とりあえずニュースを確認してみる

【吉沢悠】が休業した理由は?干されていた過去がある?

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

NHKのドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」(毎週金曜 22:00~)に出演している俳優の吉沢悠(40)さん。

イケメン俳優としてブレイクし、ドラマの主演を果たすなど活躍していました。

しかし、その後突如所属事務所を退社した過去があります。

いったいなぜ退社してしまったのでしょうか。

また、吉沢悠さんは退社後干されていたとの噂もあります。

本当なのか調べてみました。

吉沢悠さんのプロフィール

 

本名:吉沢悠(よしざわ ひさし)
生年月日:1978年8月30日(40歳)
出身地:東京都杉並区
身長:175㎝
体重:非公開
血液型:B型
所属事務所:テンカラット

 

吉沢悠さんはもともと引っ込み思案な性格を直したと思いカラオケに行っていたそうです。

そんなある日「夢カラオケオーディション」というオーディションのポスターを見つけ、商品がハワイ旅行だったことから応募。

見事準グランプリに輝き、ワタナベエンターテインメントからスカウトされ1997年にデビューしました。

 

1998年にKinKi Kidsの堂本剛さんが主演したドラマ「青の時代」(TBS)で、堂本剛さん演じる安積リュウの親友・木村 マサシ役で俳優デビューを果たします。

以降、1999年の「to Heart 〜恋して死にたい〜」(TBS)、2000年の「バスストップ」(フジテレビ)、2001年の「白い影」(TBS)、2002年の「アルジャーノンに花束を」などの話題のドラマに次々と出演。

そして、2003年の「動物のお医者さん」 (テレビ朝日)ではドラマ初主演を果たしました。

 

しかし、2005年に突如ワタナベエンターテインメントを退社、芸能活動を休止することを発表。

その後2006年に、現在井浦新さん、田中麗奈さん、香里奈さんなどが所属する事務所・テンカラットに移籍し、芸能活動を再開しました。

 

吉沢悠さんは結婚してる?

吉沢悠さんは2013年3月3日にモデルで女優の桐山マキさんと結婚しています。

 

二人は共通の知人がいたことで知り合い、交際に発展。

桐山マキさんは女性ファッション誌『pinky』のモデルを2005年〜2008年に務めたことがあります。

女優業もしており、映画「特命係長只野仁 最後の劇場版」(2008)、映画「阪急電車 -片道15分の奇跡-」(2011)などに出演していました。

また、最近では損害保険ジャパン日本興亜株式会社のCMなどに出演しています。

結婚して6年ほどの二人ですが、子供はいないようです。

 

 

 

休業していた理由は?

 

吉沢悠さんは2005年に突如所属事務所のワタナベエンターテインメントを退社し、芸能活動を休止することを発表しました。

芸能活動休止後、吉沢悠さんはアメリカで半年間留学をしていたそうです。

当初は語学を学んでいただけで再び俳優として活動することは決めていなかったようですが、舞台を観に行ったとき、ある女優さんの演技に感銘を受けたことで

「なんで俺はこっちの観る側にいるんだろう。あっちの演じる側に戻りたい」

引用:未来を照らす(17)俳優 吉沢 悠

と感じ、俳優復帰を決意したのだそうです。

そして日本に帰国し、2006年に現在の事務所であるテンカラットに所属し再スタートを切りました。

それまで吉沢悠(よしざわゆう)という芸名で活動していましたが、事務所を移籍してからは本名の吉沢悠(よしざわ ひさし)として活動しています。

 

活動休止した理由は!?

2005年当時、吉沢悠さんは事務所を退社する理由や芸能活動を休止する理由については明かしませんでした。

そのため、「事務所とのトラブル」「引退説」「体調不良説」などさまざまな憶測が流れてしまっていました。

しかし、最近になり週刊女性PRIMEのインタビューで次のように語っています。

ありがたいことにデビューしてから続けて仕事をいただけたのですが、僕は準備に時間がかかるタイプ。社会経験もないまま、自分とは違う役を演じ続けた結果、僕自身のストックがなくなってしまったんです。そんな中、主演をやらせてもらったことで、少しパニックになってしまって……。このまま自分をコントロールできないまま仕事を続けたら潰れてしまうと思い、1回、立ち止まる決断をしました

引用:吉沢悠、連ドラ初主演後に休業した真相(週刊女性PRIME)

若手イケメン俳優としてドラマを中心に大活躍していた吉沢悠さん。

そのことがプレッシャーとなり、精神的に追い込まれてしまい、活動休止を決意したということだったのです。

スポンサーリンク

 

 

 

吉沢悠さんは干されていた?

 

吉沢悠さんは、デビューから活動休止するまでの7年間で、26本のドラマ、4本の映画に出演していました。

特にドラマでは2001年は5本、2002年は6本の連続ドラマに出演するという多忙ぶりでした。

 

そんな吉沢悠さんですが、所属事務所が変わってからは、ドラマだけではなく、舞台、映画など幅広く出演しています。

2008年の「ブラッディ・マンデイ」(TBS)、2009年の「JIN-仁-」 (TBS)、2012年の「平清盛」(NHK)、2014年の「明日、ママがいない」(日本テレビ)などの話題作のドラマにも出演しました。

 

2018年も「特命刑事 カクホの女」(テレビ東京)、「不発弾〜ブラックマネーを操る男〜」 (WOWOW)「満願 第2夜『夜警(NHK)、映画「生きる街」、映画「世界でいちばん長い写真」、舞台「華氏451度」(主演)に出演しています。

そして、2019年はドラマ「ミストレス」(NHK)と、主演映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave」があります。

 

干されてはおらず、精力的な活動をしていることがわかりますね。

しかし、吉沢悠さんが所属事務所を変えてから干されたというイメージがある視聴者は少なくないようです。

吉沢悠さんは、若い頃は連続ドラマへのレギュラー出演がメインでした。

現在は活動の場を広げたことで若いころよりはテレビで見る機会が減っており、そのため視聴者としては干されているのではと思ってしまうのだと思われます。

現在は連続ドラマに出演することだけが全てではなく、舞台や映画など作品の内容で仕事を選ぶ方針の事務所のようですので、その方が吉沢さんには合っているということでしょう。

 

 

 

まとめ

俳優の吉沢悠さんについてまとめました。

干されていたという噂がある吉沢悠さんですが、全く干されておらず、俳優として充実していることがわかりました。

若いころは仕事を詰め込み過ぎただったため、無理が生じてしまったのでしょう。

現在は無理のないペースで仕事をし、俳優として活動の場を広げている吉沢悠さん。

これからも素敵な演技でファンを魅了してほしいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.