とりあえずニュースを確認してみる

【吉沢亮】ラブストーリーで女性をトリコに!自身の恋愛観は?

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

俳優の吉沢亮さんが13日、都内で行われた映画『あのコの、トリコ。』の最速試写会に登場した。

 

俳優の吉沢亮さんが9月13日、東京・飯田橋の神楽座で行われた「あのコの、トリコ。」の公開試写会に単独で出席しました。

このようなイベントに「1人で出るのは久しぶり」だという吉沢さん。

会場に集まった90人のファンが、自らの“トリコ”になっていることを知らされると、

「あらら、大変ですね~。いつもよりすごい楽。今日は楽しめそうです」

と満面の笑みを浮かべていました。

同作は、白石ユキさんによる同名コミックを実写映画化した作品。

吉沢さん演じる地味で冴えないメガネ男子の主人公、頼が「将来スーパースターになる」と誓い合った幼なじみの高校に転入し、自身の才能を開花させていくというストーリーです。

この映画の注目ポイントは頼の幼なじみで人気モデルとなった新木優子さん演じる雫(新木優子さん)と人気俳優になった昴(杉野遥亮さん)との三角関係。

この幼なじみたちそれぞれの恋と夢のゆくえは!?

 

『あのコの、トリコ。』予告

 

出典:YouTube

 

今回の試写会のインタビューでは今回、地味で不器用、そしてモテなさそうな頼の役柄が吉沢さんの見た目とは正反対だということを突っ込まれ、

「僕なんか全然モテないですが、(頼を演じるのは)楽しいですよ。キラキラしている人物を演じる方が難しいんで。僕のファンを長いことやっていただけている方ならわかると思いますけど、僕自身にはキラキラ要素はない。」

と謙遜した様子。そして、

「内気で根暗な男の方が、わりと演じてて馴染みますね。プライベートも地味なんです。家でずっと漫画を読みながら酒を飲んでいるだけですし」

とあっけらかんな笑顔で意外なプライベートを語っていました。

また、スーパースターになることを誓い合った幼なじみたちの物語を描く本作。

自身の「小さい頃の夢」について質問された吉沢さんは、「僕は仮面ライダーになりたかった」とコメント。

実際に『仮面ライダーフォーゼ』で仮面ライダーメテオの朔田流星役を演じているため、

「叶っちゃいました。オーディションを受けて決まったときはすごく不思議な感じでした。自分がずっと憧れて観てきた『仮面ライダー』の”中の人”になるって、こんなこと人生にあるんだって、17歳にして思った」

と当時を懐かしそうに振り返っていました。

その後、映画のタイトルにちなみ「今“トリコ”になっているものは?」と質問されると、

「お笑い芸人さんの動画を見ていますね。基本的に半径5m以内でできることしかやっていない(笑)」

と回答し、現在吉沢さんがはまっている人力舎所属のお笑いトリオ「トンツカタン」については、

「シュールでありつつ、キャラクター性も面白い。ネタもしっかりしていて面白いっすよ。すごい好きでいつも見てます。」

とその面白さと魅力を熱弁していました。

しかしこの答えに対して、イベントスタッフから「(本作が)ラブストーリーなので、他にはないですかね?」という要望が届きます。

すると、「なるほどね……このへんは爽やかさを出していかないとね。こういうのに“トリコ”になっていたら可愛いっていうのありますか?」と客席に助け舟を求めた吉沢さん。

客席から「カワウソ!」というワードがあげられると、

「あ、動物系ね。いや~、最近猫の動画とかすごい見てて。本当に可愛くて、すごい癒される。休憩中、ずっと見てる!」

とお茶目に回答し、会場の笑いを誘っていました。

そして最後に吉沢さんは、

「頼・雫・昴、それぞれの成長物語でもあり、夢を目指している若者が向上していく姿もしっかりと描かれている作品でもあるので、キュンキュンしてもらいつつ、彼らのキラキラした青春にも浸っていただけたら嬉しいです」

と映画についてアピールしていました。

出典:映画.com

 

今やあっちこっちから引っ張りだこの人気俳優となった吉沢さん。

現在日本テレビ系にて放送中のドラマ「サバイバル・ウェディング」ではラブストーリー系コメディにも挑戦しています。

その他にも今年公開される出演映画は、主演作を含めてなんと7本

そのクールで整った顔をTVで見ない日はないと言っても過言ではありません。

ラブストーリーに立て続けに出演されている吉沢さん。

その気になる吉沢さん自身の恋愛観は?と気になる方も多いはず。

そこで今回は吉沢さんのプロフィールや経歴を紹介するとともに、過去のインタビュー記事などを元にその恋愛観や女性のタイプについて調べてみました。

 

吉沢亮さんのプロフィールと経歴

 

出典:PIKARI BOX

 

本名:吉沢亮(よしざわりょう)

生年月日:1994年2月1日

出身:東京都

身長:171cm

血液型:B型

所属事務所:アミューズ

デビュー:2009年

代表作:『仮面ライダーフォーゼ』、『銀魂』、『サマーソング』、『トモダチゲーム』ほか

2009年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募人数31514人の中から見事「Right-on賞」を獲得した吉沢さん。

