とりあえずニュースを確認してみる

【中川翔子】の映画館トラブルが話題!学生時代の壮絶イジメも告白!

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度の「太川蛭子の旅バラ」に出演するタレントの中川翔子さん。

そんな彼女が映画館で受けた理不尽すぎるトラブルとは!?

また、学生時代には壮絶ないじめを受けていたことも話題になっています…。

今回は中川さんの経歴や気になる情報をまとめてみました!

 

中川翔子のプロフィール

 

 

名前 中川翔子(なかがわしょうこ)
本名 中川しようこ
愛称 しょこたん
生年月日 1985年5月5日(33歳)
出身地 東京都
職業 タレント・女優・声優・歌手
身長 157cm
血液型 A型
事務所 ワタナベエンターテインメント

 

タレントの中川翔子さんは、オタク気質で美少女好きとしても有名です。

当時は女優でタレントの片瀬那奈さんに憧れており、

彼女のグラビアのスクラップを大量に集めていたとか!

すると自身もグラビアアイドルがやってみたくなり、「ミスマガジン2002」に応募。

ここで見事「ミス週刊少年マガジン賞」を受賞しています。

そして2004年にドラマ「特捜戦隊デカレンジャー」で女優としてデビュー。

そこから徐々に知名度を上げ、現在は主にタレントとしてマルチに活躍されています。

 

 

 

中川翔子が映画館で受けたトラブルとは?

 

そんな中川さんが今月7日に映画館で理不尽なトラブルに遭遇!

自身のTwitterでこの出来事を告白し、大きな話題になっています。

その内容とは、前席の観客からジュースをかけられたというもの!

この時、あまりの予想外すぎる出来事に呆然となってしまったという中川さんは、

「ショックで内容が頭に入らなかった」といった怒りとともに動揺した心境を吐露しています。

 

 

 

トラブルの詳細は?

 

その日は観ていた映画の上映中に座席が何度か揺れることがあったそうで、

「地震かな?または近くの劇場で4d的な?」とぼんやりと考えていたという中川さん。

しかし、前席の観客は揺れの原因は彼女にあると勝手に決めつけたようで、

振り向きざまに「足やめろ! 揺れてんだよ!」と怒鳴ったそう。

そして直後にいきなりジュースをかけてくるという非常識で最悪な行動に出たそうです。

 

 

その後どうなった?

 

しかし実際は前席に足をぶつけることは一切なかったと話す中川さん。

「上映中だし黙ってそのまま映画みてましたがショックで内容が頭に入らなかった」

と周囲に気を遣って声を上げなかったそうです。

 

 

上映終了後、問題の人物はサッと席を立ちすぐに出ていったそう。

この一連の出来事に全く意味不明すぎるとやりきれない思いを吐露しており、

「こんなおかしな事が、ないように。

席が揺れることがあるとしたら、注意書きしておいてほしいです」

と同様のトラブルを防止するための提案を行っていました。

 

 

ネットの声は?

 

あまりにも不運すぎる出来事にファンからは、

  • 「信じられない 許せない」
  • 「警察に通報していいと思います」
  • 「いきなりジュースかけるなんてあり得ない。こわすぎ」
  • 「理不尽な気分になりつつも穏便に済まされたのは実に立派だと思います」

など彼女を同情するようなコメントが数多く届いています。

 

 

また、南海キャンディーズの山里亮太さんはラジオで

「ひどいニュースだね、言いがかりでしょ?

これ、捕まらないもんなのかね?

だって、こんなの犯罪でしょ、こんなもん。ひどいよねぇ」

と、中川にジュースをかけた相手に嫌悪感をあらわにしていたそうです。

警察に突き出せば暴行罪に匹敵するトラブルに巻き込まれた彼女。

きっと相当なショックを受けたであろう体験だったと思います…。

 

 

中川翔子の受けた壮絶ないじめとは?

 

そんな中川さんがイジメと不登校に悩んでいたという中学時代を告白。

このエピソードに世間から多くの反響があったようです。

 

 

 

スクールカーストが原因?

 

そんな中川さんの出身校は「東京文化中学校」だと言われていますが、

これは噂の範囲で本当の学校名については明らかにされていないようです。

そして小学校時代は絵を描くことや漫画の話などで盛り上がる普通の子どもだった中川さん。

しかし中学に入ると、彼女を取り巻く環境がガラリと一気に変わったといいます。

なんでもここで思春期の女子中高生にありがちなスクールカーストが流行り出したとか。

この制度についていけず、いつの間にか一人だけ浮いた存在となった中川さん。

休み時間に好きな絵を描いているだけでキモいとバカにされるようになったといいます。

 

 

これがストレスになり体調を崩して吐いてしまうことも度々あったという彼女。

そんな様子を見られた際には“ゲロマシーン”というあだ名をつけられたこともあるそうです。

スポンサーリンク

 

 

その後は?

 

読んでいるだけでも辛い中学生活でしたが、その後は無事高校に進学した中川さん。

そこでは大好きなアニメや漫画など共通の趣味を持った仲間と出会います。

そして徐々に今のような元気を取り戻していったようですね。

また現在は『オールオッケー!』と言えるまでに成長したそうで、

少々の辛いことではヘタレないような強い精神力を手に入れたとか!

 

出典:Twitter

 

そしてこの告白に同じようにいじめで苦しんでいる人からは、

「感動した」「勇気をもらった」などといった称賛の声が多くあがっていました。

 

 

まとめ

 

今回はタレントの中川翔子さんについてまとめてみました。

最近話題になった映画館での理不尽すぎるトラブルや、

過去のいじめ体験はどちらもかなりショッキングな内容でしたね…。

しかしそれらを隠さずに発信する彼女の勇気には感服です!

辛い出来事に負けることなく、彼女にはこれからも長く活躍していってほしいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.