とりあえずニュースを確認してみる

イケメンすぎる【中山咲月】ドラマ初出演!彼女はあのモデル!?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

ジェンダーレスモデルとしてSNSで話題の“イケメンすぎる”中山咲月さんがドラマ初出演を果たしました!

今月9日から放送のTBSの新ドラマ「中学聖日記」(火曜後10・00)でドラマ初出演を果たしたモデル・中山咲月さん(22)。

SNSでイケメンすぎると話題で、今回の出演に多くの期待が寄せられています。

 

中山咲月さんのプロフィールと経歴

【名前】中山咲月(なかやまさつき)
【生年月日】1998年9月17日
【身長】163cm
【血液型】O型
【出身】東京都
【好物】納豆、大豆
【チャームポイント】あご
【経歴】2015年4月号でピチレモン卒業。3年10ヶ月在籍。

 

ジェンダーレスモデルとして話題の人物、中山咲月さん。

2011年にティーン誌「ピチレモン」の第19回オーディションでグランプリを受賞後、専属モデルとしてデビューしています。

ちなみに応募動機は周りの人から勧められたからだそう。

その当時からお綺麗な方だった事がわかります。

ピチレモンに出始めたころの中山さんは、髪が長く、どちらかというと可愛い系の女の子の印象だったそう。

しかし、ある時から突如イケメン系女子に!

性別を感じさせない中性的でミステリアスな存在感で、同世代の女の子たちからカリスマ的人気を獲得しました。

その後2015年4月にピチレモンを卒業し、現在は主にモデルとして活躍しています。

またファンからは「王子」と呼ばれている彼女。

昨年はバラエティー番組で“ジェンダーレスモデル”として紹介され、一気に注目を集めました。

 

ジェンダーレスとは?

 

まず、気になるのがジェンダーレスという言葉。

どういう意味かと言うと男女の性差をなくそうという考え方を表しているワードだそうです。

最近ではジェンダーレス男子」というジャンルが話題で、メイクをして女性用のファッションを取り入れた男子のことを指すそうです。

中山さんは女性なので「ジェンダーレス女子」ということになります。

つまり、男性用のファッションやメイクをする女子ということですね。

 

どうしてジェンダーレスモデルに?

 

はじめは可愛い系の格好でピチレモンのお仕事に取り組んでいた中山さん。

あるとき突然女の子の服を着ることに抵抗がではじめたといいます。

そんな時に彼女の目にとまり、影響を与えたのが、韓国人モデルのカイトさんという方。

女性でありながらも男性以上にかっこいい彼女を見て、中山さんはジェンダーレスとして生きていこうと思ったそうです。

また自身のインタビューでは「女の子が男性の服を着てもいいんじゃないかというスタンスが好き!!韓国のブランドモデルさんが中性的だったので、自分もこういう風になりたいと思った!!」と答えており、「私にとって”イケメン”は一番の褒め言葉です。これからもイケメン目指して頑張ります!!」とも言っています。

性別にとらわれずに自由に生きたいと思ったという彼女。

ジェンダーレスになってからは自分にも自信が持てるようになり、以前よりも明るい性格になったそうです。

10代のうちに、自分に合う生き方を見つけて、そのとおり生きているなんてかっこいいですよね。

 

彼女はあのモデル!?

 

イケメンすぎると話題の中山さん。

女性ファンも多いことで有名ですが、ある方とのデート写真が彼女のSNSを通じて話題となっています!

その女性とはモデルで女優の前田希美さんです!

