とりあえずニュースを確認してみる

【篠原涼子】映画出演の決め手は夫・市村正親の助言?!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

女優の篠原涼子さんが主演を務める、東野圭吾原作の映画「人魚の眠る家」が2018年11月16日に公開されます。

今回、篠原さんが演じる役は、かなりの難役で、篠原さんもこの役を受けるかどうか悩んだそうですが夫である市村正親さんの助言もあり、出演を決意したそうです。

数か月前には、別居報道も出ていた篠原さん・市村さん夫婦でしたが、何故、打って変わって、市村さんは篠原さんの仕事を応援するようになったのでしょうか?

今回の映画「人魚の眠る家」のあらすじも含めて、調べてみました。

 

「人魚の眠る家」あらすじ

本作は、「究極の愛の形に日本中が涙する、衝撃と感動のミステリー大作」と言われています。東野圭吾氏が、デビュー30周年を記念して執筆したという作品とは、いったいどのような内容なのでしょうか?

2人の子を持つ薩摩薫子(篠原さん)と、IT系機器メーカー社長の和昌(西島秀俊さん)は、娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束していた。ある日、娘がプールで溺れ、意識不明になったと知らせが届く。このまま回復の見込みはなく眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく…。

意識不明になり、回復の見込みのない娘を、脳死と判断するか、それとも奇跡が起こることを待つのか、という難しい役に挑戦した篠原さん。

依頼があった当初は、出演するか悩んだそうです。

しかし、夫・市村正親さんの助言もあり、篠原さんはこの役を受けることを決めました。

一見、とても美しい夫婦愛の様に見えますが、篠原さん夫婦は2018年夏頃には、週刊誌各社は、”別居”や”離婚秒読み”などとお2人のことを報じたばかりです。

本当に市村さんは、篠原さんがこの役を受けることに賛成だったのでしょうか?

出典:CINRA.NET

 

実は”離婚秒読み”と言われていた??

オシドリ夫婦として有名だった篠原さん夫妻。

ですが、2018年の夏ごろからは週刊誌各社が、篠原さんと市村さんの離婚危機について報道しています。

女性セブン

篠原は深夜に知人らと飲み会を開き、市村について「私のしている仕事を分かって欲しいの」「私のことをわかってほしい」などと話していたという。市村を知る関係者は語る。

この報道に代表されるように、篠原さんが最近、「夜遊びが激しい」とか、「共演男性と深夜まで飲んでいた」といった報道が多数、出回りました。

更に、別の週刊誌は違う見方をしています。

日刊ゲンダイ

市村が子育てに対し”非常に厳格”で、篠原に「君が仕事をするのは決して止めやしない。しかし、最優先するのはあくまで子育てであって、仕事が先に来ることは許せない!」とクギを刺していた。篠原の稽古などで家族団らんの時間が無くなったことが、関係悪化の原因だと推測していた。

しかし、こうした”離婚危機”報道に否定的な週刊誌も存在していました。

夕刊フジ

篠原さんの酒好きは今に始まったことではないし、夫の市村さんもある程度は理解しているでしょう。それに、篠原さんのお子さんはまだ小さいですし、このタイミングで離婚というのも考えにくい。

この様に、篠原さんが離婚危機にあると報じる週刊誌もあれば、離婚危機には否定的な週刊誌も存在します。

そうなれば、「今回の映画は市村さんが背中を押してくれた」という篠原さんの言葉は、一連の離婚報道を否定するために意図的にされたものとも考えられますが‥‥。

スポンサーリンク

市村さんはどの様に背中を押したのか?

そんな篠原さん夫妻ですが、2018年10月29日に開催された、『人魚の眠る家』ワールドプレミアで篠原さんは、

(オファーを貰った当初は出演するか迷っていたが)

「最後は主人が背中を押してくださった」と明かしました。

原作を読んでいたという市村さんは、

「こんなに素晴らしい作品は読んだことがない。やらないのは損だよ」と助言したそうです。

篠原さんは、その一言で心が揺れ動いた。ちょっとやってみようと思った」と振り返り、市村さんに感謝していました。

 

出典:NEWS.cafe

まとめ

様々な報道がされており、篠原さん夫婦が本当にオシドリ夫婦なのかどうかは、分かりませんでした。

しかし、夫婦である前に、俳優同士であることを考えれば、

原作の素晴らしさに気づいていた市村さんが、

同志である篠原さんに、「こんなに素晴らしい作品をやらないのはもったいない」とアドバイスしていたとすれば、

俳優の大先輩・市村正親の言葉を信じて、難役に挑んでみようと篠原さんが決意したことも十分、考えられますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.