とりあえずニュースを確認してみる

【山本太郎】自主上映ドキュメンタリー映画出演?どこで見られる?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年7月21日に投開票された、先の参議院選挙で破竹の活躍を見せた山本太郎氏。

政治家になる為に、山本氏は2013年以降は芸能活動を行っていません。

当然、映画やTVドラマなどに出演することは無くなりました。

しかし、実は海外の映画監督が、山本氏の議員生活を追いドキュメンタリー映画を製作していたことをご存知でしたか?

  • 山本氏が俳優から政治家に転向した理由。
  • ドキュメンタリー「BEYOND THE WAVES」とはどんな作品か?
  • この映画を日本で見る方法は?

といったことについて、詳しく調べてみました。

 

山本太郎プロフィール

 

氏名:山本 太郎(やまもと たろう)
生年月日:1974年11月24日(44歳)
出身地:兵庫県宝塚市
身長:175㎝
血液型:A型
元所属事務所:ネスト→シス・カンパニー→フリーランス
現所属政党:れいわ新選組

 

1990年、テレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」というコーナーに出演したことがきっかけで芸能界デビュー。

当初は、バラエティータレントとして活躍していた。

しかし、肉体派でありながら、優しい風貌などが様々な監督に評価され、1991年以降は俳優としても数多くのドラマに出演。

2011年3月の東日本大震災による原発事故をうけて、反原発運動を開始。

反原発運動を終えてフリーランスの俳優として活動していた。

2013年、第46回衆議院議員選挙に当選し、以降、俳優の仕事からは遠ざかっている。

様々な党での議員生活や、前妻との離婚、現在の妻との結婚や出産なども経ながら、2014年には東京都知事選にも挑戦している。

その時は舛添要一氏に大敗を喫した。

2019年7月、「れいわ新選組」党首として2議席を獲得する大躍進を果たす。

 

俳優・山本太郎はなぜ、政治家になったか?!

山本太郎氏が反原発活動に熱心に参加しだしたのは、2011年3月の東日本大震災で起こった福島原発事故がきっかけです。

活動にあまりに熱心になるあまり、当時所属していた芸能事務所シス・カンパニーも辞めることになってしまいました。

そして、反原発活動によってこれまでの収入の10分の1程度にまで、収入が下がってしまったそうです。

その埋め合わせをするために、太陽光発電設備の販売や施工を手掛ける「ソーラーリフォーム社」(横浜市)に正社員として就職し、営業を担当していたこともありました。

 

そして、2012年の衆議院選や2014年の東京都知事選などに果敢に挑戦します。

しかし、2013年の参議院選挙では何とか当選。

その後は様々な政党で、独自の選挙理論で果敢に世の中を変えようとします。

 

そして2019年7月の参議院選挙で2議席獲得し、本人は落選しましたが、「れいわ新選組」の党首となりました。

こうしてみると、山本氏は初めて政治を志した当時から、一貫して「反原発」を政策として掲げてきたことがわかります。

下記添付の写真は、山本氏が2012年に青森県庁に対して、原発ゼロを求めたデモの際の写真です。

 

 

YouTubeで政治家になった理由を語る?

山本氏は、2013年7月14日に、YouTube上に「山本太郎 インタビュー完全版」という動画をアップしています。

その中で、何故、政治家として声を上げたかについて述べていました。

僕が声を上げたのは、特別なことだったんじゃないんですよ。

僕言いたかっただけなんですよ。

「芸能人もっと声あげろよ!何してんねん」って!

でも芸能界にいて原発のこと、被爆のこと、TPPのこと、言えるわけないんですよ。

いろんな気もちになりましたよ、僕やりたいことあったし。

いつか誰かが、あの作品を見て人生変わりましたって、言ってくれる様な役者になりたい。

役者として一人前になる為には、長生きしなきゃいけないんですよ。

だから声を上げたんです、生きていたいもん。

あなたは生きていたくないですか?

つまり、役者としての仕事には依然として魅力を感じていながら、今自分が声を上げなかったら、原発事故などによって長生きできるような環境ではなくなる。

そう感じた為に、山本氏は自ら政治家となって声を上げたと考えられます。

 

出典:YouTube

 

山本太郎のドキュメンタリー映画が製作されていた?!

政治家になって以来、山本氏は映画やドラマには出演しなくなっていました。

しかし、そんな山本氏を2011年から被写体として追い続けてきた外国人監督がいました。

ベルギー人監督アラン・ドゥ・アルーが山本太郎参議院議員の活動に注目し、追いかけていたのです。

 

そのドキュメンタリー映画のタイトルは「BEYOND THE WAVES」。

自主上映の映画の為、映画館で見ることは出来ませんが、現在、日本では40か所以上の場所で上映されたそうです。

 

下記添付の動画は、「BEYOND THE WAVES」の予告編です。

 

どうしたら見られるの?!

今、特に若い世代から絶大な支持を集める山本氏のドキュメンタリー映画。

どうしたら見ることが出来るのでしょう。

facebook上に上映を依頼することが出来るサイトが立ち上がっていました。

現在とても人気があり、3か月待ちなんだそう。

興味のある方は是非、下記リンクから詳細を確かめてみてはどうでしょうか?

 

https://btw.tokyo/?fbclid=IwAR181I9ltVcOsaa8pE-t1NgWYgl5OWKq9HVvDO7o3XpwDAUT3Dx1Mot5NKc

 

 

スポンサーリンク

まとめ

紆余曲折会って、それでもやっと若者から絶大な支持を集めるまでになった山本氏。

これからどの様な活動をするのか、楽しみですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.