そんな中山さんと前田さんの共通点は雑誌ピチレモンで共にモデルを務めていたこと。

モデル時代から中山さんがジェンダーレスな生き方を貫いて活動していたところに前田さんがベタ惚れ。

現在では中山さんのことを「王子」という愛称でよび、親しんでいるそうです。

2人のSNS上にはそんな中山さんと前田さんのやり取りが垣間見える時があり、ファンの間でも注目される関係性。

最近ではディズニーデートの様子が投稿されていました。

前田さんの投稿では、短髪で黒いスニーカー、パンツ、パーカという男性のような姿の人物と手を繋いで歩く写真が。

ファンの間では彼氏か!?と話題になりましたが、実は中山さんだったのですね。

この写真に騙されたファンの方も多かったといいます。

そのデートの詳細についても投稿が続き、前田さんは、「帰り際に『可愛い…』ってボソっと言われて、え!なにっ!って言ったら『可愛いとか滅多に言わない。本当に可愛いって思った人にしか言わないです。照れくさくて今日も言うのに時間がかかった…』って言われてこの人は本当に王子様なんだと確信した」と、言われたと報告。

ラブラブの様子を見せた投稿に、胸キュンするファンが続出。

「きゅんきゅんするっっ」「漫画みたいなデートに胸キュンです!!」「まってキュン死させる気ですか…!」「らぶらぶだ~~キュンっ」など、多くのコメントが寄せられていました。

中山さんもSNSにその日の写真を投稿しており、「のんのんまえのん(前田さん)とTDL遊ぼう!!と言い始めてから約一年ぶり…?!楽しかった、また遊びたい」と書かれており、まさに相思相愛の関係性を伺わせています。

まるで本物のカップルさながらの2人。

その後も度々仲のよさを見せてくれています。

 

今後が期待!

 

芸能界で活躍する中でジェンダーレスであることを告白し自信をもってたくましく生きている中山咲月さん。

そう決意するのには相当な覚悟が必要だったと思います。

今年11月には初出演映画「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」の公開も控えている彼女。

ファンションモデルとして活躍する中で女優としての活動の場も広げつつあります。

さて、前期は「義母と娘のブルース」が大ヒットした“火曜ドラマ枠”。

今期は有村架純さん(25)を主演に置き、その相手役に演技未経験の新人俳優・岡田健史(19)を大抜てきするなど、異例の配役も話題を呼んでいます。

同作のドラマ『中学聖日記』は女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の漫画家・かわかみじゅんこ氏による同名漫画が原作。

物語の舞台は片田舎の子星中学校で中学生と女教師の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーとなっています。

この子星中学校で3年1組のクラス担任を務める女教師・末永聖役を有村さん、不思議な魅力を持つ、聖の10歳年下の中学生・黒岩晶役を岡田さんが演じるほか、町田啓太さん、吉田羊さんら、豪華な顔ぶれが出演しています。

そんな中山さんが今作で演じるのは、主人公・聖の婚約者・川合勝太郎(町田さん)が勤める商社の本社近くにあるダイニングバーのバーテンダー・青山更紗。

第1話では勝太郎の職場の先輩で、バイセクシャルである原口律(吉田さん)がダイニングバーで更紗を見つけ、「テキーラ」と注文すると見つめ合いいきなりキスをし、聖と勝太郎を驚かせるという衝撃のシーンが放送されていました。

果たして、更紗と原口の関係は?

そして、更紗の存在が原口、そして聖と勝太郎といった大人の恋愛模様にどのような影響を与えていくのか…?

第1話を見た視聴者からはキスシーンについてこんな感想が。

「美しくて衝撃でした」「吉田羊にならチューされたいと思ってしまったよね」「キャラクターの癖がすごいw」と反響が寄せられ、相手役の中山にも「バーの女の人に恋した」「吉田羊と中山咲月の組み合わせ最高」とそのシーンに大絶賛の声が集まっていました。

ハッと息を飲むほど美しい2人の謎めいたシーンが今後も展開されていくようなので楽しみですね。

教師と生徒の“禁断の純愛”を描くことで話題となっている同作。

カリスマ的人気を誇るジェンダーレスモデルの中山さん。

彼女の儚い演技がヒューマンドラマで大きな存在感を発揮してくれることを期待しましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.