とりあえずニュースを確認してみる

【山田裕貴】あのドラマに出演でブレイク確定か?父は野球選手?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年頃からドラマや映画を中心に出演本数が大幅に増えていると噂の俳優・山田裕貴さん。

端正なルックスから、女性にもとても人気があります。

しかし、数本の主演映画を除いては、1話だけの出演や、3番手や4番手の役が多いです。

演技力にも定評があるだけに、ファンとしてはもう少し主演で出て欲しいところ。

しかし、山田さんに大きなチャンスが訪れました。

2019年4月放送開始のNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」に出演が決定したのです。

朝ドラ出演で、今度こそブレイクすることが出来るでしょうか?

 

そこで今回は…

  • 山田さんがこれまで演じてきた役柄
  • 「なつぞら」で山田さんの役柄
  • 父親は元野球選手?

といったことについて、詳しく調べてみました。

 

プロフィール

 

氏名:山田 裕貴(やまだ ゆうき)
生年月日:1990年9月18日(28歳)
出身地:愛知県名古屋市
身長:178㎝
血液型:O型
所属事務所:ワタナベエンターテイメント

 

高校卒業後、俳優を志してワタナベエンターテイメントカレッジに入る。

2010年に開催された「D☆DATE新メンバーオーディション」でファイナリストとなったことをきっかけに、ワタナベエンターテイメントに入社。

 

なかなか主役になれない日々?!

高身長で端正なマスクを持ちながら、山田さんはなかなか日の目を浴びることがありませんでした。

俳優デビューは2011年、イケメン俳優の登竜門の戦隊シリーズでした。

海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルーとしてデビューしました。

主役のゴーカイレッド役には小澤亮太さんが選ばれました。

 

その後、2017になるまでは、殆どが脇役としての出演でした。

40本以上の映画やドラマに出演していながら、主演は以下の4作品のみ。

  • テレビドラマ「D×TOWN「僕らが恋愛出来ない理由」(2012年)
  • 映画「ライブ」(2014年)
  • 舞台「宮本武蔵(完全版)」(2016年)
  • 映画「闇金ドッグス」シリーズ(2015年)

 

ゆっくりとではありますが、着実に俳優としての力を付けていった山田さん。

舞台「宮本武蔵(完全版)」では読売演劇大賞優秀作品賞を受賞しました。

そして、「闇金ドッグス」シリーズでは、多くのインタビューで、ハマり役と称賛されました。

しかし、「シネマトゥデイ」のインタビューで、「闇金ドッグス」や映画「HIGH&LOW」シリーズでの芝居を絶賛された山田さんは、次のように答えています。

イメージがつくほど、世間に認知されているとは思ってないですし、僕自身、まだまだ中途半端な位置にいると思う。

まだまだ自らの仕事に納得がいっていないようでした。

 

そして、2015年公開の「ストロボエッジ」では、福士蒼汰さんと有村架純さんを奪い合う、ライバル役を演じました。

しかしその時も、福士さんや有村さんに比べて、知名度が低い山田さん自身を嘆くようなコメントをしていました。

 

一見、ネガティブな発言に見えますが、山田さんなりの向上心の表れだったのかも知れません。

 

そして、2017年には、それまでの悔しさをばねにするかのように、大活躍するようになります。

 

 

2017年の活躍に「カメレオン俳優」と称される?

2017年に入ると、山田さんはこれまで以上に多くの作品に出演するようになります。

映画だけで何と12本もの作品に出演しました。

 

  • 闇金ドッグス5
  • 闇金ドッグス6
  • 闇金ドッグス7
  • HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY
  • HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION
  • 破裏拳ポリマー
  • トモダチゲーム
  • トモダチゲーム劇場版ファイナル
  • 二度目の夏、二度と会えない君
  • 亜人
  • あゝ荒野
  • デメキン

 

映画に加えて2017年は、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演しています。

そして、その役柄と印象のふり幅から、雑誌などでは「カメレオン俳優」と呼ばれるまでになりました。

 

2018年には乃木坂46の齋藤飛鳥さんとW主演で話題となった「あの頃、君を追いかけた」にも出演しました。

 

そんな活躍を評価されたのか、とうとうあのドラマからオファーが来るのです…

 

出典:PRTIMES

 

朝ドラ「なつぞら」にメインキャストで出演!

2018年4月26日、NHKの第100作目の記念すべき朝ドラに、山田さんはメインキャストで選ばれました。

それまで朝ドラのオーディションには何度も挑戦しましたが、落ちてしまったそうです。

なつぞら」のオーディションも男女合わせて2500名以上が書類審査、面接を受けたそうです。

山田さんとしても朝ドラにとても強い思いを持っていたそう…

果たして、どんな話になるのでしょうか?

 

 

「なつぞら」あらすじと山田さんの役柄

2019年4月放送開始の「なつぞら」は次のようなエピソードです。

1946年初夏、戦争が終わり、奥原なつは柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。

戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。

剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。

泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。

子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。

なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。

なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。

やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。

天陽から当時、アメリカで流行っていた漫画映画の魅力を教えられ、〝絵が動く“夢のような世界があるのかと感動する。

高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。

そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。

なつに旅立ちの日が近づいていた―。

主人公のなつの親友役で、ドラマ初期から最後まで出番がある重要な役です。

朝ドラのメインキャストに選ばれた俳優は、その後にブレイクすることが多いですから、山田さんも2019年の終わりごろには、大ブレイクするかもしれませんね。

 

出典:amaas

 

実は父親は有名人?!

長い下積みを経て、これから正にブレイクしようとしている山田さん。

苦労人なだけに、親族に有名な人は居ないものだと思っていたのですが…

 

実は、山田さんのお父さんは、山田和利という野球選手だったそうです。

1984年にドラゴンズに入団し、7年間、活躍します。

その後、広島東洋カープに5年間在籍し、31歳で引退します。

引退後は中日ドラゴンズのコーチに就任しました。

現在は、広島の2軍守備・走塁コーチを務めています。

 

 

実は山田さん自身も中学までは野球部に入っていました。

しかし、野球でプロになることは不可能だと諦め、高校からはバレー部に所属しました。

 

その後、高校卒業と同時にワタナベエンターテイメントの門を叩いた山田さん。

かなり真面目に人生設計をした結果、現在の山田さんがあるのですね。

 

ちなみに、下記添付の写真が高校時代の山田さんの写真です。

この頃からとてもイケメンですね。

鏡に映る自分を見て、野球選手よりは俳優に向いている、と思ったかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

様々なドラマで脇役として下積みをし、やっとブレイクの兆しが見えてきた山田さん。

2019年の「なつぞら」放送後には、CMやドラマで引っ張りだこな山田さんが見れたら良いですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.