その後、2011年にドラマ「仮面ライダーフォーゼ」に出演が決定します。

「仮面ライダー」シリーズといえば、有名イケメン俳優の登竜門。

この作品で吉沢さんは主演ではなかったものの、その整ったルックスと演技で注目を一気に集めます。

そして2013年、ドラマ『ぶっせん』で主演に抜擢され、舞台としても上演されました。

もともと強い憧れもなく芸能界入りした吉沢さん。

15歳でデビューしてからしばらくはこの仕事が好きになれずにいたそうで、主演を務めたこの舞台でうまく現場をまとめられず悩まれたそうです。

また、本番でも客席も埋められなかったようで、その悔しさが役者としての今後の役者人生への意識に繋がったといいます。

そして2017年7月に出演した人気コミックの実写映画『銀魂』では人気キャラクターの真撰組のイケメン剣士「沖田総悟」を熱演。

そのルックスはまさに漫画から飛び出してきた沖田総悟!

映画を観た原作ファンからの評価も高く、吉沢さんにぴったりなハマリ役となりました。

イケメン剣士「沖田総悟」に扮する吉沢さん

今年、2018年には映画『リバーズ・エッジ』で二階堂ふみさんの相手役に抜擢。

この作品は第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に出品され、見事国際映画批評家連盟賞を受賞します。

レッドカーペットへは行定勲監督や二階堂さんとともに登場し、堂々とした様子だったそうです。

そのほかにも、映画『ママレード・ボーイ』や今回の映画『あのコの、トリコ。』でも主演を務め、現在は5社からCMに起用されている超売れっ子俳優となりました。

 

吉沢さんがキュンとくる女性って?気になる恋愛観

 

過去のインタビュー記事で自身の恋愛観について語っていた吉沢さん

ズバリその理想のタイプの女性は、

「マイペースで意地っ張りな自分をしっかりと受け止めてくれる年上の女性」

だそう。

意外にも自分をしっかりと受け止め、甘えさせてくれるような年上女性が好みのようです。

ちなみに告白については自分からする派だと答えています。

しかし出演した作品の中で、何回か告白をする役を演じるもいつも振られるばかりで恋が実ったことがあまりないとほろ苦い経験を語っていた吉沢さん。

でも現実でこんなイケメンに告白されたら多くの女性たちはOKするに違いありませんよね。

 

またデートをするときは、相手にデートプランを考えてほしいのだそう。

一番理想的なデートは楽しくて気がついたら1日が終わっていた…というようなものらしく、今回の映画の取材インタビューでは、

「江ノ島とか、いいんじゃないですか? 夜の江ノ島までドライブしながら行って、あまり人がいない中で二人でキャッキャしながら花火をして、30分くらい海を見て帰る。チューのタイミングは3ヵ所くらいあるかな」

具体的なデートプランを大胆に語っていました。

そして芸能人らしく、

「昼間の人がいっぱいいる感じじゃなくて、ゆったりとした二人だけの空間でのんびり過ごしたい」

というデートシチュエーションの願望もあることも告白していました。

その他にも家庭的な女性が好きだと話していたこともありました。

もし結婚をするとなったら、仕事をバリバリする女性よりも家のことをしっかりやってくれる女性が魅力的だと考えているようです。

また好きな料理はカレーや肉じゃがといった家庭的な料理が好きとのこと。

オシャレで手の込んだ料理はたまに食べられれば良いとの考えらしいです。

また現在の恋愛観については、

「最近、人を好きになっていないです(笑)。たとえば僕が今『仕事と私どっちが好きなの?』なんて彼女から聞かれたら、『仕事』って答えてしまうかも。僕、年を重ねていくうえで、やれることは全部やって取りこぼさないでいたいなって思っているんです。そのときに意味のあること、そのときにしかできないものって絶対にあると思うから。だからそれが今は、俳優業なのかなって」 

と語り、今は恋愛より仕事に一生懸命打ち込みたいと考えられているみたいです。

基本的に家で一人のんびりするのが好きな吉沢さん。

自身のタイプの女性の条件である年上の女性とのデートなら、おいしいお店を教えてもらって一緒に行きたいかもと話す場面も。

お酒が好きらしく、おいしく飲める和食屋さんに連れていって欲しいとか。

酔っ払うと結構、めんどうくさいタイプらしく、年上の女性なら、そういう自分にもやさしく付き合ってくれそうとはにかみながら語っていました。

自称“恋愛は受け身”という吉沢さん。

自分からデートに誘ったり、メールをするのはどうも苦手らしく、相手からのアクションを待つタイプのようです。

まとめると、一緒にいてもお互いが自然体の状態で過ごせて、かつ家庭的でしっかりしている方が吉沢さんの好みのタイプの女性なのでしょう。

 

まとめ

 

今やドラマや映画、CMに引っ張りだこの吉沢さん。

その甘いルックスから女性ファンも着実に増やしていっています。

そこで気になるのがその恋愛観や好きな女性のタイプですよね。

今回の調べからわかったことは、基本は年上でしっかりしていて甘えさせてくれる女性が好みだということでした。

また、今は恋愛より仕事を頑張りたいと述べているため、恋のスキャンダルが出るのはまだまだ先のようですね。

これから公開される「あのコの、トリコ。」は、10月5日から全国でロードショーされます。

ぜひ、スクリーンでかっこいい吉沢さんの演技を堪能しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.