とりあえずニュースを確認してみる

【山田裕貴】ドラマ『特捜9』を救う?マダムキラーの本領発揮!?

 
zucchi55
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55

安定した視聴率を稼ぎだすドラマ『特捜9』。

シリーズ物の刑事ドラマですが、Season2から新たに加入したメンバー・山田裕貴が評判です。

熱血漢で、ちょっと頼りないところもある新人刑事「新藤亮」を演じています。

最近、時々姿を見かける山田裕貴。

その経歴を調べてみました。

 

ドラマ『特捜9』とは?

 

 

12年目に突入した刑事ドラマ『特捜9』。

「え?そんなドラマ昔からあったっけ?」と思われる方、多いと思います。

実は『特捜9』、タイトルが途中で変わっています。

スタート当時は『警視庁捜査一課9係』。

主演を務めた渡瀬恒彦さんが2017年3月14日に死去。

Season12放送開始の約1ヶ月前のことでした。

シリーズ終了も検討されたようですが、主演を渡瀬恒彦さんから部下の井ノ原快彦に変更。

渡瀬さん演じる警視庁捜査一課9係の係長・加納倫太郎は内閣テロ対策室に派遣されたという設定に。

残りのメンバーでSeason12が放送されました。

その後、シリーズを続けることが決定、タイトルを『特捜9』と改められました。

 

渡瀬恒彦の残したもの

 

出典:芸トピ

 

『警視庁捜査一課9係』で主演を務めていた渡瀬恒彦さん。

「係長・加納倫太郎」としてだけではなく、人間・渡瀬恒彦として、他の出演者の信頼も厚く、尊敬する俳優として死去した後も慕われているようです。

そのこともあって、番組は継続、今もなお9係のメンバー同士の会話の中で登場するなどしています。

渡瀬恒彦さんが出演していた時はもちろん、今もファンに愛されている『特捜9』。

渡瀬恒彦さんが残したかけがえのない財産となっています。

 

山田裕貴プロフィール

 

出典:映画.com

 

山田裕貴のプロフィールは次の通り。

やまだ ゆうき
山田 裕貴
生年月日:1990年9月18日(28歳)
出身地:愛知県名古屋市
身長:178 cm
血液型:O型
職業:俳優
ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台
活動期間:2010年 –

ウィキペディア(Wikipedia)

山田裕貴には、これまで代表作といった作品は、まだありません。

しかし、戦隊ヒーローもの出身俳優の山田裕貴。

イケメンヒーローとして、お母さんたちには大人気だったようです。

 

山田裕貴ってどんな人?

 

出典:映画.com

 

山田裕貴は、戦隊ヒーロー出身俳優ですが、実はお父さんが有名人。

といっても、俳優ではなく、スポーツ選手として。

お父さんは、元プロ野球選手なんです。

山田裕貴本人も幼い頃は野球をやっていたのですが、高校進学を機に野球から離れることに。

普通は、高校野球で甲子園を目指す!というのがお決まりのパターンです。

しかし、意外なようですが、これは『元プロ野球選手の息子あるある』。

小さい頃は「僕もお父さんみたいにプロ野球選手になる!」と言って野球を始める。

でも、野球をやればやるほど、父親のすごさに気づく。

そして、父親と比較されることが嫌になる。

もうこうなると、違うフィールドで勝負するしかなくなりますよね。

でも、山田裕貴には、容姿端麗という武器が!

そして、俳優に。

 

ついにブレイク?

 

出典:映画.com

 

戦隊ヒーロー卒業後、俳優としての活動は続けていましたが、鳴かず飛ばず。

イケメンなのですが、ちょっとイマドキとは言い難い?

もちろん、若い女の子のファンはいるのですが、今ひとつブレイクせず。

なんとなくもやもやした状態が続いていました。

しかし、この『特捜9』でじわじわと人気が上がっているようです。

シリーズ物のドラマは、視聴者にとって安心して観ていられる内容になっています。

でも、その反面、マンネリ化してしまいがち。

この『特捜9』も、少しずつその傾向が…。

そこで「新しい風を」ということで抜擢されたのが、山田裕貴。

うまく波に乗って、ついに山田裕貴がブレイクの予感です!

 

スポンサーリンク

 

新人刑事「新藤亮」のキャラは?

 

 

山田裕貴演じる、新人刑事「新藤亮」とはどんな役柄なのでしょう。

新藤亮(しんどう りょう)
演 – 山田裕貴
経歴:警視庁新宿中央警察署刑事課→ 警視庁捜査一課特別捜査班
階級:巡査
柴崎の根回しで特捜班に加わった新人。浅輪とは異動前に遭遇した宝石強盗事件で面識があった。
父親の新藤将吾も世田谷南警察署にいた元警察官。行動力はあるが手柄を焦るあまり先走りやすく、浅輪をはじめとする他のメンバーの地道な捜査方針を軽んじていたが、警察官が関わった事件を通して見直しつつある。

ウィキペディア(Wikipedia)

新人刑事として、情熱と若さで突っ走りがち。

でも、使命感に燃える熱血刑事の「新藤亮」。

山田裕貴のイメージにぴったりの役柄です。

 

わんこ?山田裕貴が可愛がられる訳って?

 

 

イマドキの若者・山田裕貴が可愛がられるのはどうしてでしょうか。

魅力のひとつは、その人懐っこい笑顔。

いつまでも少年のような、初々しさとわんこのような天真爛漫さ。

嫌味のない好青年といった印象です。

そういったところが、先輩たちに可愛がられる理由ではないでしょうか。

 

実はマダムキラー?

 

 

新人刑事「新藤亮」は、実は山田裕貴の母親世代以上の女性に人気があるようです。

役柄の刑事としてだけではなく、俳優としてもまだまだ新人の山田裕貴。

「大丈夫なの?」といった『見守る』という心情が働いてしまうようです。

「好き」というより「気になる」といったファンが急増中。

山田裕貴、結構な『マダムキラー』なのかもしれません。

 

まとめ

 

 

旧タイトルの頃から数えて、長い歴史を持つ『特捜9』。

そこに今回、新たに加わったのが、山田裕貴です。

すっかり出来上がっているともいえるドラマのメンバーに加わることは、想像以上に大変なこと。

ましてや、ファンに受け入れてもらえるかどうかは非常に不安だったことと思います。

しかし、その不安は思い過ごしだったようです。

イケメンながら、嫌味のない笑顔とキャラで、すっかり溶け込んだ山田裕貴。

まだ俳優としての芸歴も浅く、初々しさが「危なっかしい」とファンからもいい意味で気になる存在に。

『特捜9』が山田裕貴の成長記録のように愛される番組となっています。

特に母親世代のファンに大人気。

どうやら、「マダムキラー」としての本領を発揮しているようです。

『特捜9』まだまだ長寿は続きそうです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.