とりあえずニュースを確認してみる

【ローラ】が辺野古移設反対の署名運動?CM契約に影響は?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

タレントのローラさんが沖縄辺野古への米軍基地移設に反対する為の署名運動を行っていると話題です。

芸能人が政治的発言をすることには賛否両論ありました。

ローラさんの行った署名運動とは?

今後のローラさんのお仕事に影響は無いのか?

詳しく調べてみました。

 

ローラのプロフィール

 

芸名:ローラ
本名:佐藤 えり(さとう えり)
生年月日:1990年3月30日(28歳)
出身地:東京都
身長:165㎝
所属事務所:LIBERA
家族:バングラデシュ人の父、日本人とロシア人のクォーターの母

 

高校時代に渋谷でスカウトを受けてモデル活動を開始。

2007年、ファッション雑誌「popteen」の読者モデルとなる。

2008年、ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルとなる。

2010年、本格的にタレント業開始。

2015年、映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」に出演。

2017年、所属事務所LIBERAとトラブル発覚。

2018年、LIBERAと和解。

 

ローラはもうタレントじゃない?!

ローラさんが、いわゆる”おバカキャラ”として人気だったのは2012年頃。

その後、2015年に映画「バイオハザード」で海外進出を図ると、あっという間にキャラクターが変わってしまいました。

今ではインスタグラムのフォロワーが525万人もいるインフルエンサー。

ローラさんのインスタの自己紹介の欄を見ると「起業家」と書いてありました。

モデルでもなく、タレントでもなく、起業家です。

ローラさんは”自分はタレントではない”と認識しているのかも知れません。

インスタグラムを通して、世界に意見を発信するという意思が感じられます。

その意識の表れなのか、ローラさんはこのところ、様々な啓蒙活動に積極的です。

 

出典:Real Sound

 

保護犬・保護猫を守るプロジェクト開始?

2018年、ローラさんは保護犬・保護猫を幸せにするプロジェクト「UNI project」を開始しました。

活動内容は、全国の保護犬・保護猫の写真を「UNI project」ホームページで管理し、里親探しの手伝いをするというもの。

このプロジェクトを開始する際に、ローラさんは次のように語っています。

アメリカで生活するようになって、ロサンゼルスでは保護犬・保護猫をペットにすることが当たり前になっていることに驚きました。(中略)

SNSの力もかりて、たくさんの人に伝えて、行動に起こしてそれを続けることがわたしにできることかなと思ったからです。

重たくではなく、ハッピーに伝えていけたらいいなと思います。

幸せになる子をたくさんみんなで増やしましょう!

この活動は、ローラさんには金銭的見返りはありません。

あくまでも、ローラさんが自発的に世の中を良くしたいという意識から、自らの知名度を利用したのです。

更に、ローラさんのインスタグラムの文章も、これまでとは違ったものになってきました。

 

 

インスタで環境保護を語る?!

テレビでの露出が減ったローラさんは、インスタを通して様々な問題提起をしています。

環境問題にも関心を持ったらしく、2018年11月13日には次のような文章を投稿しています。

日本は世界で1番ゴミを出している国で3番目に木材を使用している国なの。

日本で年間280億の割り箸が使い捨てされているのをマイ箸に変えたり、エコバッグを持ったり、過剰な包装をお断りしたり、牛肉を食べない日を作ってみたり、再生紙のティッシュや紙などを使うなど消費をする私達一人一人の意識をみんなで変えていこう。

こうした文章を頻繁にインスタグラムにあげるようになったローラさん。

タレントというより、環境活動家の様になってしまいました。

そして、12月18日には、これまでで最もリスクの高い発言をインスタのストーリーでしたのです。

 

 

米軍基地建設反対の署名運動開始?

12月18日、ローラさんは「辺野古移設反対」をアメリカ政府に請願するための署名運動を開始しました。

インスタグラムのストーリーで次のように呼びかけました。

We the people Okinawa で検索してみて。

美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。

名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう。

10万人集まればアメリカ政府に請願することが出来るところ、19日には12万人もの署名が集まりました。

この活動について、インスタのコメント欄は賛否両論でした。

賛成の意見は以下の様です。

  • 環境や政治を自分の事として捉え、意見を言う日本の有名人は貴重
  • ローラさん叩かれても発言する勇気素敵です

反対の意見もかなり多かったです。

  • 辺野古基地移設に反対して、常に危険に晒されてる普天間の住民はどうなるの?
  • 移設反対→普天間固定賛成ってこと?
  • 貴女みたいな無駄に影響力のある人が直情的に政治問題に頭を突っ込んでも迷惑なだけ。

この問題について取り上げられることで、ローラさんのお仕事に影響は無いのでしょうか?

 

 

ローラの仕事が減る可能性は??

ローラさんは現在も数多くのCMに出演中です。

こうした発言によって、CM契約が打ち切られることはあり得るのでしょうか?

J-CASTニュース編集部は以下の様に見ています。

政治的発言により新規案件の獲得は難しくなるかもしれないが、既存のCMへの出演は契約期限を満了するまでは出演は可能であるため、複数の案件が一挙に失われるという可能性は低い。

となれば、ローラさんの今回の発言は、吉と転じる可能性もある。

つまり、今回の発言でローラさんのCM出演などの仕事が大幅に減少することはなさそう、ということです。

ローラさんのファンは一安心ですね。

 

出典:pumpkin

スポンサーリンク

まとめ

ローラさんのお仕事が減ることは無いかもしれません。

しかし、芸能人は政治家ではないので、こうした発言をすることが正しいのか?という議論は残りそうです。

InstagramやTwitterなど、芸能人が発言出来る機会は増えていますから、今後もこうしたことがあるかも知れませんね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.