とりあえずニュースを確認してみる

【市川美織】初主演映画イベントに登場!レモンキャラはもうやめた?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

先月28日、元NMB48の市川美織さんが初主演映画『放課後戦記』の豪華版Blu-rayとDVDの発売記念イベントに登場。市川さんをはじめ、井上美那さん、加藤美紅さん、司会も兼ねた高畠麻奈さんが出席し、集まった大勢のファンを前に、生コメンタリーを披露した。 

 

映画初主演作品!

 

2016年、当時NMB48のメンバーだった市川さんと、数多くのCMに起用されている、りりかさんのダブル主演キャストで舞台化されたこの作品。

全10公演が即完売となり、2017年には再演もされた人気舞台『放課後戦記』を映画化したものです。

総勢40名の出演者たちは全員女子

セーラー服、ゴスロリ、アーミールックなど、さまざまなコスチュームの美少女たちが放課後の学校を舞台に、殺し合いのバトルロワイヤルを繰り広げるというバイオレンス・アクションです。

イベントでは、生コメンタリーがスタートすると出演者一同、懐かしそうにスクリーンを見つめ、撮影初日に緊張した話、女子だけで一週間ぐらい合宿状態だった話など、思い出話に花が咲かせていました。

特にアクションシーン撮影の裏では大変なことも少なくなかったようで…、

「撮影当日に殺陣が変わり、現場で合わせました」などと苦労話が飛び出したり、

手を切られたシーンでは血のりを大量に使ったため、「衣装が汚れてしまうので、一回の撮影だけ。緊張感ありました!」と、過酷な撮影を振り返っていました。

そんな大変な撮影であっても基本的には女子だらけの現場は楽しかったそう。

「ダンボールにお菓子がたくさん入っていて、毎日お菓子パーティーみたいでした」というエピソードや、

市川さんの「髪型が黒柳徹子さんみたいだったのでものまねをしたんですけど、全然似ていない(笑)!」という笑い話も飛び出しました。

この市川さんのものまねは会場でも生披露、大きな笑いを誘っていました。

また、ロケ中に市川さんが四つ葉のクローバーを見つけた映像を見ながら、

「あれだけの中で見つけるってすごくないですか。だから(映画が)ヒットするなって思いました(笑)。いまでも台本に挟んであります」と、ほっこりするようなエピソードと後日談も披露。

その場の空気を和ませていました。

イベント終了後、この映画の感想について聞かれた市川さんは、

「本当にありがとうございました。『放課後戦記』は舞台から始まり、まさかここまでスケールが大きくなるとは思ってなかったので、よかったなと思っています。

AKB48の時以来のオーディションだったので、感動して、愛される作品にしようと頑張ってきて、舞台にもなって再演もされて、謎解きイベントという形に派生したり、別な形にも生まれ変わっていってうれしいです。」と、ファンへの感謝の気持ちと現在の率直な感想を吐露。

そして、「大変なこともあったけれど、それを乗り越えて愛情が生まれました。わたしの愛情だらけの作品を、この3年間の思い出をDVDとしてきれいにまとめていただけたと思うので、いつまでも楽しんでほしい。心の中に生き続けてほしいです。」と『放課後戦記』への感謝の想いを最後に語り、イベントは無事終了しました。

 

フレッシュレモンはもう卒業!?

 

今春グループからの卒業を発表したNMB48の市川美織さん。

アイドル時代は、「フレッシュレモンになりたいの~!」のキャッチフレーズでおなじみでした。

これは果物の「レモン」本体になりたいという謎のキャラ設定。

この不思議すぎるキャラクターに大きな注目を集めましたが、現在はどう思っているのでしょうか?

 

そもそもフレッシュレモンとは?

 

市川さんによると、フレッシュレモンとはアイドルの最終形なんだとか。

そしてそれに一番近いのは元AKB48の大人気メンバーだった前田敦子さんとのこと。

要するにフレッシュでキラキラしたアイドルや存在のことを示しているのでしょうか?

また、市川さんはどうやら小さいころからが「フレッシュレモン」になるのが夢だったようです。

スーパーに訪れた時に、レモンが山積みになっているのを見て、「あ、あの一番上のレモンになりたい」と思ったらしいのです。

その後AKBに入ってその話をしたら、変な人キャラがついて一気に有名になったそう。

そして成り行きで自然にそのキャッチフレーズになったとのことでした。

スポンサーリンク

脱レモンを試みるも…。

 

市川さんが今年1月19日に放送されたバラエティ番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)に出演。

レモンキャラについてや、将来どうなりたいかなどについて語っていました。

その中で一度「フレッシュレモン」キャラをやめてみようと思ったことがあると告白していました。

しかし、このキャラのおかげで広島のレモン大使にもなった経歴を持つ市川さん。

MCのキングコング・西野さんから、

「今後どこかでレモンキャラは切り捨てるの?」と突っ込んだ質問をされると、

「1回切り捨てようとした。」と告白。

しかし、「“脱レモン”して、初めて総選挙で圏外になりまして。ダメだ、レモンありきの私だったんだなと気づきました」と、自身のレモンキャラの大切さについて言及していました。

AKB総選挙の結果が振るわず、やはり自分にとってレモンキャラは大事なものだと痛感した市川さん。

そのあと、今後の目標についても語っていました。

 

今後は?また本当はレモンが嫌い?

 

同番組の最後に西野さんが現在24歳の市川さんに対し、「将来どうなりたいか」と質問をすると、

「地道に自分のためになることをしていきたい。やりたいことをやっていこうと思う」と語っていました。

今は自身のYouTubeチャンネルを立ち上げたり、女優として活動するなど「脱アイドル」を目指しているように見える彼女。

大切なレモンキャラはこれからどうするのか?

その答えは、2018年11月3日(土) 23時30分~23時55分に放送される、「有吉反省会 アイドルレモンキャラ嘘疑惑…魔界バンド・ローズ伯爵の涙の親孝行」で明らかになるかもしれません!

出典:日テレ

市川さんがアイドル時代、キャラに迷走していたことを告白!?

そして、本当は「レモンは好きじゃない」!?

また、「芸能界で生き抜くのは大変」と不安を吐露?

レモンキャラの真実と今後の方向性が明らかになるかもしれない、「有吉反省会」をぜひお見逃しなく!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.