とりあえずニュースを確認してみる

【松井玲奈】落選からのリベンジ!?根性で掴み取った朝ドラ初出演!

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

元SKE48で女優の松井玲奈さんが自身のブログで次期NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演することを報告し、ファンを喜ばせた。

元SKE48の人気メンバーで女優の松井玲奈さんが4日、自身のブログを更新。

女優の安藤サクラさんが主演する次期NHK連続テレビ小説『まんぷく』(10月1日スタート、毎週月~土曜8:00~)に出演することを報告し、「やったー!」と喜びの声を綴っていました。

この前日の3日晩に更新したブログでは、

「ソワソワのまま1日が終わります」

と意味深な更新。

次の日、4日朝の「6/4 1」と題した投稿でも、拳を高くつきあげたポーズ姿とともに

「いえええええい。今日はずっとソワソワしてるんですよ。一昨日からなんですが。笑」

とどこか落ち着かない様子をファンに明かしていた松井さん。

そして、「6/4 2」と題したブログで、

「私がそわそわしてたのは、今日が朝ドラの記者会見だったから!!!うおー。緊張したー。10月から放送の『まんぷく』に出演することになりました」

と、ピースショットの自撮りでファンに喜びを報告していました。

 

出典:livedoor

 

松井さんはその後続けて「やったー!」と綴り、

「安藤サクラさん演じる、福ちゃんのお友達の鹿野敏子という役です」

と自分の役について説明。

「今の気持ちはまた改めて夜に書きますがご報告です。やっと言えたー。ふう」

と喜びのブログを締めくくっています。

ファンからももちろん喜びの声が。

「朝ドラ出演おめでとうございます!スゴい!」「待ってました、おめでとうございます!」「ホント自分のことのように嬉しかった」「楽しみにしております」「全話観るで~!」「おめでとう!今からとっても楽しみ!」

など数多くのお祝いコメントが寄せられていました。

このドラマは、インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福氏と妻・仁子(まさこ)さん夫婦がモデルとなったストーリーです。

松井さんは、「憧れだった朝ドラ。目標のひとつだった朝ドラ。出演が決まって、本当は早く言いたかったけど我慢に我慢を重ねて今日がやって来ました」

と朝ドラ初挑戦に向けての喜びと意気込みを示している松井さんですが、実は以前から朝ドラのオーディションは5、6回ほど受けていたそう。

現在放送中の女優の永野芽郁さんが主演を務める、「半分、青い。」のオーディションの経験者でもある彼女。

しかし結果は落選

何回挑戦してもオーディションに合格できないことに、自分にはもうチャンスがないと思っていたと言います。

そして今作の「まんぷく」でオーディションを受けるのは最後にしようと決めていたそうです。

そこで決まったヒロインの友達という大役。

諦めずに受け続けた結果が功を成した瞬間でした。

松井さんは、「半分、青い。」のオーディションに落選していたことを明かした上で、

「でも、今回こうしてまんぷくのお話をいただけて、参加できることが本当に嬉しいです」

とドラマ出演決定に興奮冷めやらぬ様子でした。

そして、「放送は10月からですが、撮影はもう始まっています。松井は大阪弁を猛特訓中です!」

と撮影に向けて頑張っていることを伝え、

「目標が叶ったからといって、満足はしていません。ここで何ができるか、何が残せるか。自分が持っているものの1歩も2歩も先へ進めるように精進します」

とドラマに対する意気込みを語っていました。

2015年8月に名古屋のアイドルグループ「SKE48」を卒業して以降、地道に女優として活躍し続けている松井さん。

その甲斐もあり今年は月9ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)だけでなく、様々なドラマや映画、舞台で活躍の場を広げつつあります。

その活躍ぶりに「元アイドルSKE48とは知らなかった」などといった声も上がるほど。

元人気アイドルという肩書きを持ちながら、立派な女優へと見事に転身した彼女。

そこで今回は松井さんのことをあまり知らない方に向けて、そのプロフィールや彼女の過去の活躍についてご紹介していきたいと思います。

 

松井玲奈さんのプロフィール

 

 

名前 松井玲奈

性別 女性

生年月日 1991/7/27

星座 しし座

血液型 O型

身長 162cm

出身地 愛知

松井さんは1991年7月27日生まれで、現在27歳。

愛知県豊橋市の出身で、2016年8月には「豊橋ふるさと大使」に就任しています。

松井さんは中学生時代、剣道部に所属しており、主将を務めたこともあるほどの腕前だったとか。

市内の大会で入賞経験もあるともいいます。

高校に進学すると、芝居好きだったことからと演劇部に入部します。

部内では大きな声で発声したり、仲の良い友達もできたそう。

しかし、部活以外の普段の高校生活ではクラスメイトとはあまり話さなかったと言います。

そのため、演劇部での松井さんの練習姿を見たクラスメイトは、そのギャップに驚いたそうです。

普通の女子高生だった松井さんが芸能界を目指したきっかけはAKB48の名古屋版ができると聞いたことからSKE48のオーディションに参加。

元々は女優志望だった松井さん。

当時AKB48で活躍していた前田敦子さんや大島優子さんがアイドルとして活動しながら女優業もこなしている姿を見て、自分もSKE48に入って同じように活動したい!と思い応募したそうです。

