とりあえずニュースを確認してみる

【岡田将生】圧巻の演技で視聴者を魅了!その素顔はいじられキャラ!?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

落語の名人役で主演する岡田将生さんが圧巻の演目を披露するNHKドラマ10『昭和元禄落語心中』が好評です。

 

満足度ポイント急上昇中!

 

柳家喬太郎師匠が監修する劇中の岡田さんの落語。

週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』によるドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」には、賞賛の声が続々と寄せられています。

多くの落語ファンをいい意味で驚かせており、同作の満足度ポイントも急上昇中!

初回の満足度は37Pt(100Pt満点)と決して高くなかったこの作品。

しかし第2回の放送後、76Ptと急上昇!

第3回でも78Ptとさらにポイントアップしています。

今期連ドラの初回満足度ランキングでは、1位『下町ロケット』(TBS系)が90Pt10位の『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)は62Ptであることから、『昭和元禄落語心中』が第2回から一気に視聴者の高い支持を獲得していることがわかります。

 

落語ブームの再来を予感

 

同作は、漫画家・雲田はるこ氏の累計200万部突破する人気コミック『昭和元禄落語心中』が原作

昭和の初期、落語の大名跡である「八雲」を襲名した前座名「菊比古」を主人公に、戦争の時代の落語家たちの生き様、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛と嫉妬、別れ、そして無二の親友であり同期入門の落語の天才・助六の事故死を巡る不可解な謎が描かれている作品です。

脚本は連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介氏、演出は映画監督のタナダユキ氏が手がける同ドラマ。

落語ファンだけでなく、ドラマファンも魅了する濃厚にして豊穣なヒューマンドラマになっていると注目を集めています。

 

岡田将生の落語が凄いと話題!

 

満足度の項目のなかで、初回以降、高ポイントを維持しながら伸びているのが「主演」項目でした。

落語家の名人を演じる岡田さんの威風堂々とした圧巻の落語に惹きつけられた視聴者が多かったためだと思われます。

番組後は「岡田君の落語がすごい。落語シーンが楽しめる」(50代女性/東京)、「予想外に落語がよかった。いい意味で期待を裏切ってくれた」(40代男性/東京)、「岡田将生の新境地を見届けたい」(40代女性/埼玉)、「密度が濃くておもしろい、登場人物たちの関係性に注目している」(50代男性/大阪)といった声が数多く寄せられていました。

岡田さんは今作のオファーを受けたときに「生半可な気持ちではできない」と出演を迷ったことを明かしています。

しかし、「落語を知り、落語を愛さないとできない役」であることを承知のうえで、「やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したい」と決意。

落語の稽古に必死に打ち込んでいたといいます。

そんな覚悟と努力が実を結んだ名演は、落語ファンをも驚かせる出来栄えとなり、奥行きのある人間ドラマとして見事に成立させることで、視聴者の心をしっかりとつかんでいます。

岡田さんは本作を通して「落語を知れば知るほど好きになっています」と語っており、そんな本人の気持ちも役柄とシンクロし、画面に映し出されているのかもしれませんね。

 

続きが気になる物語性

 

岡田さんの演技が評価される一方、その物語性や作品の落語への向き合い方が好評です。

「原作を読んでストーリーは知っているけど、ドラマはまた違うおもしろさがある。毎週観たくなる内容になっていて楽しみ」(30代女性/埼玉)、「謎めいていて力のあるストーリー。とても先が気になる」(40代男性/滋賀)、「落語ファンですが、毎回見入ってしまう。もっと落語シーンを長く観てみたい」(40代女性/神奈川)、「落語を真剣に扱っていることを評価したい」(50代男性/千葉)などの意見が。

ドラマのテーマやストーリー性、キャストの演技などを総合した、作品そのものの力強さを感じている視聴者が多いように思われます。

ドラマは全10回

後半はサスペンスフルな展開に入っていくそう。

岡田さんの名人並の落語とともにその世界を生き抜いた落語家たちの怒涛の人間ドラマを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

 

素顔はいじられキャラ!?

