とりあえずニュースを確認してみる

【IKKO】本名は?パニック障害だった?アイドルに激怒で土下座強要!?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

美容家を本業としながらタレントでも活躍しているIKKOさん。

「どんだけ~」というフレーズでブレイクしました。

今度「有吉ジャポン」に初登場し、禁断の赤裸々質問に答えるそう!

そんなIKKOさんはパニック障害だったことがあるそうです。

また、アイドルにブチ切れ、土下座を強要したという出来事も…。

今回は、IKKOさんの気になる本名や経歴などとともに紹介します!

 

IKKO(イッコウ)のプロフィールと経歴

 

 

名前:IKKO
生年月日: 1962年1月20日
出生地: 福岡県田川郡福智町
身長: 171cm
血液型: A型
活動内容: メイクアップアーティスト

 

「北九州美容専門学院」を卒業したIKKOさん。

高級美容室「髪結処サワイイ」で美容師として8年間の修行を経て、

ヘアメイクアップアーティストを目指し独立しています。

1992年には30代で「アトリエIKKO」を設立・主宰し、

雑誌の表紙やCM、舞台などでヘアメイクとして活躍の幅を広げました。

特に和装メイクで多くの女優の支持を受け、IKKO流「女優メイク」を確立しています。

現在は本業の美容家として多くの女性誌での連載をはじめ、

トークショーやメイクショーなどの活動やタレントとして活躍しています。

 

 

 

IKKOの本名は?

 

そんなIKKOさんの本名は、「豊田一幸(とよだ・かずゆき)」さんと言います。

ちなみにIKKOという芸名は、本名の「一幸」を音読みしたものとなっているとか。

また50歳からは書家の金敷駸房氏に師事し、数々の書道展で受賞しているIKKOさん。

書家の時は「雅冬炎(みやび とうえん)」の名前で活動しているそうです。

 

 

 

 

IKKO「体が震える」パニック障害を告白!

 

IKKOさんが、情報番組『ビビット』に出演。

自らが経験したパニック障害について語ったことがありました。

パニック障害といえば、ジャニーズグループの「King&Prince」メンバー、

岩橋玄樹さんもこの病気を告白し、現在休養していますよね。

 

 

この時映像で出演したIKKOさんは、

「症状が出たのは39歳の冬。

外で電話していたら急に首元が張るような感じがした。

どんどん発作のようになって即入院」

と説明しています。

 

 

そして「入院が終わったあとからがすごく大変だった」というIKKOさん。

当時はヘアメイクとして、多くのスタッフを抱えながら仕事に奔走し多忙を極めていたそうです。

このような仕事のプレッシャーから、

「自分自身の許容範囲を超えてしまったような気がする」

と振り返ったIKKOさん。

具体的には、顔面まひや、めまいが現れ、

さらには「電話が鳴ると体が震える」といった症状に苦しんだそうです。

また飛行機や新幹線などにも乗れなくなり

「閉鎖された中にいると、苦しくなったときに『ここから出られるのかな?』」

と不安になって、ホテルの最上階や地下などにも近づけなかったといいます。

 

友人のおかげで克服

 

しかし、41歳のテレビ出演をきっかけに、周囲の人間の優しさに触れたIKKOさん。

この時から症状が徐々に改善していったそうです。

そして2014年11月の「Sankei Biz」のインタビューでも、

友人の一言が自分を救ってくれたことを明かしています。

「パニック障害から私を救ってくれたのは、知人のある一言でした。

『リラックスして体の力を抜くことが必要だ』

それから、だいぶ気持ちにもゆとりを持つことができるようになりました。」

今は肩こりなど体の疲れに配慮し、睡眠にも気をつけるようになったIKKOさん。

調子が悪い場合は無理せず、薬を1日に1錠服用し、お守りとして常に携帯しているそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

IKKOがアイドルにブチ切れ!?その理由は?

 

過去放送されたバラエティ「好きか嫌いか言う時間」に出演したIKKOさん。

この番組で自称ホームレスアイドルのiwamiさんブチ切れし、

スタジオ内が騒然となったという出来事がありました。

 

 

この日のテーマは、ニート&フリーターと、企業の社長たちが意見を交わすというもの。

iwamiさんは「自分は路上に立ち、応援してくれている人の募金でお金を稼いでいる」と発言すると、

そのほかの出演者から「物乞いや野宿は犯罪」だと指摘されていました。

これにiwamiさんは激しく反論!

そんな彼女にIKKOさんは「いつもにこやかにしとくっていうのがアイドル」と諭す場面も。

するとiwamiさんは突然、

「私、知ってますよ。IKKOさん、『どんだけ~』パクったの

と発言。これに対しIKKOさんは

「(新宿二丁目には)昔からあったんですよ、『どんだけ~』っていうのは」

と、Iパクッていないことを猛反論すると、iwamiさんは、

「IKKOさんってキレるんですね」と挑発するような苦笑いをしたのでした。

 

 

するとIKKOさんはこれにカチンときたのか、

「当り前じゃない! 仕事の名誉はあんただって守るでしょ!?」と激高。

さらに土下座して謝罪しろとまくし立て、「裁判持ち込むわよ!」とまで言い放ったのです!

この発言にはスタジオと視聴者はドン引き…。

 

 

iwamiさんに対し、「人の話を聞け」「態度が失礼」などの批判が殺到していましたが、

この時のIKKOさんの怒りは尋常ではないと心配する人もいたようです。

芸能関係者もどうしてあんなに怒ったのかわからないそう!

「もともと『どんだけ~』なんて、

数十年も前から新宿二丁目で交わされていました。

芸でも何でもないし、パクったというレベルのものでもない。

しかも自称アイドル相手に『私は5時間で2億稼ぐ』とまで言うなんて、

ちょっと大人げないなとは思いましたね」

と話していました。

 

まとめ

 

美容家の名の通り、美容に関して並々ならぬ情熱を捧げているIKKOさん。

ここまで上り詰めるまでの過去の苦労は半端ないものだったと思います。

そのためアイドルからの挑発的な発言に激怒してしまったのでしょう。

タレントとして出演のする際にはいじられることも多いですが、

その裏ではプロ意識が高くストイックなIKKOさん。

今後も健康に気をつけて頑張っていってほしいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.