とりあえずニュースを確認してみる

【内藤大助】にオネエ疑惑が浮上!?結婚馴れ初めに驚愕!子供はいる?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

元WBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助さん。

最近ではタレントとして、多くのバラエティ番組でも活躍していますね。

そんな内藤さんにオネエであるという疑惑が浮上しているようです。

また、結婚した奥さんとの衝撃馴れ初めやお子さんについてもまとめてみました!

 

内藤大助のプロフィールと経歴

 

 

本名: 内藤 大助(ないとう だいすけ)
通称: 北の剛拳、最短男、国民の期待、リアルはじめの一歩
階級: フライ級
身長: 163㎝
リーチ: 175㎝
国籍: 日本
誕生日: 1974年8月30日
出身地: 北海道虻田郡豊浦町
スタイル: 右変則ファイター

 

北海道虻田郡豊浦町の母子家庭で生まれ育った内藤大助さん。

家が経済的に裕福ではなかったため、中学時代に激しいイジメに遭っていたといいます。

当時は同級生から「ボンビー」と呼ばれ、時には激しい暴力も受けていたようです。

内藤さんはこのことを誰にも相談できず、ひたすら耐えるという生活を送っていたとか。

 

 

その後、高校に入り、イジメからは解放されるものの今度は就職に失敗。

そして、東京に上京し、そこで初めてボクシングと出会います。

するとメキメキと腕を上げ、1996年10月には1RKOでデビュー。

引き分けを挟み、その後は連戦連勝であっという間に日本フライ級王者にまで上り詰めます。

 

出典:ameblo.jp

 

2002年には、当時無類の強さを誇ったタイのポンサクレック・ウォンジョンカム選手に挑戦。

この試合に勝てば、WBC世界フライ級王者になれると意気込んだものの、見事にKOされています。

しかし2007年に、3度目の挑戦でようやくポンサクレック選手に勝利します。

この32歳10か月での世界チャンピオンは内藤さんの努力が実を結んだ瞬間でもありました。

 

 

その後も5度の防衛に成功し、長く世界王者に君臨していた内藤さん。

しかし、亀田三兄弟の長男でもある亀田興毅さんとの試合に敗れ、世界王者から陥落してしまいます。

その後、内藤さんは興毅さんとの再戦を望んでいましたが、結局2011年に選手引退を発表。

引退後は、スポーツ解説者やバラエティタレントとしてテレビで活躍しています。

 

 

 

内藤大助の結婚嫁は?ストーカーだった!?

 

そんな内藤大助さんは2000年に一般人女性の真弓さんと結婚しています。

 

 

馴れ初めについて調べてみると、内藤さんの一目惚れからスタートしたようですね。

当時、ジムでボクササイズをしていた奥さんを見つけた内藤さんは、

約1ヶ月ほど彼女をストーカーのようにつけ回し、猛アタックしていたそうです。

その間、告白はしていなかったものの、真弓さんからは3度もフラれていたといいます。

それでもめげずに彼女にアタックし続けた内藤さん。

その結果、真弓さんの気持ちを動かすことに成功し、交際関係に発展しています。

 

 

 

 

妻の支えで成功!

 

しかし、当時駆け出しのプロボクサーだった内藤さんには全くお金がなかったそう。

そのためアルバイトをしながらの生活でしたが、真弓さんは文句も言わず支えてくれたと言います。

その理由について真弓さんは「大さんを幸せにしたかったから」と語っており、

夫のボクシングへのひたむきな情熱や心の清らかさに惹かれていたと告白しています。

 

 

 

 

内藤大助の子供は?

 

内藤さん夫婦の間には2006年に長男の亮(りょう)くんが誕生。

そして2010年4月に次男の暉(てる)くんが生まれています。

そんな二人の息子に対して父親である内藤さんは、

「ボクシングは人の痛みが分かって優しくなれるから息子にもやらせたい」

と話していますが、やはり苦労するためかプロボクサーにはなってほしくないそう。

しかし、息子たちが「本気でやりたい」と言ったら、全力で応援するとも語っています。

 

 

そして今度の「ジョブチューン」に次男の暉くんと出演することが決定。

ここで内藤さんのプライベートな顔が明らかになりそうな予感がします。

 

 

 

内藤大助にオネエ疑惑!その真相は?

 

そんな内藤さんは高校時代から自身の中に女性的な部分を認めていたとか!

そのため、女装や化粧をして”オネエ”になりたい願望を抱えていたことを明かしています。

しかし、プロボクサーになったことでその願望は一時的に薄れていた模様。

ですが引退してバラエティ番組に出る内にオネエ願望は以前よりも強くなったようです。

その後も「女装がしたい」「ゲイバーで働きたい」などと発言し、話題に。

そしてしばしば男でいることに疲れたと語っており、「主婦になりたい」とも告白しています。

 

 

 

スポンサーリンク

迷走していただけ?

 

このようにオネエキャラを認めながらもいまだにその一線は超えていないとか。

そこからは先の展開が見られず、この疑惑はグレーのまま。

そのため一部ではタレントとして迷走し、無理やり作り上げたキャラなのでは?という声も!

もしかするとオネエ発言は新しいポジションを開拓している結果なのかもしれません。

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は元WBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助さんについてまとめてみました。

現在は2児のパパになり、親しみやすいキャラクターでタレントとして活躍しています。

一部ではオネエキャラで迷走しているとも言われていましたが、その活躍ぶりは健在。

これからも奥さんとお子さんたちを大切にし、マルチな活躍を見せ続けてほしいと思います。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.