とりあえずニュースを確認してみる

【内山信二】結婚!一目惚れされた!?キューピッドは雑炊?

 
zucchi55
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55

 

7歳のときに、バラエティー番組『あっぱれさんま大先生』に、出演。

大人気だった『内山くん』、内山信二が遂に結婚。

いったいどんなお相手なのでしょう。

 

内山信二プロフィール

 

 

内山信二のプロフィールです。

内山 信二

本名:内山 信二

ニックネーム:内山くん

生年月日:1981年9月25日(38歳)

出身地:東京都葛飾区

血液型:O型

身長:174 cm

言語:日本語

方言:共通語

師匠:明石家さんま

出身:元子役

芸風:グルメリポーター他

事務所:SHUプロモーション

活動時期:1987年 –

現在の代表番組:バラいろダンディ、東京生テレビ

過去の代表番組:あっぱれさんま大先生・ごくせん

作品:ごくせん THE MOVIE

他の活動:タレント、俳優

ウィキペディア(Wikipedia)

 

生意気?子役時代のサイテーぶり

 

 

内山信二は、1987年6歳のときに子役デビューしました。

翌年に出演した『あっぱれさんま大先生』でブレイク。

ぽっちゃり体型と天然さが大ウケして、一躍人気者になりました。

ところが、これで勘違いしてしまった内山少年。

大人にチヤホヤされるうち、とんでもない天狗に。

ところが、どの子役も通る道ですが、大きくなるにつれ、仕事が激減。

そうなると、今までちやほやしていた大人が手のひらを返します。

横柄な態度を取り続ける内山信二は『子役スター』から『生意気な少年』に。

10歳の時に月収3000万円を超えるなど、一躍人気子役となった。人気絶頂時は「アイスクリームを客の前で食べるだけ」という奇妙なイベントで、高額のギャラが支払われるほどであった。しかし、スタッフに対して「瞬間接着剤を靴に塗る」などの悪戯や「マネージャーをゲームソフト購入の為に並ばせる」、マネージャーに対しても「英語の授業を代わりに受けさせる」などの非常識行動を連発し、プライベートでも彼女が出来てデートする際は高級料理店に行くなど子供とは思えない行動もしていた。

ウィキペディア(Wikipedia)

 

救ってくれたのは さんま大先生だった!

 

 

そんな内山信二を救ってくれたのは、明石家さんまでした。

14歳のときに『あっぱれさんま大先生』を卒業すると仕事が激減し、16歳の時には収入が無くなった。その後引きこもりや非行に走るなど転落人生を歩むことになったが、さんまから「暇だろうから舞台出てくれ」と言われて芸能界からの引退を思い留まった。

ウィキペディア(Wikipedia)

子役が大きくなると、仕事が減ることはよくあります。

でも、俳優として、演技力がある子役は、うまく脱皮すれば生き残れるでしょう。

一方、内山信二のようにバラエティー番組で、「こども」という部分を『ウリ』にしてるタレントは違います。

演技しているのではない分、普通のおとなになってしまえば使いどころがありません。

チヤホヤされた経験があればあるほど、「使えないタレント」に。

そうなりつつある内山信二を心配して、救いの手を差し伸べた明石家さんま。

今後の内山信二の活躍を予感していたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

遂に結婚!

 

 

こうして芸能界に戻った内山信二は、心を入れ替えてタレント活動を再開。

ドラマ・映画・CM・バラエティー番組などに出演。

特にバラエティー番組では、いじられキャラとして活躍してきました。

そんな中で、今回結婚した方と、運命的に出会うことに。

 

なれそめは?

 

 

内山信二と婚約者の「琴さん」のなれそめは、こんな感じです。

交際から2年でゴールインする。お相手は6歳年下の琴さん(32)。「良く聞かれるんですが誰に似ているとかは、ないです」と内山ははにかむ。「ビヨンセに似ている」(事務所関係者)「ハーフの渡辺美里さんですかね」(テレビ局関係者)と大きな目とエキゾチックな顔立ちが特徴的な美人だ。

2人の出会いはテレビ東京系「主治医が見つかる診療所」だった。当時、番組MC草野仁(75)のヘアメイクを担当していた琴さんが、ゲスト出演した内山に一目ぼれ。内山は「(第一印象は)ほとんどない。後で『内山くんがタイプだという女の子がいる』と言われて会いました」。共通の知人の紹介で交際に発展した。

スポーツ報知

 

一目惚れした人 された人

 

出典: twitter

 

なんと、彼女が『一目惚れ!』。

ちょっとビックリするようなニュースです。

失礼ですが、内山信二はモテるような見た目ではありません。

でも、いつも笑顔で元気いっぱい。

以前の生意気な自分を恥じて、やり直そうと真面目に生きているところ。

人の好さがにじみ出ているような顔です。

ホッとするような笑顔、「ああ、いいなあ」と思う人、意外と多いのかもしれません。

 

大食い万歳? 雑炊の効果とは

 

 

内山信二は、ご覧のイメージ通り大食いです。

婚約者の「琴さん」には、胃袋をがっちりとつかまれたようです。

最初のデートは焼き肉。外食を好まない内山の意向で2回目のデートからは自宅に戻り、食事をした。琴さんは「ぶたしゃぶ鍋」を振る舞った。「僕はシメの前にうどんなんです。うどんでシメるのが嫌で、うどんからの雑炊が好きなんです」。独特なこだわりは誰にも理解されず、口にしなかった。だが、うどんを食べると琴さんが「シメはどうする? うどんだけじゃ嫌かな。ご飯あるよ」と聞いてきた。「分かっているなと…。もうこの子しかいないと思いました」。好きな料理はハンバーグ、ナポリタン。琴さんの手料理で愛を育んだ。

スポーツ報知

大食いで得をすること、あるんですね。

「琴さん」は、きっと内山信二の食べっぷりの良さが大好きなんでしょう。

 

相撲界?

 

「結婚」となると、次は「こども」。

内山信二は、次のようにコメントをしています。

2人とも子供好きでジュニアの誕生を心待ちにしている。「僕は子供に『親方』と呼ばせたいので、太った男の子2人くらい生まれてきてくれれば…」と内山。子役を勧めるかとの問いには「できればやってほしくないけれど、親子2代で(明石家)さんまさんにイジってもらいたいというのもある」と複雑な感情を口にした。

スポーツ報知

『親方』って…。

見たまんま、お相撲さん。

内山信二、やっぱりおもしろい人です。

 

まとめ

 

 

内山信二は、子役でデビュー、『あっぱれさんま大先生』での天然ぷりで人気を博しました。

しかし、大人からチヤホヤされ天狗に。

一時、芸能界から干されていました。

それでも、その才能を認めていたのか、『師匠』と慕っていた明石家さんまが救いの手を差し伸べました。

それ以来、心を入れ替えて頑張っていた内山信二。

自分にぴったりとくるお相手を見つけて、ついに結婚することに。

大食いの内山信二、お相手には、胃袋をがっつりと捕まえられたようです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.