とりあえずニュースを確認してみる

【三浦祐太朗】山口百恵が息子の為に!?下ネタ発言で怒られる…その真相

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

山口百恵さんの長男、三浦祐太朗さんが先月、神奈川県でライブを行いました。

アルバム『FLOWERS』収録曲を中心に歌った祐太朗さんは「アルバム曲の『菩提樹』は、

宇崎竜童夫妻に提供してもらった曲」と公表しました。

しかし今回の楽曲提供には実は百恵さんの支援があったという噂が。

そんな百恵さんの期待に反して、祐太朗さんはしゃべくり007で下ネタ連発?!

どういうことなのか、調べてみました。

三浦祐太朗さんの簡単なプロフィール

氏名:三浦祐太朗(みうら ゆうたろう)

生年月日:1984430

血液型:A

所属事務所:ドリームゼロワン

活動期間:20082012(ロックバンドPeaky SALTボーカル)、2012年~ソロ歌手

父は俳優の三浦友和さん、母は伝説のアイドルだった山口百恵さん。弟は俳優の三浦貴大。

ブレーク出来ない祐太朗さん

20123月、それまでバンド活動をしていた祐太朗さんはバンド活動を休止し、ソロデビューしました。

しかし、歌手として注目を浴びたのは、2017年リリースの百恵さんのヒット曲をカバーしたアルバム『I’m HOME』の1枚だけ。

バンドでの活動も含めれば、今年で音楽活動10年がたとうとしていますが、ソロアーティストとしての活動としては、

大きな功績は残せていません。

何とかして頭角を現そうと、色々なテレビ番組に出ますが、やはり質問は母である百恵さんのことに集中してしまいます。

大きな歌謡祭にゲスト出演しても、やはり母・百恵の曲をカバーすることを期待されてしまう祐太朗さんに、救いの手を差し伸べたのはやはり百恵さんであり、百恵さんから作曲の要請を受けたのが、宇崎竜童夫妻でした。

 

宇崎夫妻との深い関係とは?

宇崎夫妻と百恵さんの関係はとても強固で、百恵さんが現役時代に68曲もの楽曲を提供しています。

そうした深い関係性もあって、百恵さんは祐太朗さんのために、自ら宇崎夫妻に祐太朗の新曲を制作してほしいと頼み込んだそうです。

百恵さんが初めて宇崎夫妻から楽曲提供を受けたのは1976年にリリースされた『横須賀ストーリー』でした。

それから40年以上が経った今でも交流があり、そのような強固な関係性が生んだのが、

今回、祐太朗がリリースしたアルバム『FLOWERS』収録の『菩提樹』だったのです。

 

しゃべくり007で下ネタ連発?!

そんな母・百恵さんの期待に応えようとしてなのか、それともどうしてもブレークしたいから必死になっているのかはわかりませんが、

それまでは敬遠していた家族の話題を、最近ではバラエティー番組で解禁しています。

中でも下ネタが多かったのが、72日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)でした。

祐太朗さんは、「僕が学生時代に付き合っていた彼女とホテルに行ったときに、母の曲が流れてきて集中できなかった。」

というネタを披露しました。

百恵さんの知人によれば、百恵さんは「自分のことを話すのはいいけど、下ネタばかり…」と嘆き、

後日、祐太朗さんは電話でお叱りを受けたそうです。

 

母の期待と息子の思い

息子を思うあまり、引退後も知り合いのつてで祐太朗さんを何とかブレークさせようとする百恵さん

百恵さんの気持ちを知ってか知らずか、早くブレークするために家族の下ネタまで披露する祐太朗さん

哀しすぎる程に食い違ってしまう親子ですが、

今後は祐太朗さんの歌手としてのブレークによってどちらも幸せに生活できることを願うばかりです。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.