とりあえずニュースを確認してみる

【乃木坂46齋藤飛鳥】映画で白目!見所&あらすじは?紅白の意気込みも!

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

 

来年公開の映画「映像研には手を出すな!」のスチール写真が初披露され、

乃木坂46のメンバー齋藤飛鳥さんが白目で卒倒するシーンが話題になっています。

また2019年の終わりを飾るNHK紅白歌合戦にも出場、取材で意気込みを語っています。

そんな齋藤飛鳥さんの経歴や映画の見どころなどをまとめてみました!

 

齋藤飛鳥のプロフィールと経歴

 

 

愛称 あしゅ あしゅりん 飛鳥さん
生年月日 1998年8月10日
現年齢 21歳
出身地 東京都
血液型 O型
瞳の色 黒色
身長 / 体重 158 cm / ― kg
靴のサイズ 23cm
デビュー 2011年
ジャンル ファッション モデル
他の活動 アイドル、歌手、女優
事務所 乃木坂46合同会社

 

1998年8月10日に東京で日本人の父とミャンマー人の母との間に生まれた齋藤飛鳥さん。

名に「鳥」の字を含む2人の兄がいることから、父親から「飛鳥」と名づけられました。

2011年8月21日に乃木坂46の1期生オーディションに合格。

2012年2月22日に1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューを果たします。

同年には3rdシングル「走れ!Bicycle」のカップリング曲「海流の島よ」でセンターに抜擢。

2015年にはファッション誌『CUTiE』2月号で表紙を務め、専属モデルに起用されました。

同誌は2015年9月号をもって休刊しますが、その後ファッション誌『sweet』のレギュラーに。

2015年11月号から紙面に登場するとともに単独の連載を開始しています。

そして2016年6月発売の15thシングル「裸足でSummer」では初のセンターに抜擢。

2017年1月に初のソロ写真集『潮騒』が発売され、現在累計20万部を突破しています。

2018年の21stシングル「ジコチューで行こう!」でも単独センターとして活躍。

同年10月5日にはヒロインを務めた映画『あの頃、君を追いかけた』が公開され、

台湾版のリメイクということでもアジア圏を中心に大きな注目を集めました。

2019年1月24日からはテレビドラマ『ザンビ』で主演を務め、女優業を本格化。

そして今年は23rdシングル「Sing Out!」で4度目となるシングル表題曲のセンターに抜擢。

今や乃木坂46の絶対的エースとして幅広い分野で活躍しています。

 

 

齋藤飛鳥が主演映画で白目を披露!?

 

齋藤飛鳥さんが大童澄瞳氏の人気漫画を実写映画化した「映像研には手を出すな!」に出演。

その撮影現場スチールが、2019年12月31日に一足早く初披露されました。

 

どんなストーリー?

 

「月刊!スピリッツ」で連載されている同名原作は女子高生3人が、

“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志すという青春活劇ものです。

実写映画版のメガホンをとるのは、「あさひなぐ」などを手掛けた英勉監督。

2020年1月5日には、湯浅政明監督が手がけたアニメ版もNHKにて放送されます。

 

 

 

齋藤飛鳥の役どころは?

 

そして主演の齋藤が演じるのは、変わり者の浅草みどりという女子高生。

「アニメは設定が命!」が信条で、ことあるごとに妄想するぶっ飛んだキャラです。

また、同じく乃木坂メンバーの山下美月さんと梅澤美波さんも主要キャラとして出演。

山下さんは俳優一家に生まれながらアニメーターを目指すお嬢様役を演じ、

梅澤さんは、金儲けを企むプロデューサー気質の少女・金森さやか役に扮しています。

 

 

 

白目を披露!

 

現場スチールでは普段のロングヘアから一新、ショートヘアを披露している斎藤さん。

主人公のトレードマークである迷彩柄の帽子をかぶり、役作りもバッチリのようです。

また、その表情に注目すると白目をむいてぶっ倒れるというシーンを見事に再現!

トップアイドルとして活躍する彼女が今まで見せたことのない“表情”を披露しています。

 

 

この映画「映像研には手を出すな!」は、2020年初夏に全国公開の予定。

主人公みどりを演じる齋藤飛鳥の新たな魅力がきっとこの作品で発揮されることでしょう。

スポンサーリンク

 

齋藤飛鳥が2019年紅白への意気込みを語る!

 

乃木坂46が29日、NHKホールで『第70回NHK紅白歌合戦』の公開リハに参加。

ここで、今回の紅白出場に向けての意気込みを語っています。

今年で5年連続出場の乃木坂46は「シンクロニシティ」を歌唱すると発表。

姉妹グループの欅坂46、日向坂46とともに合同でパフォーマンスを披露します。

さらに総合司会の内村光良さんも参加するということで注目を集めています。

そんなメンバーを代表して齋藤飛鳥さんは、

「坂道グループが同じステージに立つのはなかなかないこと。

それが紅白歌合戦という大きなステージで、

一生に一度あるかないかくらいなことなので貴重な機会」

と期待感を示しています。

そして「『シンクロニシティ』は私たちにとっても大切な曲なので、

楽曲の良さとそれぞれのグループの良さとみんなが楽しんでいるのが伝わったら」

と楽曲にかける想いと、紅白出場への意気込みを語っていました。

 

 

 

まとめ

 

今回は乃木坂46の齋藤飛鳥さんについてまとめてみました。

来年は主演映画が公開されたりと大人気の彼女。

今後、どんな活躍を見せてくれるのかこれからが楽しみですね。

そんな齋藤飛鳥さんの活動を見守り、応援していきたいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.