とりあえずニュースを確認してみる

【加藤紗里】が結婚してた?”金を稼げない男はクズ”発言で炎上?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

お騒がせタレントの加藤紗里さんが結婚したことをブログで発表しました。

加藤さんが結婚したのは2019年9月。

発表は何故か11月23日で、良い夫婦の日の翌日でした。

しかし、そのブログを発表した時期よりも、ブログの文面でした。

結婚したのは金の為、というとんでもない意見を綴っていたのです。

そこで今回は…

  • 加藤紗里の恋愛遍歴
  • 加藤紗里の結婚相手
  • 加藤紗里のブログの内容

といったことについて、詳しく調べてみました。

 

加藤紗里プロフィール

 

氏名:加藤 紗里(かとう さり)
生年月日:1990年6月19日(29歳)
出身地:広島県
血液型:O型
身長:167㎝
スリーサイズ:105-56-80
所属事務所:株式会社01familia

 

2006年、第38回「ミス日本コンテスト」で姉の茉里と共に中国・四国代表に選出される。

その後、大学に通いながら地元広島でキャンペーンガールをしていた。

大学を中退して上京。

ファッション誌「GLiA」の読者モデルを経て芸能事務所に所属。

モデルやレースクイーンを中心に活動していたが、お笑い芸人・狩野英孝とのお騒がせ恋愛後は、バラエティー番組で活躍。

2017年以降はTV出演などは激減。

2019年9月、結婚。

 

加藤紗里の恋愛遍歴とは?!

加藤紗里さんの恋愛遍歴は2016年に発覚したお笑い芸人・狩野英孝さんとの交際に遡ります。

 

一人目:狩野英孝

当時、加藤さんは狩野さんと交際関係にあったと、加藤さんは主張しています。

というのも、狩野さんは加藤さんと同時に5人もの女性と関係を持っていたと言われています。

有名な6又事件です。

その6又をされていた女性の中に、歌手の川本真琴さんも含まれていたそうです…

加藤さんと川本さんはお互いにTwitterで罵倒し合いました。

加藤さんがTVで「狩野英孝と付き合っている」と主張すると、Twitterで川本真琴が怒り出す。

という地獄絵図。

しかし、これによって加藤さんは知名度を上げることに成功しました。

 

 

二人目:TOMOROO

狩野さんと別れた加藤さんは、次にTOMOROさんという、六本木界隈で有名なプロデューサーと熱愛が発覚します。

 

https://twitter.com/TOMORO_KING6666/status/1112418933380771840?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1112418933380771840&ref_url=https%3A%2F%2Fsu-ki-da.com%2Fsari-tomoro%2F

 

このTOMOROという人物、Twitterの自己紹介欄にも次のように書いており、具体的に何の職業かは分かりません。

ウルトラ令和バブル男

ヒルズ族

ラッパー

ちょっと常人には理解できない雰囲気ですね。

そんな加藤さんとTOMOROさんは、旅行先のクアラルンプールで詐欺集団に3400万円も強奪されたことでも話題になりました。

その頃には、狩野英孝ブームもすっかり冷え切っていた為、久しぶりに加藤さんは世間を賑わせました。

相変わらず、お騒がせですね。

 

36歳不動産経営者

TOMOROさんとは2019年3月頃までは確実にお付き合いしていました。

そこからこちらの不動産経営者と恋愛関係になり、9月に結婚しました。

かなりのスピード婚と言えるでしょう。

ネットでもこの不動産経営者はどんな人物か?

特定作業が始まっている様ですが、現段階では一般人の為、詳細は分かりませんでした。

お金持ちであることは確かな様です。

因みに下記添付の写真が、加藤紗里さんが結婚報告した時にAmebaブログに添付した写真です。

これでは分かりませんね…

 

出典:wowtopi!

 

加藤紗里のとんでもない結婚観とは?!

お相手が一般の方の為、良く分からないところが多いのですが。

加藤さんは2019年9月に結婚し、11月14日にTwitterで報告しました。

 

当然、視聴者は不動産経営者であることで、「金の為に結婚した」と加藤さんを批判しました。

すると11月27日、加藤さんはとんでもない結婚観をブログに記したのです。

 

お金と結婚したとかゆって最低だとかゆってくる人たちいるけどー

ぶっちゃけそうゆうことゆう人て自分が裕福ぢゃないからでしょ?

悔しければ稼げばいいのよ。

正直男で稼げないならクズだと思います。

女はね、お腹を痛めて子供を産んだりするの。

男はお金さえ払えばいい話し。

男なら家族のため、死に物狂いで働くの。

とんでもない意見過ぎて、何から突っ込んで良いか分からない程です。

つまり、加藤さんは「養われたい」し、男性には「養うだけの甲斐性を持て」という主張の様です。

あまりにも古い考えですね。

 

しかし、コメンテーターとして活躍するフィフィさんは次のように加藤さんを擁護しました。

 

 

その後にもフィフィさんは次のように擁護します。

つまり、素直なのよ。

結婚相手には年収の条件をあげたり、玉の輿に乗りたい〜とかね、綺麗事ばかり言ってても、本音では似たような考えの女性って少なくないと思うよ。

どれだけ時代が変わっても、こうした意見は根強いのですね。

ただ、この意見が正しいとしてしまうと、逆に働きたいと考えている女性の社会進出を阻む気がするのは、筆者だけでしょうか…

 

 

スポンサーリンク

まとめ

加藤紗里さん一人のたわごとだと一蹴することも出来る話題です。

しかし、現実社会にまだこうした古い価値観を持つ人が多いとすれば…

フィフィさんが指摘した通り、加藤さんが素直だっただけに、人間の根源的な問題であるとも思うのですが。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.