とりあえずニュースを確認してみる

【星野源】アルバムがCDショップ大賞!くも膜下出血から生還&後遺症は?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ミュージシャンそして俳優として活躍中の星野源さん。

今年、彼の最新アルバム『POP VIRUS』がCDショップ大賞を受賞しました。

そんな星野さんは過去に「くも膜下出血」を患っており、

当時の過酷な闘病生活について語っています。いました。

そして最近の体調や、後遺症はないのかについてまとめてみました。

 

星野源のプロフィールと経歴

 

 

名前:星野源
出身地:埼玉県蕨市
生年月日:1981年1月28日
身長:168cm
デビュー:2000年
出身高校:自由の森学園高等学校
最終学歴:自由の森学園高等学校卒業
所属事務所:大人計画(俳優業)アミューズ(音楽業)

 

星野さんは2000年に高校出身の同級生とバンド「SAKEROCK」を結成。

その後シンガーソングライターとしてデビューを果たしました。

 

出典:MEETIA

 

そして2003年に舞台「ニンゲン御破算」に出演し、事務所「大人計画」に所属します。

またエッセイストやコラムニストとしての顔も持ち、「TVブロス」などで連載も担当。

 

 

そして2013年公開映画「箱入り息子の恋」「地獄でなぜ悪い」での演技が認められ、

「第5回TAMA映画賞」「第37回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞しています。

 

そして2015年には自身がリーダーを務めていたバンド「SAKEROCK」が解散。

解散翌年には、ラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」が放送開始されました。

 

出典:J-Wave

 

 

 

星野源『POP VIRUS』がCDショップ大賞受賞

 

星野源さんが2018年12月19日にリリースしたニューアルバム『POP VIRUS』が、

先日開催された「第11回CDショップ大賞2019」の大賞を受賞したことが発表されました。

今回の受賞は、前作『YELLOW DANCER』で第8回(2017年)の受賞に続いて2度目となり、

CDショップ大賞史上初となる複数回数の大賞受賞者となっています。

 

 

 

CDショップ大賞って?

 

「CDショップ大賞」とは、全国のCDショップ店員の投票のみで選出される賞で、

CDショップの現場からもっと音楽を盛り上げていくために2008年に設立された賞です。

「行かなきゃ 会えない 音がある。」をスローガンに、メジャー、インディーズを問わず、

過去1年間に発売された作品を対象とし、その素晴らしさを伝えていくことを目標としているそうです。

 

出典:LOHACO

 

 

星野源スペシャル放送決定!

 

今回、大賞を受賞した星野さんは、

「全国のCDショップの店員さんが選んでくれたこの賞は特別で、

現場の実感がこもっている感じがして、それがすごく嬉しい」

とビデオでコメントしています。

 

 

そして今度、NHKで『星野源スペシャル ~POP VIRUS ライブ&インタビュー~』が放送!

彼の大ヒット曲「恋」からアルバム表題曲「Pop Virus」まで…

星野さんの音楽制作の軌跡を辿りつつ、その魅力をたっぷりと伝える45分です。

ファン必見のこの放送、見逃せませんね!

 

 

星野源が「くも膜下出血」発症!活動休止の過去とは

 

2012年12月22日に「くも膜下出血」で倒れた星野さん。

その日は朝から後頭部の痛みを感じつつも、

薬などで痛みをごまかし楽曲のレコーディングに臨んでいたそうです。

しかし、曲の完成直後に猛烈な痛みに襲われた彼は、そのまま救急搬送。

病院に到着するや否や、緊急手術を受ける事態となってしまいました。

 

出典:熱愛

 

その当時について星野さんは、

「スタッフ皆で拍手をしていると、急に目の前がぐにゃっと曲がった。

するとバットで頭を殴られたような痛みとともに、立っていられなくなった。」

というかなり危険な状態だったと明かしています。

 

 

仕事復帰も「くも膜下出血」が再発!

 

その後、退院から2か月後の2013年2月28日に仕事復帰をした星野さん。

同年6月頃の定期検査で医師から「くも膜下出血」の再発を告げられ、絶望したと言います。

ショックのあまり言葉を失いその場にうずくまってしまった彼。

再発後の手術は大変難しく、医師探しにも難航したそうですが、

最終的には笑福亭鶴瓶さんの紹介で名医と出会い手術は成功したそうです。

 

 

 

過酷な闘病生活

 

現在は元気に仕事をしている星野さんですが、当時は大変重篤な状態だったそうです。

医師によると前兆症状などの発見が遅れていたことから、

後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低かったとのこと。

そして本人も術後の体調についてかなりしんどかったそうで…。

手術は無事終了したものの、その後激痛でまともに眠れない日々が続いていたと話しています。

 

出典:熱愛

 

そうなると、体だけではなく、精神もかなり弱っていた星野さん。

「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい。

早く死んでしまいたい。こんな拷問のような痛みはもうたくさんだ」

と、自殺を考えるほど過酷な日々を送っていたそうです。

スポンサーリンク

 

 

現在は?後遺症はある?

 

今や、俳優に歌手にと大いそがしの星野源さん。

今のところは体調不良もなく、元気に活躍されているようです。

 

 

また担当医が心配していた後遺症も出ておらず、ファンは一安心…。

しかし、「くも膜下出血」は発症から大体1年くらいで30~60%、

10年以内にはなんと80%は再発すると言われている恐ろしい病気なんだとか!

今はあちらこちらに引っ張りだこでなかなか休むことはできないかもしれませんが、

少しでもおかしいと思ったら早めに休養をとってほしいですね。

今後も健康に活躍してくれることを願っています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.