とりあえずニュースを確認してみる

死が見える【神木隆之介】生存率1%の難病を発症!?病名は?学歴も

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

俳優の神木隆之介さんが主演を務める初の本格ラブストーリー、

映画「フォルトゥナの瞳」が今度公開します。

「死」を目前にした人間が透けて見える能力を持っている設定の役を演じる神木さん。

そんな彼も実は生まれてすぐに生存率1%の病気にかかっていたそう!

その気になる難病の病名とは?

そんな神木さんの経歴とともに情報を調べてみました!

 

神木隆之介のプロフィールと経歴

 

 

名前:神木隆之介(かみきりゅうのすけ)
生年月日:1993年5月19日
出生地:埼玉県
身長:167cm
血液型:B型
事務所:アミューズ

1999年に、ドラマ『グッドニュース』(TBS系)で俳優としてデビューした神木さん。

2001年には、スタジオジブリの映画『千と千尋の神隠し』で声優デビューし、活躍の幅を広げます。

 

 

そして2005年に出演した映画『妖怪大戦争』では、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しました。

それからはドラマ『探偵学園Q』(日テレ系)でドラマ初主演。

その後もドラマ『風のガーデン』(フジテレビ系)、『11人もいる』(テレ朝系)に出演し、

声優としてはアニメーション映画『サマーウォーズ』の主人公・小磯健二を演じました。

 

 

その後も活躍はとどまるところを知らず、映画『桐島、部活やめるってよ』

大河ドラマ『平清盛』(NHK)、ドラマ『家族ゲーム』(フジテレビ系)と立て続けに出演。

さらに大きく注目を浴びたのは、2016年に公開された映画『君の名は。』でした。

この作品で主人公・立花瀧役で主演し、 声優アワード・主演男優賞を受賞。

最近では「神木が出演する作品は絶対ヒットする」とも言われているのだとか!

そんな彼が今度の「鶴瓶の家族に乾杯」に出演します。

 

 

今回は愛媛県内子町をぶっつけ本番旅!

神木さんのコミュ力の高さが見られる予感です…。

 

神木隆之介の学歴は?

 

神木さんは高校生時代、東京にある「堀越高等学校」のトレイトコースに通っていたようです。

 

 

トレイトコースは、歌手や役者、スポーツ選手などの様々な分野で

活躍している人のためのコースで、多くの芸能人が卒業していることでも有名です。

神木さんは2歳から芸能活動をしていたこともあり、このコースを選んだのでしょうね。

ちなみに神木さんが卒業した2012年のクラスメイトは特に豪華!

Hay!Say!JUMPの山田涼介さんや知念侑李さん、中島裕翔さんに加え、

女優の志田未来さんや、俳優の野村周平さんなどがいたそうですよ。

 

 

 

こんな夢のようなクラスに入ってみたい!

 

その後は大学進学などはせず、芸能活動に専念することにしたようです。

 

「死」が見える!?映画「フォルトゥナの瞳」が公開!

 

作家・百田尚樹氏による小説「フォルトゥナの瞳」が、実写映画化します。

この作品で主演を務めるのは神木隆之介さん!

今回が初の本格ラブストーリーでその相手役を有村架純さんとのことで話題を集めています。

 

 

映画は幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎が主人公。

友人も恋人もなくただ仕事のみに生きてきた彼はある日、生活が一変!

「死」を目前にした人間が透けて見える能力“フォルトゥナの瞳”

を持っていることに気づいたのです!

「自分はなぜこんな力を持ってしまったのか…?」

苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで有村さん演じる桐生葵と出会います。

明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていった慎一郎。

互いに惹かれ合い幸せな日々を過ごす2人でしたが突然葵の身体が透け始めたのです…。

終盤、最愛の人の身体が透け始めたのを見てしまった慎一郎。

愛か死か、目の前に迫る運命にどんな決断を下すことになるのか!?

逃れられないはずの“死の運命”に必死に立ち向かおうとする主人公、神木さんの姿に注目ですね!

 

 

そんな彼も実際に生まれてすぐの頃、生死の境をさまよったとか…。

 

神木隆之介が生存率1%を経験!その難病とは?

 

映画の内容にちなんで「奇跡を信じますか?」と質問をされた神木さん。

「信じます。

僕は赤ちゃんのころにすごく重い病気にかかって重体になったけど、

奇跡的に助かった思い出に、お母さんが事務所に応募したんです。

それがきっかけで、今こうしてここに立てていると思うと、奇跡だなぁと思うので」

と自身が生死の境をさまよっていたことがあると明かしていました。

これは新生児のころの母乳を受け付けない病気ということで、

本人には記憶がなかったと思われますが、命について考える機会が多かったという神木さん。

現在では、存在自体が奇跡ですね!

 

 

スポンサーリンク

 

神木隆之介が患った病名は?

 

神木さんが侵されていた病気について、

はっきりとした病名は明かされていないようです。

しかし母乳を受け付けない大病であるということと、

生後間もなくかかると言われている「消化管の重度感染症」という情報がありました。

そこでその線で病名を探ってみると…。

この中で先天的な原因が大きいのは「消化管穿孔」が怪しいのではないでしょうか?

この「消化管穿孔」は生後1ヶ月以内の赤ちゃん(新生児)によく発生します。

症状はまず新生児の体力がなくなり、

母乳やミルクを飲めなくなったり吐くようになるそう。

そして徐々に腹部部分が膨れていき,硬くなるそうです。

ちなみにこの「消化管穿孔」と診断が下されると、なんらかの手術が必要になるほどの大病!

最近では低出生体重児の増加が原因で,死亡率が増加している疾患として有名です。

またネットでは神木さんの病気は生存率1%だったという情報を多く見かけましたが、

「消化管穿孔」の場合、現在の死亡率が30〜40%ということです。

おそらく彼の場合、この病気が進行しかなり悪い状態になっていたため、

お医者さんも助かるかどうかわからないという診断をしたのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

出生当初は、母乳を受け付けない大病を患っており、

生存率はたったの1%だったという神木さん。

そんな状況を奇跡的に乗り越え、現在は俳優として立派に活躍されています!

ちなみに神木さんのデビューのきっかけは彼の母親だったとか。

「生死を彷徨った息子の生きた証を残したい」と考え、

彼が2歳の時に芸能事務所のオーディションに応募し、見事に合格したんだそうです。

今では女性はもちろん、男性からも支持を集める俳優の1人。

公私ともに、これからの活躍に注目ですね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.