とりあえずニュースを確認してみる

【山下智久】ドラマ『インハンド』主演!ドSキャラで救世主になる?

 
zucchi55
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55

2019年4月スタートの新ドラマ『インハンド』で主演する山下智久。

ジャニーズアイドルとしてだけではなく、俳優として高いスキルを持っています。

得意とする『ドSキャラ』を、このドラマでも存分に発揮してくれることでしょう。

このところ、ジャニーズアイドル主演のドラマが低迷中。

果たして、山下智久は救世主になれるのでしょうか。

 

ドラマ『インハンド』ストーリー

 

 

山下智久が演じる主人公は、寄生虫学者。

右手がロボットハンドの変人天才科学者。専門は寄生虫学。偏屈で無愛想、自分の興味のみで動く変人だが、博識で天才的な発想を持ち、興味を持ったものには少年のように嬉々として取り組む。なぜか金持ちで、箱根の巨大温室型の植物園を買い上げ改装し、最先端の研究機材を備えた自宅兼研究室に引きこもっている。研究室やジャングルのような温室では、犬や蛇、リクガメなどの動物たちと暮らしている。生物やその生態をこよなく愛するが、人には無関心。それゆえ変人や変態と呼ばれている。義手になった経緯は助手の高家にも明かしていない。

TBS「金曜ドラマ『インハンド』」公式サイト

なかなかの『ドSキャラ』のようですね。

ちょっと謎の人物という感じで、おもしろそうです。

 

豪華!共演者たち

 

 

このドラマ『インハンド』では、豪華な共演者も話題に。

助手の高家 春馬(たかいえ・はるま)役に濱田岳。

『カメレオン俳優』として幅広い役もこなし、若手俳優ながら名優の域に達している俳優です。

容姿端麗、頭脳明晰なエリート官僚・牧野 巴(まきの・ともえ)役に菜々緒。

『セクシータレント』としてデビュー。

女優としては、異彩を放ちながらも、ドラマ出演を重ねるごとに急成長を遂げる注目の女優です。

その他、脇役として、田口トモロヲ・松尾貴史・利重剛・光石研といった豪華ベテラン俳優陣をそろえています。

 

『インハンド』見どころ

 

 

内閣官房サイエンス・メディカル対策室という近未来的な施設が舞台。

サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。

TBS「金曜ドラマ『インハンド』」公式サイト

もちろん実在しませんが、近い将来似たような施設ができるような気もします。

今までにない設定の舞台なので、どんな内容になるのか想像外なので楽しみなドラマ。

ちょっと難しそうな役柄ですが、山下智久の演技力に期待です。

 

原作は人気漫画

 

 

原作は、人気漫画です。

『インハンド』は、朱戸アオによる日本の医療漫画。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて、2013年3月号から8月号まで連載された『ネメシスの杖』を第一作とし、『インハンド 紐倉博士とまじめな右腕』のタイトルで2016年5月号から7月号まで短期集中連載された後、『イブニング』(同社刊)にて、2018年22号(2018年10月23日発売)から連載中。右手が義手になっている寄生虫専門の科学者が助手と女性官僚とともに、誰もが驚く科学的な方法で難事件を解決していく医療ミステリーである。

ウィキペディア(Wikipedia)

『医療ミステリー』という新しいジャンルの作品。

想像外の方法で難事件を解決するなんて、早く観てみたい作品といえるでしょう。

最近のマンネリ化したドラマ界に一石を投じるようなドラマになりそうですね。

 

また?ドSキャラ

 

出典:映画.com

 

山下智久は、主演ドラマで『ドSキャラ』を演じることが多いようです。

今回の役柄も『ドSな』寄生虫学者役。

『寄生虫学者』という時点で想像外の職業という感じ。

そのうえ、『ドS』とくれば、一筋縄ではできない役です。

それをいとも簡単にやってのけてくれそうな山下智久。

もう、『アイドル』というより『俳優』と呼んだ方がよさそうです。

 

ドSといえば?

 

出典:映画.com

 

山下智久演じる『ドSキャラ』といえば、やはり『コードブルー』。

フライトドクター・藍沢役は、山下智久のはまり役です。

『ドS』でありながらも、仲間を愛し、助け合い、ひとつの目的に向かって一致団結する熱い一面も持ち合わせている。

そんな藍沢耕作が、山下智久のキャラにぴったりとあてはまった素晴らしい作品に仕上がっていました。

 

スポンサーリンク

 

苦戦中?ジャニーズドラマ

 

出典:映画.com

 

少し前までは、ドラマに出演している若い男性は、ほぼジャニーズのアイドル。

主演だけではなく、脇役として出演している若手俳優もジャニーズアイドルたちでした。

たまに、違う事務所の俳優が出演していても『あの人もジャニーズ事務所の人なの?』と思われることもあったほどです。

しかし、最近は他の事務所の所属俳優がブレイクという状況が出来上がりつつあります。

 

時代が変わった?進むジャニーズ離れ

 

ドラマにおけるジャニーズ離れの原因として人気グループの動向が大きく関係。

SMAPの解散やTOKIOのメンバーの不祥事、嵐の活動休止発表などが大きく影を落としているようです。

そもそも、年齢を重ねていっても、『アイドル』ということにはかなり無理があります。

また、事務所としてタレントイメージに固執しているきらいがあるのではという見方をする人も。

簡単に言えば、「ジャニーズ事務所の時代は終わった」といえるのかもしれません。

 

山Pは救世主になれるのか?

 

 

ドラマに出始めた当初から演技力には一定の評価がされていた山下智久。

時代が変わったと言われる今も、山下智久主演のドラマはかなりの高視聴率を維持しています。

まさに、現在のジャニーズの星!

今回のドラマも大ヒットさせて、ジャニーズ事務所の救世主となれるのでしょうか。

 

まとめ

 

 

2019年4月スタートのドラマ『インハンド』の主演は山下智久。

ジャニーズアイドルとしてだけではなく、俳優としても高い評価を受けています。

今回のドラマは、得意の『ドSキャラ』の寄生虫学者というちょっと変わった役柄を演じます。

このところ、イマイチ視聴率のあがらないジャニーズアイドル主演のドラマ。

高視聴率を保っているのは山下智久のドラマぐらいです。

山下智久は、この低迷中という事態を打破するような、救世主になれるのでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.