とりあえずニュースを確認してみる

【大泉洋】主演映画のおすすめはこれ!人気No.1はやっぱりあれ!!

 
zucchi55
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55

最近、ドラマに映画にバラエティーによく見かける大泉洋。

 

北海道のローカル番組での活躍から人気に火がついて、東京進出。

即・人気者になった俳優さんです。

芸歴は長く、数々の映画に出演している大泉洋。

その中でおすすめの作品をジャンルごとに紹介します。

 

大泉洋って何もの?

 

 

大泉洋は、2004年までは主に北海道を拠点に活動。

北海道のローカル番組『水曜どうでしょう』がおもしろいと評判に。

その出演者である大泉洋にスポットライトが当たりました。

すると、印象的な髪形と軽快なトークで、瞬く間に全国的な人気に。

独特のキャラクターでバラエティー番組での活躍が目立ちますが、職業は俳優です。

 

大泉洋のプロフィール

 

 

大泉洋のプロフィールは次の通りです。

本名:大泉 洋
生年月日:1973年4月3日(45歳)
出生地:北海道江別市大麻
身長:178 cm
血液型:B型
職業:俳優・タレント・声優
活動期間:1995年 –
配偶者:中島久美子(2009年 – )
事務所:CREATIVE OFFICE CUE

父は北海道高等盲学校などの校長を歴任した教員であった。

母は中学校教師で旭川市出身。

札幌市立真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、大学を受験するも2浪し、1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学。

ウィキペディア(Wikipedia)

なんと、ご両親はどちらも教師。

でも、ご本人は志望校には入れなかったようです。

かなり落ち込んだとのこと。

しかし、この大学時代に演劇研究会に入ったことが、のちに俳優になることにつながりました。

今思えば、こういう運命だったのかもしれませんね。

 

俳優になる気はなかった?

 

 

マルチな才能を発揮し、ドラマに映画にバラエティーにCMに引っ張りだこの大泉洋。

「天職か!?」とも思えるような生き生きとした魅力にあふれています。

ところが、実は大泉洋、俳優になりたかったわけではないらしいのです。

本当になりたかったのは、ご両親のような教師。

大学時代に高等学校地理歴史の教育職員免許状を取得しています。

でも、当時は就職難の時代。

「とりあえず目の前にあるテレビの仕事や劇団の活動をやっておこう」というノリで芸能界へ。

 

それが、今や大人気の俳優に。

ホント、人生ってわからないものです。

 

スポンサーリンク

 

おおすめ映画はこれ!

 

 

大泉洋は、かなり多くの作品に出演。

そのジャンルも多岐にわたっています。

では、それぞれのジャンルごとにおすすめの作品を紹介していきましょう。

 

コメディ

 

『アフタースクール』

映画.com

2008年公開、大泉洋はパッとしない教師役。

共演者は、佐々木蔵之介・堺雅人・常盤貴子・田畑智子・伊武雅刀。

30代になった同級生たちそれぞれの“大人のアフタースクール”を描いています。

ラストが予想できない複雑なストーリー。

当時まだ無名だったムロツヨシがチョイ役で出てたりも。

 

アクション

 

『探偵はBERにいる』シリーズ

第1作『探偵はBARにいる』は、2011年9月公開。

共演は、松田龍平・小雪・西田敏行・田口トモロヲ。

公開から2日間で興行収入約1億7,000万円、動員12万8,800人を記録しました。

映画観客動員ランキングで初登場1位。

最終興行収入は、12億2,000万円という大ヒット作になりました。

特に、大泉洋の出身地・北海道での盛り上がりがすごく、首都圏の主要劇場を上回る集客数となった劇場も!

続いて、第2作『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は、2013年5月に公開されました。

共演は、松田龍平・尾野真千子・渡部篤郎・田口トモロヲ。

公開初週の週末国内興行動員ランキング(興行通信社調べ)では初登場2位。

最終的には、興行収入8.9億円と、前作には及ばなかったもののヒット作に。

第3作『探偵はBARにいる3』は、2017年12月に公開。

共演は、松田龍平・北川景子・前田敦子・リリーフランキー・田口トモロヲ。

公開後3日間で動員数は16万7529人、興行収入が2億771万7200円でした。

最終興行収入は、6億6,000万円。

大ヒットとはいえないまでも、まずまず。

シリーズ物は段々と人気が下降線を描くのはよくあることです。

まあ、第4作の製作はなさそうですね。

 

