とりあえずニュースを確認してみる

【谷村新司】が語る深夜ラジオで生まれた伝説!その中身は?

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

大物ミュージシャンの谷村新司が、2018年9月30日の

「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」(TOKYO FM)で

プロゴルファー・丸山茂樹に過去自分の深夜ラジオで起こった伝説の数々を語りました!

 

今回は、谷村新司が語った深夜ラジオの伝説の中身などについて見ていきましょう!

 

ミュージシャン・谷村新司の略歴や活躍などをご紹介!

引用元:KEEP株式会社/谷村 新司 ベスト(CD2枚組)

まず最初にミュージシャン・谷村新司のプロフィールや活動実績などを見ていきましょう!

 

氏名:谷村新司(たにむら・しんじ)

生年月日:1948年12月11日

星座:射手座

血液型:AB型

出身:大阪

代表作:いい日旅立ち/チャンピオン/昴(すばる)/群青 など

谷村新司がアーティストとしてデビューしたのは昭和46年にバンド「アリス」を堀内孝雄と結成したときでした。

「アリス」結成の翌年昭和47年には「走っておいで恋人よ」を発表し、その際に矢沢透がアリスに参加しました。

 

その後も昭和63年にウィーン交響楽団プロジェクト、国立パリ・オペラ座交響楽団などと共演を果たしたり、

海音楽学院にて教授に就任して中国の若者向けにポップカルチャーの授業を行ったりしています。

 

近年では「ココロの学校」などを短期間、「東京国際フォーラム」にて開講するなど音楽にまつわる教育活動に熱心に取り組んでいます。

谷村新司の深夜ラジオ伝説 その1「西城秀樹がリスナー!?」

引用元:谷村新司の”ライフストーリー”を彩る名曲の数々に酔う、恒例「国立劇場 …

 

谷村新司が2018年9月30日に出演した「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」(TOKYO FM)。

丸山茂樹がメインパーソナリティを行う中で、

谷村新司がメインパーソナリティを受け持っていた中で起こった深夜ラジオの伝説が披露されました。

 

当時、谷村新司が務めていたラジオ番組には一週間で5万通程度のハガキが届いていたそうです。

そのハガキたちが最後には二十枚程度に絞られていくのですが、

それらの二十枚を書いたハガキ職人の中には秋元康やとんねるずなどがいたのだとか。

 

また大人気の谷村新司の深夜ラジオのファンはたくさんいましたが、

その中には当時大人気のアイドル・西城秀樹もいたのです。

 

そんな過去を谷村新司は、

 

『西城秀樹くんも僕の番組が好きだったみたいで「今度、放送局に行っていいですか?」って言った』

『(谷村新司は)「ゲストで?」って聞いたら、「いや、ハガキ整理をしているところを横で見ていてもいいですか?」って。』

 

と西城秀樹が谷村新司の深夜ラジオのスタジオに来た経緯などを語りました。

谷村新司の深夜ラジオ伝説 その2「視聴率が今の250倍!?」

引用元:谷村新司 SHINJI TANIMURA OFFICIAL SITE

谷村新司と丸山茂樹が語った「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」(TOKYO FM)では、視聴率についての話題も登りました。

 

谷村新司が深夜ラジオパーソナリティとして活躍していた時代は、

現在よりもラジオ放送への注目度もリスナー人口も高かったようです。

 

「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」のラジオパーソナリティである丸山茂樹も、

その学生時代はラジオにかじりついてアイドルが出ているラジオ番組などを聴いていたと言います。

 

そして谷村新司による、

現在のラジオ放送の視聴率は大体「0.1%」程度。

対して谷村新司がメインパーソナリティを受け持った深夜ラジオ放送の視聴率は、なんと

 

「25%」

 

という驚異の数字を誇っていたようです。

 

他にも谷村新司は深夜ラジオで

リスナーに中之島公園(大阪府)への集合を呼びかけると1000人以上が公園に集まったという伝説

もラジオ内にて披露しました。

まとめ

今では考えられない深夜ラジオの人気を一挙に牽引して来た谷村新司。

 

アーティストとして知られていましたが、ラジオパーソナリティや音楽教育活動の代位一任者でもあったのですね。

 

これからもそんな活動を通して音楽業界を盛り上げていってほしいと思います!

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.