とりあえずニュースを確認してみる

最年少ソムリエ【森之翼】の経歴まとめ!通っている大学&家族構成は?

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

 

最年少の9歳の時に野菜ソムリエの資格に合格し、話題になった森之翼さん。

現在は大学生になり、多くのメディアで野菜の魅力を伝えています。

そんな森之さんが野菜ソムリエを目指したきっかけとは?

今回は森之さんの幼少期のエピソードや経歴、学歴を含め、紹介していきます。

 

森之翼のプロフィールと経歴

 

 

誕生日:2000年6月

出身:名古屋市

所属事務所:森之翼事務局

 

森之さんは2000年6月に名古屋市で生まれ、現在大学生です。

2010年2月に「CBCふるさと市民エコジャーナリスト」でグランプリを受賞。

2010年4月には史上最年少の9歳で野菜ソムリエを取得しています。

ちなみにこの時の結果は500点満点中468点の高得点で1発合格。

難関と言われる野菜ソムリエプロたちに劣ることなく14歳で1発合格しました。

2019年4月には「発酵ライフアドバイザー」の資格を取得。

それ以降はNHK「あさイチ」やTBS「はなまるマーケット」、「ゴゴスマ」、

東海テレビ「スタイルプラス」、メ~テレ「ドデスカ!」などの情報番組に出演。

また2017年からはテレビ朝日系列「ハナタカ!優越館」に現在まで出演しています。

 

野菜ソムリエとは?

 

森之さんが最年少で合格した「野菜ソムリエ」とは一体どんな資格なのでしょうか?

調べてみたところ、まずは野菜や果物の知識を身につけることが必須条件とのこと。

そしてその魅力や価値を社会に広めることができるスペシャリストのことを指します。

資格取得には養成講座を受講し、その後、初級・中級・上級の試験を受験。

ちなみに今現在の合格率は85%程度となっています。

 

 

 

森之翼が野菜ソムリエになったきっかけは?

 

実は森之さんの父親は「グルメプロデューサー」で野菜ソムリエとしても活躍。

そんな父に連れられて、幼少より国内外の美食めぐりをしていたと言います。

そして2歳で、「燕の巣」「熊の手」「ラクダのコブ」などを堪能。

本場北京の食材を手づかみでかぶりつき、美味しいと平らげてしまったそうです。

 

 

また3歳の時には苦手だったというキュウリを自ら畑で育て、丸かじりで克服。

その時の「新鮮な野菜のおいしさが今でも忘れられない」と話しています。

またザリガニを釣って茹でたり、野草を取って調理したりと自然が大好きな少年に。

さらにゴボウ掘りに夢中になって土を深さ1.5mまで黙々と掘り続け、

1時間半かけて、長さ1mのゴボウを掘り出したというエピソードもあります。

 

 

そんな幼少期の体験や親の影響から自身も「野菜ソムリエ」になりたいと思うように。

そこから、資格を取るための勉強を始め、史上最年少で合格しています。

 

森之翼の通っている大学は?

 

現在、現役大学生の森之さんですが、どこの学校に通っているのでしょうか。

調べてみると公式ページには「食専門の大学に通っている」とかかれてあります。

そこでは「野菜」と「発酵」という視点で、食の豊かさと新しい可能性を模索中とのこと。

大学名は明かされていませんが、かなり難易度の高い研究をしていることが伺えます。

 

 

また、出身中学や高校についても残念ながら公表されていませんでした。

ですが過去に岐阜県の農業小学校に5年間通い、野菜作りを学んでいたとか。

普通の子どもではできないような体験をたくさんされてきたようですね。

 

森之翼の現在は?

 

現役大学生として多忙の中、オリジナルの野菜レシピを世に発信している森之さん。

また、コミック「美味しんぼ」全109巻、「クッキングパパ」全121巻を読破するなど

料理漫画を愛読しており、レシピの大胆な発想は漫画から得ているのかもしれません。

 

出典:ameblo.jp

 

そしてこれまでにはなんと、1300以上の野菜レシピのアイデアを考案。

既成概念にとらわれない大胆な発想は、大人もびっくりの美味しいものばかりです。

そして12/13 (金)に放送予定のNHK「ごごナマ」に出演することが決定。

この日は、寒い冬にぴったりな「あったか蕪レシピ」を紹介してくれるようですよ。

そんな森之さんには野菜のスペシャリストとして今後も活躍し続けてほしいですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.