とりあえずニュースを確認してみる

【後藤真希】アイドルからママへ!モー娘時代は尖っていた!?

 
  2018/10/26
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

元「モーニング娘。」の後藤真希さん(33)が23日、自身のインスタグラムを更新。今月26日放送の日本テレビ系「アナザースカイ」に親子で出演することを明かした。

 

愛娘を連れて10年ぶりのLA旅!

 

26日放送の「アナザースカイ」のゲストは元モーニング娘。の後藤真希さんです。

 

今回は愛娘を連れて10年ぶりのロサンゼルスを親子で2人旅!

LAで仲良く2人でお買い物のはずが…娘さんはママをガン無視!?

そして人生初の観覧車にまさかの大号泣!?

後藤さんの知られざるママの顔を次々と垣間見られる内容となっています。

さらに10年前にロサンゼルスを訪れた理由が明らかに!

それは芸能界引退を考えていたからだそうで…。

アイドルとして一生を風靡した彼女に一体何があったのか!?

トップアイドルとしての苦悩、家族の幸せ、そしてこれから自分についてなど…赤裸々にその人生を語っています。

 

インスタグラムでPR

 

全編に渡ってアメリカでロケが行われた今回のアナザースカイ。

後藤さんは自身のインスタグラムで「LAに行かせていただきました」と報告しています。

そして、「とても思いのあるロケになりました。たくさんの方にみていただけると嬉しいです」とPR。

また、今回のロケには2015年に誕生した後藤さんの長女も同行しており、これが初のテレビデビューになるそうです。

親子で海沿いを歩く後ろ姿の写真が掲載された後藤さんのインスタグラム。

そこには「娘も一緒に登場します。初めましてのお顔出しなのでドキドキしてますが…」と期待と不安が入り交じる母親としての心境が綴られていました。

出典:ameblo.jp

 

アイドル時代は尖っていた!?

 

現在では優しいママの顔で子育てに大忙しの後藤さん。

かつては時代の一斉を風靡した「モーニング娘。」のエース的存在として大活躍していました。

トップアイドルとして君臨していた彼女。

しかし、グループ間に仲は常にバチバチだったようで、熾烈なトップ争いが繰り広げられていたそうです…。

 

今思うと怖い自分

 

元モーニング娘。の後藤真希さん。

今月7日に都内にて、初の語り下ろしッセイ『今の私は』の刊行記念イベントを開催しました。

本書は、13歳でモー娘。に加入、卒業、結婚、そして出産・・・今だからこそ語れる、その時代時代での「真実」を後藤さん自らが語り下ろした一冊。

写真もたっぷり掲載されており、彼女が愛してやまないという「The 地元」江戸川区で撮り下ろした写真も多数掲載されています。

イベント前の記者会見に登場した後藤さんはモー娘。時代のエピソードを披露。

新メンバーとして加入した当時を振り返り、「見た目がちょっとおかしかった。今思うと怖いですよね」と懐かしそうに語っていました。

その当時、後藤さんがモー娘。加入した直後のシングル『LOVEマシーン』でグループが大ブレイク。

出典:music.jp

そのことについては、

「ブレイクしたという感覚もなければ、オリコン1位というのも嬉しいものなのかどうかわからなかった。当時は徒競走で1位になったほうが嬉しかったです」と振り返っています。

また当時メンバーとバチバチ”する関係だったのではという質問には、

「シングル曲で歌うパートが多いときなどは多少の圧はあったと思いますよ。たとえば『I WISH』という曲で、私と加護(亜依)ちゃんに歌うパートがたくさんあると、『うまく歌わなきゃ』『(音程を)外したら裕ちゃん(中澤裕子)に怒られる』と思っていました」と、グループ間でプレッシャーを感じていたと明かしています。

また、このときのモーニング娘。のプロデューサーを務めていたつんく♂さんは「誰がセンター」で「誰のどの歌声を使う」など一切口外しなかったそう。

なので歌のパート割りやポジションは、楽曲が完成したときとCDジャケット撮影の時に初めてメンバーに発表されていたそうです。

そのため、 レコーディングやダンスレッスンの際のメンバー内の雰囲気はバチバチ。

誰がメインで歌うのか、そしてセンターに立つのは誰か!?

グループ間にはいつも緊張が流れていたといいます。

 

あのメンバーと不仲だった!?

 

当時モー娘。のエースとして活躍していた後藤さんですが、グループ内で人気を二分していた先輩の安倍なつみさんとの関係性が悪かったとの噂が!

出典:NONMEDIA

 

そのことについてある番組で言及していました。

安倍さんは1997年のグループ発足時の初期メンバーとしてモーニング娘。の一員となります。

不動のセンターとして君臨するも、2年後の99年、後藤さんの加入で状況は一変。

後藤さんがセンターとしてグループを引っ張っていく流れになってしまいます。

この2人の間に“ただならぬ火花”が飛び交っていたことはファンの中でも話題に。

その当時、モーニング娘。の振り付けを担当していた講師も相当手を焼いていたそうです。

「モー娘。誕生10年記念隊っていうユニットでツアーを回った時、後藤と安倍の2人のナンバーがあったが、2人がまったく息も合わずおたがいの目さえ見れていなかった。2人を別々に呼び出して、仲直りさせた。あの時が一番大変だった」との証言が。

その時のことを振り返った後藤さんも「私もあの時は一番苦しかったかもしれない」と話していました。

同ツアーは当初、安倍さんと後藤さん、新垣理沙さん、久住小春さん、飯田圭織さんの5名で回る予定でしたが、急きょ後藤さんが体調不良で不参加となってしまいます。

そのため残りの4人は後藤さん1人欠いた別のバージョンのダンスフォーメーションを稽古し直すことに。

後藤さんは何とかツアー最終日に復活して帯同したものの、他の4人はまたしても5人でのフォーメーションを覚え直すこととなり、センターを務める回数の多かった安倍さんへの負担が急増してしまいます。

安倍さんはしまいに机を叩きながら楽屋から去ることもあったそう!

しかし後藤さんにとっては“なぜ安倍さんが怒っているのかわからなかった”といいます。

 

現在は…?

 

そんな大先輩との関係も、みんな結婚したり、子どもが生まれたり、新たな場所で活躍し始めたりとしたことで、仲良くなったそう。

後藤さんは、「すっごい丸くなったんです。本当にびっくりするくらい!今じゃ尖っていた頃なんて思い出せないくらい、子どもの話などをしています」と笑顔で語っていました。

女の子だけのアイドルグループ。

しかも思春期真っ只中の集団で“確執”が生まれないほうがおかしいですよね。

その当時はビジュアルも性格も尖っていたと話す後藤さん。

今の優しいママの顔からは想像できません!

今度放送される「アナザースカイ 元モー娘。後藤真希が子供を連れてLA旅。可愛い娘を独占公開!」10/26 (金) 23:50 ~ 0:20 の放送!

モー娘。ファンはもちろん、当時ファンだったあなたも必見!

知られざるアイドルの舞台裏が明らかになるかもしれませんよ。

 

出典:barks.jp

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.