣島に伝わる「ミンサー」の柄をそのまま入れたものだったようですね。

 

 

そしてこの柄には「いつの世も末永く変わらぬ愛」という意味があり、

幾重にも重ねて織ることから「愛を重ねる」という意味も込められているそうです。

夏川さんは地元の沖縄民の想いを背負って歌ってきた人気歌手。

上京しても故郷への愛を忘れないようにタトゥーを刻み込んだのかもしれません。

 

 

夏川りみの旦那は玉木正昭!馴れ初めは?

 

夏川さんは2009年元日にミュージシャンの玉木正昭さんと結婚しました。

玉木さんは現在までパーカッション奏者として活躍。

あの人気グループ「TUBE」のサポートメンバーも担当しています。

 

 

そして2人は2007年に開催されたツアーライブで意気投合。

それから約2年間の交際を経て、めでたく結婚しています。

 

 

スポンサーリンク

 

子供はいる?

 

結婚後、夏川さんは2010年に第一子となる男児を産んでいます。

当時は切迫流産の危険があったものの、無事元気な男の子を出産。

お子さんは「音来(にらい)」くんというとてもおしゃれな名前です。

ちなみにこの名前の由来は沖縄の言い伝えから来ているとか!

「遥か東の海にある豊穣や生命の源の異郷”ニライカナイ”」にちなんでつけられています。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は歌手の夏川りみさんについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

以前からタトゥーを入れていることが話題になっていた夏川さん。

しかし、それには深く素敵な意味が込められていたことがわかりました。

そして夏川さんは現在、全国区のテレビにこそ出演する機会は少ないですが、

各地でイベントやライブに出演するなど、変わらず歌手として精力的に活動しています。

また、仕事と育児を両立しながら家族と幸せに過ごしているようですよ。

そんな彼女にはこれからもその歌声で長く活躍し続けてほしいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.