とりあえずニュースを確認してみる

【乃木坂46・高山一実】小説家デビュー!多彩な才能に秘めた思いとは?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

乃木坂46・高山一実さんが小説「トラペジウム」(KADOKAWA)を11月28日(水)に発売することが発表されました。

 

グループ初の小説家誕生!

 

本作は、現役トップアイドルが「アイドルを目指す、ある女の子の10年間」についてつづった、感動と青春の本格長編小説です。

月刊誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)2016年5月号から2018年9月号まで2年以上にわたって連載され、単行本化にあたり大幅な加筆修正がされています。

帯文には「これは一つの青春の終わりから、次の青春へ向かう物語」(中村文則)「時折あらわれる、鋭い“いじわる”表現が良い」(羽田圭介)と、芥川賞作家からコメントが寄せられており、著者の書き手としての才能に注目が集まっている作品となっています。

刊行記念イベントは、今月26日(月)に東京・八重洲ブックセンターで開催される予定です。

 

小説「トラペジウム」あらすじ

高校1年生の東ゆうは、「絶対にアイドルになる」ため、己に4カ条を課して高校生活を送っていた。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」。努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、己のすべてをかけて追いかけた夢の結末とは!?

 

高山一実さんコメント

 

長編執筆の決意をしてから2年半、バッグには常に原稿が入っていました。トラペジウムのことを考えなかった日は一度もありません。

どんなメッセージを含ませたいか、そのためにはどうやってストーリーを運んでいけばいいか、アイドルはどうあるべきか、主にこの3つを繰り返し自分に問いかけ、なんとか一冊の本にまとめることができました。

《アイドルの在り方》については主観というより統計かもしれません。ヒントをくれる人たちが常に近くにいましたので、環境と時間が答えへと導いてくれました。

夢を与える職業と言われているアイドル。「小説」は、その夢の与え方がずっとわからなかった私が、やっと見つけた可能性です。どうか読んでくださった方の未来を照らす作品となりますように。

高山一実さんのプロフィール

名前:高山一実(たかやま かずみ)

生年月日:1994年2月8日

年齢:22歳 ※2017年1月現在

出身:千葉県南房総市

所属:乃木坂46

乃木坂46きっての美脚としても知られる高山さん。

1994年2月8日、千葉県南房総市に生まれました。

小学1年生から高校1年生までの約10年、母親の勧めで始めた剣道に打ち込み、段級位2段まで上り詰める程の剣道少女だったそうで当時、おしゃれとは無縁だったとはいいますが、中学3年生のときに原宿でスカウトされたことをきっかけに、雑誌「ELLE」のヘアモデルを務めます。

そしてこのヘアモデル経験から、アイドルに憧れるようになった彼女。

声楽やピアノを習い始め、本格的に芸能界を目指し始めたそうです。

また「モーニング娘。」の大ファンだったことでも有名です。

過去にモー娘。のオーディションに応募するも、書類選考であえなく落選してしまいます。

しかし、アイドルへの夢が捨てきれず、2011年、高校3年生の時に、乃木坂46のオーディションに応募

見事に合格を勝ち取り、1年後にデビューを果たしました。

 

小説家としての才能

 

高山さんは2016年1月に雑誌『ダ・ヴィンチ』のウェブサイトで短編小説を発表

その後、長編小説の連載をスタートさせるなど小説家としての才能を開花させます。

『ダ・ヴィンチ』の編集者の方から「小説を書いてみませんか」と声をかけられたときは、まったくその気がなかったという高山さん。

もともと本を読むのは大好きでしたが、文章を書くことはあまり好きではなかったので、自分には無理な話だと思っていたと言います。

しかし、書き上げた短編小説がウェブサイトで発表されるとその反響は予想以上に大きく、

「ちゃんと書けている」といろいろな方から感想をもらったことがうれしかったと言います。

また、アイドル以外の部分をほめてもらえたことがこれからも書き続けていきたいと思ったきっかけになったそうです。

 

アイドル活動で見出したバラエティ力

 

小説家としての才能を持つ高山さんですが、グループの中でも1、2位を争うほど、単独でバラエティ番組に出演しているメンバーでもあるんです!

