とりあえずニュースを確認してみる

【長塚圭史】の経歴や父親は?妻【常盤貴子】との馴れ初め&子供情報も!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

11月5日(火)放送のNHK「ごごナマ」に出演される俳優の長塚圭史さん。

俳優以外にも脚本家や演出家としてマルチに活躍しています。

そんな長塚さんは女優の常盤貴子さんと結婚しており、馴れ初めなどが気になります。

また、これまでの経歴やプロフィール、ご家族についてもまとめてみました。

 

長塚圭史のプロフィールと経歴

 

 

名前:長塚圭史(ながつか・けいし)
生年月日:1975年5月9日
出身地:東京都
身長:181㎝
所属事務所:鈍牛倶楽部

 

長塚さんは「東京都立戸山高等学校」を経て、「早稲田大学第二文学部」に進学。

大学では演劇専修に在学し、劇団「笑うバラ」を結成しています。

そして劇団解散後は福田将就さんとのユニット「カーズ」を組み、

1996年に演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成。

ここでは長塚さんが主宰となり、ほぼ全ての作品の作・演出を手がけていました。

1998年3月に「早稲田大学第二文学部演劇専修」を卒業し学士文学の学位を習得。

その後、2004年には『はたらくおとこ』の作・演出、及び『ピローマン』で、

「第4回朝日舞台芸術賞」と「芸術選奨新人賞」をダブルで受賞しています。

 

 

また俳優としても活躍し、映画『tokyo.sora』では「高崎映画祭新人男優賞」を受賞。

そして2008年9月から1年間、文化庁・新進芸術家海外留学制度でイギリスに留学しています。

2011年1月にはプロジェクト「葛河思潮社」の第一回公演として『浮標』を上演。

連続ドラマでは『ヒトリシズカ』『99.9 -刑事専門弁護士- SEASONⅡ』に出演しています。

またNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』では坑夫・サトシ役にキャスティング。

ヒロイン・あさとの対立シーンが同作のターニングポイントとなりました。

また、アニメ『バケモノの子』では主人公の父親役で声優を務め、話題に。

現在もその多くの才能を発揮し、マルチに活躍しています。

 

 

 

長塚圭史が常盤貴子と結婚!馴れ初めは?

 

長塚圭史さんは2009年に女優の常盤貴子さんとの結婚を発表しています。

発表前から都内のレストランなどでデートを楽しむ姿が度々目撃されていた二人。

世間では二人の今後の行方に大きな注目が集まっていました。

 

出典:jisin.jp

 

 

常盤貴子のプロフィール

 

 

生年月日:1972年4月30日(46歳)
出身地:神奈川県
血液型:A型
身長:162cm
配偶者:長塚圭史(2009-)
所属事務所:スターダストプロモーション

 

 

馴れ初めは?

 

2人は2003年公開の映画『ゲロッパ』での共演をきっかけに出会いました。

そこから意気投合し、すぐに交際がスタートしたと言われています。

その後、2008年9月から一年間、長塚さんはイギリスへ留学。

その間、遠距離恋愛となった二人はお互いの存在の大きさに気づいたのだといいます。

そして長塚さんが帰国してすぐの2009年10月20日にめでたく入籍しています。

結婚当初は一緒に焼肉屋に出かけたりと、仲の良い夫婦の姿を目撃されています。

その後2人は映画『花筐/HANAGATAMI』でも共演し、互いに見事な演技を披露しています。

ちなみに二人の間には現在までお子さんは生まれていません

 

 

スポンサーリンク

長塚圭史の家族は?父親は長塚京三

 

長塚さんのご両親は1982年に離婚されており、父親と二人暮らしだったようです。

そんな長塚さんの父親はドラマや映画で活躍している俳優の長塚京三さんです。

JR東日本のCMで、「そうだ、京都行こう」というナレーションで有名ですよね。

 

 

また大ヒットドラマ「ナースのお仕事」や大河ドラマ「篤姫」でも注目されていました。

また圭史さんは「早稲田大学第二文学部演劇専修科」を卒業していますが、

父親の長塚京三さんも同様に早稲田大学の「第一文学部演劇科」に通っていたそうです。

そして圭史さんの母親と離婚以来、ずっと独身を貫いていた京三さんですが、

息子が結婚した数日後に、マネージャーの女性と再婚したことでも話題となりました。

 

 

 

まとめ

 

今回は俳優の長塚圭史さんについてまとめてみました。

女優の常盤貴子さんとの結婚は世間から大きな注目を集めていましたね。

また、お子さんはいませんが、今は夫婦二人で幸せに暮らしているようです。

そんな長塚さんには今後も俳優や脚本家などマルチに活躍し続けてほしいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.