『アイアムアヒーロー』

映画.com

2015年4月公開。

共演者は、有村架純・長澤まさみ・吉沢悠・岡田義徳・片瀬那奈。

花沢健吾の人気漫画が原作のパニックホラー映画です。

突然広まった原因不明のウイルス感染によってパニック状態になった街。

冴えない漫画アシスタントの大泉洋が、生き残るためのバトルを繰り広げるパニック物のアクション映画です。

 

 

ファンタジー

 

『トワイライト ささらさや』

映画.com

2014年公開のヒューマンファンタジー映画です。

共演者は、新垣結衣・つるの剛士・寺田心・石橋凌・富司純子・小松政夫。

公開2日間で観客動員数8万2,140人で初登場1位を記録した大ヒット映画となりました。

交通事故で夫を失った主人公が、幼い子供を抱えて懸命に生きていく物語。

何度もトラブルに巻き込まれるが、その度に不思議な出来事が起こり、彼女を助けることに。

実は、その不思議な出来事は亡くなった夫が妻と子供を助けるために、他人の体に乗り移って起こしたことだったというストーリー。

大泉洋は、その事故死した夫を演じています。

ただの荒唐無稽な物語ではなく、夫婦愛に親子愛を織り交ぜたヒューマン・ファンタジーです。

涙なしには見られない名作といえるでしょう。

 

『青天の霹靂』

映画.com

人気お笑い芸人でありながら、俳優としても作家としてもマルチな才能を持つ劇団ひとりの描きおろし小説が原作。

ヒューマンドラマですが、タイムスリップを扱ったSFファンタジー作品でもあります。

大泉洋が演じるのは、さえない中年マジシャン。

40年前にタイムスリップして、同じマジシャンであった若き日の父と出会い、コンビを組むことになります。

むずかしい役柄を演じることはもちろん、4ヶ月間、猛練習をしたというマジックの腕前も素晴らしい出来栄えです。

共演者は、原作者でもある劇団ひとり・柴咲コウ・笹野隆・風間杜夫・柄本佑。

 

ヒューマンドラマ

 

『駆込み女と駆出し男』

 

2015年5月公開の時代劇。

原作は、井上ひさしの小説『東慶寺花だより』。

江戸時代「縁切寺」と幕府から公認されていた神奈川県鎌倉市の東慶寺を舞台にした物語です。

大泉洋が演じているのは、駆け込み女たちの話を聞いてあげる御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の医者見習い・信次郎。

共演は、戸田恵梨香・満島ひかり・内山理名・キムラ緑子・北村有起哉・中村嘉葎雄・樹木希林。

早い言い回しのセリフで、時代劇としては異例のスピーディな展開。

 

数多くの男女の愛憎劇が盛り込まれていて、見どころの多い作品です。

名優ぞろいのキャストの中にあっても、やはり大泉洋の演技は秀逸。

当たり役ともいえそうな出来栄えです。

 

『焼肉ドラゴン』

映画.com

公開は2018年。

舞台は、高度経済成長期の1970年代の関西。

焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む一家の3姉妹が主役のヒューマンドラマ。

大泉洋は、長女の幼なじみ役で出演しています。

3姉妹の長女に真木よう子、次女は井上真央、三女は桜庭ななみ。

ここ最近、ブレイクの兆しを見せている、注目の俳優・大谷亮平が脇役で出演しています。

 

ラブストーリー

『恋は雨上がりのように』

映画.com

2018年5月公開のラブストーリー。

原作は、眉月じゅんによる漫画。

海辺の街を舞台に、年上の男性に想いを寄せる女子高生の恋の物語です。

28歳という年齢の差を越えて、心を通わせていくふたりの姿を繊細に描いた秀作。

大泉洋が演じるのは、主人公が想いを寄せるファミレス店長のさえない中年男。

 

共演者は、小松菜奈・清野菜名・松本穂香。

カメレオン俳優ともいわれる大泉洋。

ラブストーリーも見事に演じ切っています。

 

まとめ

 

北の大地、北海道から彗星のごとく現れた大泉洋。

 

その独特なキャラクターで、マルチな魅力に驚かされることが多い俳優さんです。

大泉洋は、これまでの俳優人生で多くの映画に出演しています。

もちろん、おすすめの作品は数多くあります。

しかし、その全部を紹介するのは不可能。

多岐にわたるその作品を分類してそれぞれ悩みに悩んでいくつかご紹介しました。

その中でも、人気No.は、『探偵はBARにいる』シリーズ。

大泉洋演じる探偵の「俺」と松田龍平演じる「高田」のコンビがカッコいい、ハードボイルド映画です。

もちろん、それ以外にも必見の映画が数多くあります。

この記事で紹介した作品を入門編として、大泉洋の世界にどっぷりとはまってみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.