とりあえずニュースを確認してみる

【内山理名】ファン感謝イベントで深紅のドレス!美しさに絶賛の声!

 
  2019/10/13
zucchi55
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55

 

2019年10月6日、女優・内山理名が所属する芸能事務所『スウィートパワー』のファン感謝イベントが行われました。

このイベントは「Sweet Power Special Event “colors”」。

『スウィートパワー』初めての試みで、会場にはファン1000人が詰めかけました。

開演前の会見に、事務所を代表する女優が8人、男性俳優が5人出席。

こんな風に人気俳優が勢ぞろいすることは、そうそうあることではありません。

そのなかでも、一番目を引いたのが、内山理名。

ファンや関係者、報道陣からも、その美しさにため息がもれました。

年齢を重ねても衰えない美しさの秘密はどこにあるのでしょうか。

 

圧巻!13人の美女とイケメン

 

 

芸能事務所『スウィートパワー』のファン感謝イベントに総勢13人の女優・俳優陣が集結。

開演前の会見で参加したファン1000人を盛り上げました。

8人の女優陣はさまざまなデザインの真っ赤なドレスを身にまとい、まぶしいばかりの美しさ。

普段、イケメンとしてテレビに登場する5人の若手男性俳優たちも、この時ばかりはまるで背景。

女優陣の美しさに飲まれているかのように見えました。

 

大人の女性の魅力

 

 

イベントに登場した女優は8人。

全員が、美しい女性です。

いろいろなデザインの真っ赤なドレスを身にまとい、それぞれ眩いばかりの姿に。

とにかく、一流芸能人のオーラがすごい!

なかでも、群を抜いていると評判だったのが、内山理名。

1998年「フロム・エー」のCMでデビューしたのが、17歳のとき。

それから時を経て、21年。

美少女から魅力的な大人の女性へと成長してきました。

この日の登場メンバーの中では最年長ですが、その美貌に衰えはありません。

いったいどうしてなのでしょうか。

 

内山理名のプロフィール

 

出典:映画.com

 

内山理名のプロフィールは次の通りです。

うちやま りな
内山 理名

生年月日:1981年11月7日(37歳)

出生地:神奈川県

身長:157 cm

血液型:O型

職業:女優

活動期間:1998年 –

ウィキペディア(Wikipedia)

ずらりと並んだ姿を見ても明らかなように、内山理名は157cmと小柄な女性です。

それでも目立ってしまうのは、20年以上も一線で活躍してきた女優としての自信がそうさせているのかもしれません。

 

デビューのきっかけ

 

 

内山理名のデビューのきっかけは、こんなことでした。

高校1年の夏休み最後の日、自宅で昼寝をしていたところへ、内山の友達から紹介されて訪ねてきた芸能事務所スタッフによってスカウトを受けた。

ウィキペディア(Wikipedia)

芸能人としてデビューするきっかけは、「タレントになりたくてオーディションを受けた」、「町を歩いていてスカウトされた」などということが多いようです。

しかし、内山理名の場合はちょっと変わっています。

お友達はきっと、「かわいいから芸能人になったらいいのに」と思っていたのでしょう。

先見の明があるのかもしれませんね。

 

鳴かず飛ばずの時代も

 

 

デビュー当初から、順調に活動してきた内山理名。

しかし、2005年あたりから、ドラマに登場する際、「ゲスト出演」という形が増えてきました。

これは、「主要キャラからは外される」ということ。

主演を重ねてきた女優さんからすると、「落ち目」とも言える状態です。

 

芸能界から消えてしまわなかった訳

 

 

こうして、少しずつ仕事が減ってきた内山理名。

こういうときに、ずるずると人気が下がり、芸能界引退という憂き目にあう芸能人は少なくありません。

しかし、そこで一念発起した内山理名は、主演女優のプライドを心の中にしまい込んだのでしょう。

単発ドラマや舞台へ出演、テレビではドキュメンタリー番組にも顔を出すように。

そうして、今までとは違う形で芸能界に生き残る方法を見つけたようです。

 

捨てなかったプライド

 

 

少しずつ人気が下降線をたどるというつらい経験をした内山理名。

しかし、めげることもなく、わき目も降らず様々な仕事をこなしてきました。

それでも、「何でもいい」的な、自分を安売りすることはしませんでした。

どんな端役でも演じましたが、作品の質は落とすことはしないという方針。

出演するのは、話題作であったり、名作であったり。

どんなことがあろうと「女優」のプライドを捨てたりはしませんでした。

 

自然と身についた美しさ

 

 

今回の所属事務所のファン感謝イベントに登場した女優陣の中で、内山理名は最年長。

しかも、主役を張る女優ではありません。

もしかしたら、端に追いやられる可能性もあります。

しかし、内山理名は堂々たるセンター。

今も事務所を代表する女優には変わりありません。

そのうえ、他の「今が旬」という女優と並んでも、負けていないどころか、一番輝いて見えました。

いったいどうしてなのか。

それは、内山理名の美しさが、「作った美しさ」ではないからです。

まとめ

 

 

内山理名には、不遇の時代も精一杯の努力で乗り越えてきた強さがあります。

その強さが、凛とした美しさに姿を変えているのです。

自分が歩んできた女優人生に自信がある、そんな美しさが簡単に負けるわけなどないのです。

ますます美しくなる内山理名、いつかもう一花咲かせる時がやってくるかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.