とりあえずニュースを確認してみる

【山崎賢人】中国”weibo”アカウント開設?あの映画の宣伝か?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

人気俳優の山崎賢人さんが、2019年4月15日に中国版Twitterと言われる”weibo(微博)”にアカウントを開設しました。

その人気は中国でもすさまじく、アカウント開設からたった2人で27万人以上のフォロワーがついています。

しかし、山崎さんはInstagramのフォロワーが320万人もいますので、日本国内だけでも十分、やっていけます。

山崎さんは何故、中国進出を目指しているのでしょうか?

そこで今回は…

  • 山崎さんのweiboに投稿された内容とは?
  • 山崎さんは何故、中国進出したがるのか?

について、詳しく調べてみました。

 

山崎賢人プロフィール

 

氏名:山崎 賢人(やまざき けんと)
生年月日:1994年9月7日(24歳)
出身地:東京都
身長:178㎝
血液型:A型
所属事務所:スターダストプロモーション制作第2部
※本来は山崎賢人の「崎」は、こちらの「﨑」が正しい様だが、あまり世間に浸透していない。

 

中学3年生の時に、原宿竹下通りのDAISO前でスカウトされ、芸能デビュー。

俳優の仕事が始まる前は、雑誌「ピチレモン」でモデルをやっていた。

 

 

2010年、15歳の時にドラマ「熱海の警察官」で俳優デビュー。

2011年、映画「管制塔」で映画初主演。

2014年、フジテレビドラマ「水球ヤンキース」での演技が注目される。

2015年、NHK朝の連続テレビ小説「まれ」にヒロイン・土屋太鳳の相手役に選ばれ、ブレイク。

同年、日テレ系ドラマ「デスノート」で”L”を演じ話題になった。

2016年、映画「ヒロイン失格」や「orange」などに出演し、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

同年、「好きな人がいること」で月9ドラマ初出演。

2017年以降は、TBS「陸王」や日テレ「トドメの接吻」、フジテレビ「グッドドクター」に出演し、人気俳優の地位を不動のものとした。

2019年4月19日には映画「キングダム」の主演が控えている。

 

 

山崎賢人の”weibo”投稿内容とは?!

2019年4月15日にアカウントを開設したばかりの山崎さん。

しかし既に、27万人ものフォロワーが付いています。

山崎さんの中国での人気を現しています。

下記は、山崎さんの”weibo”初投稿の画面のスクリーンショットです。

 

 

かなり簡単なあいさつの様ですが、一応、中国語でも挨拶をしています。

意味は、その上の日本語の文章と同じで「weiboアカウント開設しました。よろしくお願いします。」

という意味です。

 

あっさりした挨拶にもかかわらず、コメントは3万8000件も送られています。

多かったコメントを見てみると…

  • 大好きです!
  • 好きです!木村拓哉さんみたいに、毎日、投稿して欲しいです。
  • 賢賢、君はまだweiboの規則を良く分かっていないようだが、毎日投稿しなきゃいけないんだよ~

非常に好意的に山崎さんのアカウント開設を受け止めている様です。

そしてどうやら、weiboをやっている中国人の間では、木村拓哉さんが毎日の様に投稿していることは有名な様ですね。

木村拓哉さんのweiboの情報については、下記添付の記事に載っていますので是非、読んで下さいね。

そして、中国では山崎さんの愛称は”賢賢”であることも分かりました。

 

ちゃっかり映画「キングダム」を宣伝?!

山崎さんの初投稿画面の写真を良く見てみると、撮影されたのは日本ではなさそうです。

これが、その写真の拡大版です。

 

 

これは明らかに万里の長城ですね。

山崎さんと言えば、4月19日公開の古代中国を舞台にした映画「キングダム」が公開されます。

その宣伝もかねて、このタイミングで万里の頂上を背景にした写真を添付したものと考えます。

 

しかし、「シネマトゥデイ」の情報によると、ロケ地は万里の頂上では無く、浙江省にある象山影視城というところだそうです。

 

それでも「キングダム」が古代中国の戦国時代を描いた映画であるだけに、万里の長城でも十分、映画の宣伝になっているのではないでしょうか?

因みに下記添付の写真が、象山影視城という場所の写真です。

 

出典:Twitter

 

山崎賢人は何故、中国進出したがるのか?

日本国内でも飛ぶ鳥を落とす勢いの山崎さん。

Instagramのフォロワーは320万人もいて、若手俳優の中でも群を抜いています。

それでも山崎さんが中国進出をしたがるのは何故なのでしょうか?

 

実は山崎さん、中国での人気も相当なものなのです。

ザテレビジョンによれば…

2018年1月クールに放送した主演ドラマ「トドメの接吻」はカンボジアや香港、フィリピンなどアジア6つの国と地域で同時にテレビ放送され、注目を集めた。

こうした活躍から、2018年末には中国の大手配信プラットフォーム・IQIYI(アイチーイー)が主催する“IQIYI Sreaming Night”で、日本人として初めて“アジアベスト俳優賞”を受賞した。

授賞式には中国人人気アーティストや俳優、監督らとともに登壇し、「このたびは、こんな素敵な賞を頂けてとても光栄に思います。これから中国でも活躍できるように頑張ります。」とあいさつ。

中国語で「もっともっと頑張ります。みなさんありがとう!IQIYI ありがとう!」と笑顔でコメントした。

日テレ系ドラマ「トドメの接吻」で、中国を中心としたアジア各国に注目されていたのです。

この勢いに乗り、山崎さんは中国進出の速度をここに来て加速させたのだと考えられます。

 

映画「キングダム」が本場中国でどの様に評価されるか?

それによって山崎さんが本格的に中国進出するかどうかにも影響が出そうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

制作費から考えると、今年、東宝が一番期待をかけている作品であることは間違いない「KINGDOM」。

その主役に、中国でも人気のある山崎さんを抜擢したことは、かなりプラスに働くのではないでしょうか?

そして映画の宣伝もかねて、山崎さんが”weibo”を開設したとしても不思議ではありませんね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.