とりあえずニュースを確認してみる

【坂口健太郎】弁護士役で主演ドラマ決定!しかし既に不安の種が…

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

俳優の坂口健太郎さんが、2019年1月期の新ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」で主演を務めることが分かりました。しかし、まだ放送開始されてもいないのに、既に「コケそう」と不安がられています。

その理由は、坂口さんが過去に主演したドラマの視聴率に関係が?

そして何より、このドラマには強力すぎるライバルの存在が?

どういうことか調べてみました。

 

坂口健太郎プロフィール

出典:D-NEWS

 

氏名:坂口 健太郎(さかぐち けんたろう)
生年月日:1991年7月11日(27歳)
出身地:東京都
血液型:O型
身長:183㎝
所属事務所:トライストーン・エンターテイメント

 

2010年、19歳のとき、自ら応募した第25回「MEN’S NON-NO モデルオーディション」に合格し芸能界入り。

2015年10月、TBS系ドラマ「コウノドリ」で連続ドラマ初出演。

2017年6月9日発売の「MEN’S NON-NO」7月号で、7年活動してきた専属モデルを卒業。

2018年4月、フジテレビ系「シグナル 長期未解決事件捜査班」で連続ドラマ初主演

 

坂口健太郎の新ドラマとは?!

坂口さんが主演を務める、2019年1月スタートの「イノセンス 冤罪弁護士」。

坂口さんが演じるのは科学を武器に冤罪を晴らしていく弁護士・黒川拓。

一話完結の構成になっているので、視聴者としても分かりやすい。

主役の坂口さん以外にも、新米弁護士・和倉楓役の川口春奈さん。

そして、拓の学生時代の先輩で科学者である恭一郎役に藤木直人さん。

人気俳優を起用し、最近多くなっている弁護士を題材とした今回のドラマ。

さぞ、視聴率も期待できると思ったのですが、放送前から既に不安の種が…。

 

 

視聴率の取れない役者ぞろい?!

坂口さんの連ドラ主演2作目として、華々しく始まるはずだった本作。

しかし、放送が始まってもいないのに、既に低視聴率を噂する声が…。

不安材料がいくつかありますので、見ていきましょう。

 

坂口健太郎は低視聴率男?!

坂口さんが初めて連続ドラマで主演をしたのは、2018年4月期のフジテレビ系ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」でした。

「視聴率が取れる」とテレビ業界では言われている事件モノで、平均視聴率7.7%と大コケ。

韓国でヒットしたドラマのリメーク版だったこともあり、フジテレビとしてはもう少し数字が欲しかったそう。

さらに、坂口さんより、脇役で出ていた北村一輝の演技が素晴らしかったという声が多かったそうです。

 

ネットでも既に酷評??

視聴率が取れなくても、内容の良いドラマは沢山あります。

今回もそうなればよいのですが、ネットの意見は辛辣でした。

  • 主演の器じゃない
  • すでにブームは過ぎてる
  • 嫌いじゃないけど、主役って感じじゃない
  • 主役じゃなくて脇で輝くタイプ
  • もうキラキラしてないよね?
  • 塩顔ブームを牽引してきたけど、もう旬は過ぎてる

坂口さんばかりが矢面に立っている様ですが、他のキャストにも不安材料はあるらしく…。

 

 

ヒロインは低視聴率女王”川口春奈”??

川口春奈さんも、視聴率が望める女優さんとは言いがたいところがあります。

2017年、福士蒼汰主演の日テレ系ドラマ「愛してたって、秘密はある」にヒロイン役で出演しましたが、平均視聴率8.6%と2ケタ台に届かなかったという実績があるからです。

さらに、2013年の主演TBS系ドラマ「夫のカノジョ」に至っては、今世紀に入ってからの民放連ドラ最低視聴率3.0%を記録し、たったの8話でドラマが打ち切りになるという不名誉な伝説を残しているからです。

 

川口さんにもネットの酷評??

主演の坂口さんだけでなく、ヒロインの川口さんにもかなり辛辣なコメントが飛び交っています。

  • 川口春菜が出てるドラマはコケてるイメージしかない
  • 川口は視聴率持ってないよ

主役もヒロインも酷評されて、このドラマは大丈夫なのでしょうか??

 

 

強力なライバルに勝てるのか?!

2019年1月期は、坂口さんのドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」だけでなく、他にも2作の弁護士ドラマが放送されます。

その2作とも、話題性十分で、視聴率の点でその2作品と比較されるのは目に見えています。

2018年10月期でも、織田裕二さん主演のフジテレビ系ドラマ「SUIT」と米倉涼子さん主演のテレ朝系ドラマ「リーガルV」はかなり比較されたからです。

出典:AERA.dot

 

竹内結子主演「スキャンダル専門弁護士QUEEN」

対するフジテレビは、竹内結子さんを主演に据えた弁護士ドラマを放送します。

竹内さんが演じるのは情報を操作し裏で社会を動かすスピン・ドクター。

大手の法律事務所に勤める弁護士で、専門は危機管理。

パワハラ、セクハラ、名誉毀損、損害賠償をはじめとする多様なスキャンダルや社会的トラブルの裏側で争う弁護士だそうです。

民放の連ドラ主演は、2013年の日テレ系ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」以来、6年ぶり。

竹内さんもさぞ、気合が入っていることでしょう。

 

 

常盤貴子主演「グッドワイフ」

対してTBSは、日曜ドラマ枠に常盤貴子さんを起用しました。

原作は、アメリカで2009年から7年間にわたって放送され、エミー賞やゴールデングローブ賞にも輝いた「The Good Wife」。

出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦となったが、ある日、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕され、女性スキャンダルまで発覚。

家族を守るために、16年ぶりに弁護士として復帰し、世間の好奇の目と闘う。

という、坂口さんのドラマとも、竹内さんのドラマとも違った弁護士です。

常盤さんの民放ドラマ主演は2002年にフジテレビで放送された「ロング・ラブレター 漂流教室」以来、なんと17年ぶり。

17年ぶりの常盤さん、という目玉もありますが、それ以上に今回のドラマは盤石な様です。

特に海外ドラマのリメークは、ある程度の視聴率が見込めるので大コケしないという安心感もある

と、あるテレビ誌のライターが証言しています。

こちらも坂口さんにとってはかなりの強敵になりそうですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

最近の弁護士をテーマにしたリーガルドラマはどのテレビ局も参入したいのでしょう。

まさかフジテレビ、TBS、日本テレビの3つ巴の対決になるとは!!

強力なライバルが多いこともあり、坂口さんはこの戦いに勝てるのでしょうか?!

2019年1月の「イノセンス 冤罪弁護士」放送開始が今から楽しみです!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.