そのためグループの中で一般的な知名度の高さを考えた時、白石麻衣さんや元乃木坂メンバーの生駒里奈さんに並ぶのが、高山一実さんだと言われています。

人気バラエティ番組『しくじり先生』『ミラクル9』といったテレビ番組で、「乃木坂46」という名前を発信し続けている彼女。

グループへの貢献度は計り知れません。

また、初期の頃から、グループの看板番組『乃木坂って、どこ?』では、そのバラエティ能力を発揮して番組にとって必要不可欠な存在になっていた高山さん。

番組のプロデューサーも「一番早く番組に順応したメンバー。彼女がしゃべると何かが起こるという期待感がありますよね。笑いに対して悩み考えてトークやギャグを絞り出す姿が素晴らしいです」と、高山さんに絶対の信頼をおいています。

 

もともとは正統派アイドルになりたかった!?

 

高山さんはもともと山口百恵さんのようなアイドルを目指していたそう。

また、「ハロプロが大好きだった」と語っていることから王道アイドルへ強い憧れを抱いていたと言います。

そのため、バラエティ担当の肩書きとの間でジレンマを抱える時期もあったそうです。

しかし、その思いに反して『乃木どこ』以外のバラエティ番組にも出演する機会が増えた高山さん。

「他のメンバーより優れているところがないから、呼ばれている仕事をクリアしていくしかない」と必死に考え、結果を出していくことだけを意識していたと言います。

このように、さまざまな番組に出演する機会を大きな「チャンス」と思う一方で、「乃木坂46を応援している人も、テレビでの私を観てアイドルよりタレントとして捉えているのではないか」、「ファンの方は複雑な思いがあるのではないか」という不安を抱えていくようになります。

 

そんな彼女の才能を後押ししたのは…

 

自身の才能に悩んでいた高山さんにとっての“支え”になったいたのは、元モーニング娘。の道重さゆみさんでした。

道重さんも高山さんと同じようにグループのためにバラエティで活躍していたアイドル。

ライブで見せるキラキラした姿もバラエティでがんばってる姿も、高山さんは大好きだったと言います。

「自分も誰よりアイドルを極めて、そのうえでテレビに呼ばれ時に何かを残せる人になりたい」

高山さんは道重さんのそんな姿を見て、いつしかそう思えるようになったそうです。

 

現在の思いは?

 

看板番組の『乃木どこ』では、始めの頃はガチガチにキャラを固めていたこともあった高山さん。

しかし、しだいに肩の力を抜いて番組に臨むことができるようになったそうです。

外番組に出る時は、最初こそグループの代表という意識が強く「乃木坂46は上品なイメージだから……」と考えすぎて、「ただアイドルが出てるだけ」で収録が終わってしまったことも。

悔しい気持ちでいる時に、スタッフを通して秋元康氏から「自由にやったほうがいい」というアドバイスを受けたことで、意識が変わったと言います。

今では、「乃木坂46は清楚なイメージがあるけど、こんなヤツもいるんだよ」と発信して、「乃木坂46」という名前をとにかく知ってもらうことが大切なのではないかと思えるようになったそう!

そしてバラエティ番組は多くのプロの方たちがそろっている場。

アイドルが話すなんてことのないエピソードだって、プロが拾ってくれるからこそ面白くなる!

そのように考えている高山さんは、「どうしたらうまく拾ってもらえるか」を頭に入れつつ、楽しみながら番組に参加しているようです。

 

今度もバラエティで活躍!

 

2018年11月7日(水) 20時00分~21時00分に放送される「林修のニッポンドリル」に高山さんがゲスト出演されます!

この番組は、MCの林修先生が「担任」を務め、「副担任」を千鳥のノブさんが担当。

テンポのいい2人の掛け合いの面白さが、ただ情報を提供するだけの教養バラエティーとは一味も二味も違う本番組の魅力です。

また「学級委員長」としてレギュラー出演している風間俊介の気の利いたコメントや博学ぶりも話題となっています。

今回のテーマは『京都通もうなる!「朝京都」』

京都の人気は今や世界規模!

外国人宿泊客の数は年々増え続けており、5年連続で過去最高を更新している街でもあります。

そんな京都の中でも知る人ぞ知る「朝京都」の魅力に迫る今回の放送。

高山さんも驚きの京都の素晴らしい姿は必見です!!

子供から大人まで、家族みんなでニッポンのことを楽しく学べる『林修のニッポンドリル』にぜひ、ご覧ください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.