名前:岡田将生(おかだ・まさき)
本名:非公表
生年月日:1989年8月15日
血液型:AB型
出身地:東京都
身長:180cm
デビュー:2006年
中学校:芝浦工業大学中学校
高校:芝浦工業大学高等学校→クラーク記念国際高等学校
大学:亜細亜大学中退

スターダストプロモーションの面接を受け芸能界に入った岡田さん。

当時は高校生であり、学校では芸能活動が禁止されていたため高校を転校し芸能活動が認められている学校に行ったそうです。

その後はすぐに日本工学院専門学校のCMでデビューするとあの男の子は誰?と話題に!

その翌年にはドラマ「イケメンパラダイス」のメインキャストとして小栗旬さんや水嶋ヒロさん、堀北真希さんといった豪華メンバーと共演しています。

また、2009年には最優秀新人賞を受賞しており、現在では映画にドラマに引っ張りだこの俳優へと成長しています。

またバラエティにも数多くゲスト出演!

今月4日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にも登場していました。

過去、同番組にゲスト出演した際、イケメンキャラを崩壊させるような言動が多かった岡田さん。

共演の東野幸治さんからは番組開始早々、「今日は頼むよ!」とハッパを掛けられていました。

「どういうことですか?」と岡田さんが天然な返しをすると、東野さんは「今日は、カッコイイ岡田君で終わって」とリクエスト。

「もちろんです、もちろんです、そのつもりで来ています!」と自信ありげに答えた岡田さん。

しかし早速司会の宮迫博之さんから衣装をイジられると、「待って、こんなに服でイジられたらもうダメ!」と声を高くしながら、困った顔で抗議しスタジオを笑わせていました。

出典:music.jp

 

小学生にもいじられる!?

 

その後番組が進行し、岡田さんは自分の家の近所に住む小学生たちとの“触れ合い”エピソードを披露。

以前に同番組に出演して、イケメンキャラが一気に崩壊してしまったせいで小学生からもイジられるようになってしまったと嘆いていました。

そのエピソードとは、車に乗っていて、車庫のシャッターが開くのを待っている間に小学生たちに気付かれてしまったところから始まります。

その時のテンパってしまった様子を「『岡田、岡田、岡田』『出てこい、出てこい、出てこい』って。でもその時に限って、シャッターが全然開かなくて、『もうやめて! シーシー』みたいな」と身ぶり手ぶりで再現していた岡田さん。

「小学校の登下校の時間は、外出ないって決めたんです」と最後に告白し、笑いを誘っていました。

番組後のSNSにも「登場時から出演者に弄られる将生君が、面白くて可愛い」「小学生達にいじられる岡田将生おもろいw」などのコメントが数多く寄せられていたそうです。

 

いじられキャラ再び!?

 

ドラマではシリアスな演技をし、イケメンぶりを発揮!

しかしその素顔はいじられキャラの岡田さん。

今度放送される「嵐にしやがれ」でそのギャップが楽しめるかもしれません!

今回のテーマは「岡田将生デスマッチ&マラソン大迫登場!」ということで岡田さんが嵐にしやがれに初登場します。

 

専門店のこだわりグルメをかけてクイズ対決をしたり、さらに二宮和也さんの小っちゃな野望には日本最速のマラソンランナー・大迫傑選手が登場!

二宮さんとマラソンゲームでガチ対決しちゃいます!

果たして勝つのはどっちなのか!?

さらに褒賞金1億円の使い道や気になる恋愛事情もメンバーが徹底的に深掘りします!

そして隠れ家ARASHIには今最も注目の若手演歌歌手・徳永ゆうきさんが来店!

まるで芸人みたいな超ユニークな歌い方を連発で櫻井さんを爆笑させる!?

岡田さんの天然いじられキャラも見られるかも!?

2018年11月10日(土) 21時00分~21時54分に放送の「嵐にしやがれ岡田将生デスマッチ&マラソン大迫登場!」をぜひお見逃しなく!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.