そして運命の2008年7月、応募総数2,670名、最終合格者22名の中、見事に「SKE48オープニングメンバーオーディション」に合格します。

 

アイドル時代のイメージ写真

 

ダンスは初心者で人見知りな性格。

そのためはじめはメンバーやグループに馴染めなかったと語っています。

そして結成した年の10月、SKE48劇場のグランドオープンで公演デビューを果たしますが、この時のポジションは目立たない一番後ろの端っこの立ち位置でした。

チーム内の序列は下から数えた方が早いくらいの下位メンバー。

このことが松井さんの負けず嫌いの性格に火をつけます。

翌年の2月、SKE48初のオリジナル公演となる「手をつなぎながら」では、一番前のセンター付近にまでポジションを変えていました。

そしてついに3月にはAKB48の11thシングル『10年桜』で選抜入りし、CDデビューを果たします。

その当時は憧れの先輩たちとのPV撮影で緊張からか振りが覚えられず、よく泣いていたそう。

しかし当時のキャプテン高橋みなみさんからの励ましもあり、無事にCDデビューを終えたそうです。

非常に身体の線が細く、色白なルックスから、SKEメンバーには「もやし」や「もやしっ子」と呼ばれていました。

ちなみに当時のキャッチフレーズは「12時まで魔法は解けない、ガラスの靴は脱ぎません! SKEのかすみ草、21歳の松井玲奈です」だったそう。

かすみ草の可憐で儚い雰囲気を自分を例え、このように自己紹介をしていたようです。

その後もグループ全体楽曲の選抜メンバー常連組となり、テレビ東京の連続ドラマ『マジすか学園』でドラマデビューし、この時の作品が女優の夢へと一歩近づくきっかけになります。

また、グループ最大のイベントとも言える「選抜総選挙」では最高順位5位にまで上り詰め、SKE48のエースとしての貫禄を見せつけました。

そして2015年、多くのファンやメンバーに惜しまれながらグループの卒業を発表。

女優として本格的に進んでいくための一大決心だったそうです。

卒業して以降は地道に女優として活躍し続けていた松井さん。

映画やドラマ、舞台などで個性的なキャラクターを演じながら、キャリアを確実に積み上げて行きました。

その甲斐もあり今年には月9ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)で主要キャラに抜擢されます。

インタビュー記事の中で、自分のアイドル時代を回想していた松井さん。

女優という夢を叶えるまでにはいろいろな葛藤があったようです。

「17歳くらいから第一線で活躍している女優さんもいますよね。私はすでにその時期を過ぎていたので、そろそろ外に向かっていかないとダメだなと。正直、焦りもありましたね」

アイドルとしての活動が長かった分、年齢的な焦りがあったという松井さん。

しかしそのハンデを乗り越え、朝ドラの出演という経歴を残すことに成功しています。

劇作家である鴻上尚史(60)さんをはじめ、多くの脚本家や監督も松井さんの堂々とした演技を高く評価。

いろいろな作品に起用される女優として立派に成長しています。

 

今後の朝ドラにも期待!

 

 

10月1日(月)から放送されるNHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演が決定した松井さん。

なんども不合格となった朝ドラへの意欲は誰よりも大きいはずです。

キャストには主演の安藤さくらさんや彼女の夫である立花萬平を演じる長谷川博己をはじめ、このほかの共演者も非常に豪華な顔ぶれの作品になっています。

松井さんとともに発表された追加キャストには俳優の桐谷健太さんや瀬戸康史さん、岸井ゆきのさん、橋本マナミさん、呉城久美さん、藤山扇治郎さん、中尾明慶さん、片岡愛之助さん、橋爪功さんなどの出演が明らかに。

この作品「まんぷく」はインスタントラーメンを生み出した夫婦の知られざる物語を描くヒューマンドラマ。

松井さんは主人公・福子の友人、鹿野敏子を演じるにあたって、

「見ている視聴者の方の一番近くにいられるようなキャラクターだと思っています。見ている方が福ちゃん頑張れ、萬平さん頑張れと感情移入してもらえるように、敏子という役を演じて、安藤さんが演じる福ちゃんに寄り添っていけたらいいなと思います」

とコメントしています。

朝ドラといえば、老若男女様々様々な世代の人が見るドラマ。

ここで視聴者にどれだけ自分を印象付けられるか!?

松井さんの今までの女優としてのキャリアが試される作品になりそうな予感です。

「まんぷく」は、2018年10月1日から2019年3月30日にかけて全151回放送されます。

10月から毎朝会える松井さんのさらなる活躍に期待しましょう!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.