とりあえずニュースを確認してみる

【新田恵海】発声障害を告白!プロフィールや経歴&今後についてまとめ!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

声優の新田恵海さんが数年前から発声障害を患っていたことを公表しました。

アニメ「ラブライブ」などで注目を集めていた彼女ですが今後の活動が気になります。

この記事では新田さんの経歴やプロフィール、病状についてまとめてみました。

 

新田恵海のプロフィールと経歴

 

 

名前 新田恵海
愛称 えみつん、つんさん
性別 女性
出生地  日本・長野県長野市
生年月日 1985年12月10日(34歳)
血液型 B型
身長 153 cm
職業 声優、歌手
事務所 ディファレンス

 

幼少時からずっと歌うことが大好きだったという声優の新田恵海さん。

長野県篠ノ井高等学校卒業後、洗足学園音楽大学に入学しています。

同大学では声楽コースに通い、舞台やミュージカルに夢中に。

またその仲間とボランティア活動を行い、童謡や唱歌、歌謡曲などを歌っていました。

2009年3月に株式会社S 新人アーティストオーディションにてグランプリを受賞。

受賞した瞬間に、「ああ、私やっぱり一生歌を歌っていこう」と決意します。

2010年4月には株式会社Sに入所し、始めはゲームの声優としてデビュー。

その当時も歌手を目指していましたが、周りの勧めで声優活動を本格化させています。

声優活動をする一方で2012年1月にはゲームのテーマ曲で歌手としてデビュー。

同年にはユニット「μ’s」の一員としてライブに出演しています。

 

 

2014年9月には「笑顔と笑顔で始まるよ!」でソロシンガーとして念願のメジャーデビュー。

しかし2015年2月に声帯結節が発見されたため、短期間の休養を発表しました。

そんな中、第9回声優アワードにて、μ’sの一員として歌唱賞を受賞。

2015年7月には大橋彩香さんと共に声優ユニット「つん♡へご」を結成します。

2015年11月8日、自身初のワンマンライブ「EMUSIC〜始まりの場所〜」を開催。

2015年12月31日、μ’sの一員として第66回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしました。

 

新田恵海が発声障害を告白!

 

新田恵美さんが今月26日にLINELIVEで生配信を行いました。

そこで数年前に突然、思い通りに発声ができなくなってしまったことを告白。

「声帯の不調ではなく、脳の誤作動なんです。」と発声障害を明らかにしました。

続けて、「例えばスポーツ選手が突然、投げられなくなってしまった。

投げ方がわからなくなってしまった、というものに近い。」と例えをあげ説明。

「普通に息を吸うように喋れていたもの、歌うことができなくなってしまった」

と自身の病状について話しています。

 

 

 

発声障害の原因は?

 

発生障害とは発生機能に障害が生じて思うように声が出なくなる病気です。

一時的なものから永続的に続くものもあり、その治療期間の長さはまちまちとのこと。

またポリープや喉頭がんなどと器質的な病変によって生じるものもあります。

しかしこうした器質的な異常がない場合にも発声障害が生じることも。

本人が「声帯の不調ではなく脳の誤作動」というように精神的なストレスも関係します。

スポンサーリンク

今後は?引退の可能性もあり?

 

ただ「だいぶ回復の兆しが見えてきた」という希望も明かしていた新田さん。

一時は引退も考えたといい、かなり悩み苦しんだようです。

それでも「歌うことが私の生き甲斐」とし、

「歌が私の幸せなので、それを取り返さないことには死んでも死にきれんと思った」

と笑顔を見せ、今後の歌手活動に意欲を示しています。

 

 

 

まとめ

 

今回は声優の新田恵海さんに関するニュースをまとめてみました。

数年前から「発声障害」で苦しんでいたことを告白した彼女。

声を仕事にしている職業柄、とても焦っていたと思います。

それでも、回復の兆しもあり今後も声優を続けていくと宣言。

ファンはこの言葉にきっと安心したのではないでしょうか?

そして、1/3 (金)には「新田恵海の恐竜DEEP #6」も放送されます。

これからは体調を第一に、無理しない範囲で活動を続けてほしいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.