とりあえずニュースを確認してみる

【天海祐希】”あのドラマ”の名言が現代の政治を見事に予言?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

天海祐希さんと言えば、先日、テレビ朝日系ドラマ「緊急取調室」の3rdシーズンが高視聴率で最終回を迎えたばかりです。

しかし、今回、天海さんが注目されたのは、14年も前に日テレで放送された「女王の教室」のワンシーンでした。

なぜ、今になって10年以上も前のドラマが注目されているのでしょうか?

そこで今回は…

  • ドラマ「女王の教室」あらすじ
  • 現在、ツイッターで話題になっているシーンについて
  • ネットの反応は?

詳しく調べてみました。

 

天海祐希プロフィール

 

芸名:天海 祐希(あまみ ゆうき)
本名:中野 祐里(なかの ゆり)
生年月日:1967年8月8日(51歳)
出身地:東京都台東区上野
身長:171㎝
血液型:O型

 

1985年、中学時代の担任が宝塚ファンで、女優を志していた天海に宝塚受験を勧める。

同年、宝塚音楽学校を首席で合格。

1993年、月組トップスターに就任。

1995年、宝塚を退団。

退団後はフライングボックスという芸能事務所に所属。

2003年、研音に芸能事務所を移籍。

移籍後には直ぐにドラマの主演が決定し、「女王の教室」「Around40~注文の多いオンナたち~」「BOSS

等の代表作に恵まれ、上司にしたいタレント部門でNo.1に輝くなど、女性たちの憧れの女優となった。

 

ドラマ「女王の教室」って??

2005年に日テレ系で放送されたドラマで、天海さんが高視聴率女優と呼ばれるきっかけになったドラマです。

当時、あまりにも過激な内容から、PTAなどからも苦情が来た様な作品でした。

しかし、ふたを開けてみれば、最終話の最高視聴率は31.2%

天海さんが一流女優の仲間入りをするきっかけとなりました。

この物語は悪魔の様な鬼教師と小学6年生の子供たちとの戦いを描いた一年の記録である。

小学6年生になった神田和美は小学生最後の一年を楽しもうと張り切っていた。しかし、始業式当日和美の担任は「時間が無駄になる」という理由で出てこなかった。噂ではその担任は有名な「鬼教師」で、彼女が担任になってしまうと地獄のような一年間を過ごすことになると言う。そして教室にその鬼教師・阿久津真矢が入ってきた。

テストの成績が悪い児童や真矢に楯突いた児童に「代表委員」と称して雑用係を務めさせるなど、冷酷に見えた真矢の真の狙いは教師が「壁」となり立ちはだかること。それを乗り越える努力をさせない限り子供達は真の「壁」を乗り越えることが出来ない。これに最初に気付いたのが和美であった。

その鬼教師を演じたのが天海祐希さんであり、生徒役にも志田未来さんや福田麻由子さん等、多くの演技派女優を排斥したドラマです。

 


出典:RakutenTV

 

「緊急取調室」を差し置いて、「女王の教室」が話題な訳とは?!

2019年6月20日に最終回を迎えたドラマ「緊急取調室」3rdシーズン。

こちらの視聴率も大変高く、最終話の視聴率13.6%

更に、全話通しても13.1%と、終わったばかりなのに続編が期待される程、有終の美を飾りました。

 

しかし、Twitterで話題になっているのは「緊急取取調室」ではなく、14年前のドラマ「女王の教室」だったのです。

一体、何が起こったのでしょうか?

 

 

現在の政治を予測していた幻の名言がある?!

2019年6月、与党自民党の年金に関する発言から、日本の貧富の差が明らかであることが浮き彫りになりました。

そしてそんな状況に不満を持った民衆はデモを起こし、デモに対して良い感情を持っていない富裕層との意見の対立を生みました。

 

特に、ホリエモンこと堀江貴文氏が年金デモ参加者に「税金泥棒」と罵ったことは、大きな波紋を呼びました。

そしてこれこそ、現代の日本社会が持てる者と持たざる者とで分断されている、という好例でしょう。

 

 

そして、まるでこの状況を予測したかの様な名言が、ドラマ「女王の教室」のワンシーンにありました。

 

 

この名言と、現在の日本の状況があまりにもマッチしていました。

しかも、今から14年も前に放送されたドラマで、この状況が予言されていた?

と話題になったのです。

 

不思議な予言にネットの反応は?

14年前のドラマと、現代の日本の状況との不思議な一致について、ネットではどの様な反応がされているのでしょうか?

 

多くのツイートでこの名言と現在の状況との一致に驚く様なコメントがされていました。

そして、噂に過ぎませんが、この動画があまりにも話題になった為、Youtube動画内からどんどんと消去されている…

という噂まで出てきています。

筆者もYoutubeを確認しましたが、先ほど添付した一本しか動画は残っていませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

まさか14年も前に放送されたドラマが今、話題になるとは天海さん自身も驚いていることでしょう。

しかし、あの時の名言は、本当に現在の日本を象徴していると言っても過言ではありません。

これからも暫くは、あの動画がTwitter上で話題にのぼりつづけることでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.