とりあえずニュースを確認してみる

フリーアナウンサー【大橋未歩】の脳梗塞闘病にSNS上が感動の声!

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

2017年12月にテレビ東京を退社し、

現在はフリーライターとして活躍している大橋未歩が

脳梗塞との闘病生活についてインタビューで語りました!!

 

大橋未歩が語った脳梗塞との闘病生活から気づいたこと

「大橋未歩」の画像検索結果

引用元:テレ東大橋未歩アナ>また格差婚?相手は「綾野剛似」? – 昨年末に再婚 …

2017年12月に東京テレビを退社して以来、8ヶ月間、脳梗塞との闘病生活を送った大橋未歩。

その生活の中で気づいたことを、今回インタビューで語りました。

 

大橋未歩はその闘病生活で価値観が変わったと語ります。

 

驚いたのは、価値観の変化だった。

「いつ死ぬか分からないものなんだなって。

もっと自分の言葉で発信したいって思うようになりました」

勤めていたテレビ東京も仕事も大好きだった。

ただ、局に所属するアナウンサーの主な仕事は、台本の内容を正確に伝えること。

その枠を超えてみたくなった。視聴率も、以前ほど大切に思えない自分が苦しかった。

優先順位があまりに明確になり、戸惑った。

引用元:<フリーアナウンサー・大橋未歩さん>突然の脳梗塞、「らいじょうぶ」ろれつ回らず記憶も断片的…(読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース

重病に侵された人の多くが

「いつ死ぬかわからないから今を思いっきり生きよう」

と考えるそうですが、大橋未歩も生死をさまよった経験からそのように考えるようになったのですね。

 

私たちも見習いたい価値観の変化です。

大橋未歩が脳梗塞を発症した時の話

「大橋未歩」の画像検索結果

引用元:大橋未歩アナ衝撃告白 10歳年下夫からの呼び名は「おばさん、母ちゃん …

また今回のインタビューでは、これまでなかなか語られることのなかった

「大橋未歩が脳梗塞を発症した時の話」も語ってくれました。

 

感覚がない。自分の左手なのに、マネキンの手を触っているよう――。

2013年1月の夜、寝支度をしようと洗面所に立った。

何かおかしいとは思ったが、そのまま洗顔クリームに手を伸ばした。

つかみ損ねて床に散乱した。片付けようとして倒れた。

異変に気付いた家族が助けに来てくれた。救急車を呼ぼうとしている。

でも、大ごとにはしたくない。

「らいじょうぶ」

ろれつが回らず「大丈夫」と言えない。記憶はそこから断片的でしかない。

15分ほどして、急に意識は明瞭になった。体も自由に動いた。

「何だったんだろう」。到着した救急病院でCT(コンピューター断層撮影法)で診察した。

異常なことは何も映っていない。症状を説明すると、改めて脳の精密検査を受けるよう勧められた。
翌々日にMRI(磁気共鳴画像装置)の検査室から出ると、車いすが用意されていた。

4か所の脳 梗塞こうそく があると告げられ、絶対安静を指示された。

引用元:<フリーアナウンサー・大橋未歩さん>突然の脳梗塞、「らいじょうぶ」ろれつ回らず記憶も断片的…(読売新聞(ヨミドクター)) – Yahoo!ニュース

これはいよいよ大橋未歩が脳梗塞の症状が本格的に出てきた時の話ですが、

それ以前にも体温が上がったり下がったりするなどの症状があったそうです。

 

売れっ子の看板アナウンサーとして期待され続けたアナウンサーの大橋未歩は、

それでもなかなか仕事を休むことができず仕事を続けた結果、

ここまで脳梗塞の症状が重くなってしまったのでしょう。

 

大橋未歩がここまで脳梗塞が発症した際の時のことを生々しく克明に語ったのは、おそらく初めてです。

 

読者側としても脳梗塞が非常に恐ろしい病気なのだということが分かります。

大橋未歩の脳梗塞との闘病生活に対するSNS上の声

「大橋未歩」の画像検索結果

引用元:画像 : 大橋未歩アナウンサーに癒される女性が急増中!! – NAVER まとめ

このインタビューを受けてSNS上では「感動した」「泣いた」と話題を呼んでいます。

Twitterでのみんなのつぶやきをご紹介します。

 

このように大橋未歩が闘病する姿を見て勇気付けられる人や、応援する人がとても多いようです。

 

病気になったことは本人にとってとても大変なことだったに間違いありませんが、

大橋未歩が脳梗塞と闘う姿は確かに見ていて励まされるように感じます。

 

まとめ

闘病生活中に年下男性と再婚したことなどで一時期、批判されていた大橋未歩でしたが、

現在は応援者が続々と増えているようです。

 

上記にも引用した通り、

「いつ死ぬかわからないから、一生懸命今を生きよう」

というのは私たちにも当てはまる言葉。

 

私たちも彼女の姿から見習うことがたくさんありそうです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.