とりあえずニュースを確認してみる

【黒木瞳】の娘が宝塚不合格!?イジメが原因?現在は何してる?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

元宝塚の娘役トップスターの黒木瞳さん。

現在はドラマや映画に欠かせない女優として活躍されています。

最近では司会を務めるほどの安定の喋りが認められ、

今度の「音楽チャンプ 歌うま日本一決定戦スペシャル」にも出演予定です。

そんな黒木さんには一人娘がいるそうです。

そして彼女も宝塚音楽学校を受験したのですが、不合格だったそう。

その理由は何だったのでしょうか。

一部では彼女が引き起こしたというある大事件が関係していると言われていますが…。

また現在は何をしているのか?その様子ついても調べてみました。

 

黒木瞳のプロフィールと経歴

 

 

芸名:黒木瞳(くろきひとみ)

本名:伊知地 昭子(いちじしょうこ)

出身地:福岡県八女市

生年月日:1960年10月5日

身長:163cm

血液型:A型

所属事務所:ポエムカンパニーリミテッド

 

黒木瞳さんは、もともと宝塚歌劇団出身の女優です。

1981年に宝塚歌劇団に入団した彼女。

2年目には大地真央さんの相手役として月組トップ娘役に就任しています。

1985年に宝塚歌劇団を退団し、その後芸能界入り。

1986年の映画主演デビュー作の「化身」では全裸を披露し、

宝塚を貶めたといった非難もあったそうですが、

その後1997年の「失楽園」等への出演で知名度を高めました。

 

 

 

黒木瞳が結婚!第一子女児を出産

私生活では、1991年に電通社員の伊地知俊夫さんと結婚しています。

二人が出会ったきっかけは三井不動産関西のCMに出演した時で、

その時にCMの制作を担当したのが現在の旦那さんだったとか。

 

 

そして黒木さんは1998年の38歳の時に第1子となる女児・萌子さんを出産しています

 

黒木瞳の娘が宝塚不合格!?

 

黒木さんの娘の萌子さんは青山学院幼稚園に入園後、青山学院初等部、

青山学院中等部とエスカレーター式で内部進学しています。

そして2017年には宝塚音楽学校を受験

しかし結果は不合格に終わったそうです。

ちなみに過去何度か受験していたようですが全て落選しています。

しかし宝塚音楽学校に不合格だった理由は元々の素行に問題があったからだとも言われています。

それは遡ること2012年8月のこと。

萌子さんが学生の時、学校内である事件を起こしてしまったことに大きく関係していると言われています。

 

 

 

残念ながら娘さんの顔写真はありませんでした。上の一枚は黒木さんのデビューの頃の写真ですが、娘さんもこんなかんじだったのでしょうか?

 

 

黒木瞳の娘が関与する「イジメ事件」とは

 

2012年8月に複数の女性週刊誌が、青山学院中等部に通っている

大物芸能人の娘が主犯格とされる「いじめ事件」を報じました。

当時の週刊誌の発表では名前を伏せていましたが、すぐに黒木さんの娘だと世間にバレています。

 

 

週刊誌の報道によると、リーダー格の萌子さんが男子生徒に命じ、A子さんをいじめたという内容。

事件が起きたのは5月下旬のことのことで女子3人、男子1人のいじめっこグループが、

同級生のA子さんを、構内の女子トイレの個室に追い込んだそうです。

萌子さんは、配下の男子生徒に対して、A子さんが逃げ込んだ個室の隣から壁を乗り越えて侵入するように指示。

その男子生徒は萌子さんに命じられた通り、A子さんがいる個室に入り込み、

A子さんに対し、チンピラ顔負けの言動で脅したそうです。

そして、A子さんは泣きながらトイレから逃げ出そうとしますが、

男子たちはA子さんの衣服を剥ぎ取り、その様子を携帯電話のカメラで撮影したというのです。

また他の週刊誌でもこのことが取り上げられ、

「二年生のA子さんが、数人のいじめグループによって、校内のトイレに追い込まれた。

加害生徒は、同級生の女子四人と男子二人。

女子四人は直接手を下さず、“実行犯”の男子生徒に、いじめの指示をしていたらしい。」

と記載。内容を見ても、これはいじめと言えるようなものではないと話題になりました。

しかしこの事件に対し学校側が下した処分は驚くべき内容だったのです…。

 

このイジメが事実なら、もはや犯罪ですよね…。

 

イジメ発覚後は?

 

このイジメ事件が報道されてから、実行犯の男子生徒2人は退学、

黒木さんの娘、萌子さんら加害者の3人の女子生徒は停学処分に。

その一方で、被害者であるAさんも騒動を起こしたということで、

なんと同じように3日間の停学処分を受けたそうです!!

その後、学校側は

『生徒や担任にアンケートを実施したが、いじめに関わる記入はなかった。

週刊誌に書かれたことはアンケートなどを精査したが確認されていない』

との回答。その揚げ句、

『退学になった生徒は存在しません』」

と言い、どうやら退学になった男子生徒側とは転校という形で話をつけたそう。

そして“イジメ事件”そのものをなかったことにしたようです。

 

ある意味証拠隠滅ですよね。何で被害者が停学になっているのかがわからなすぎる…。

 

したがって、この事件が萌子さんが宝塚に不合格になった原因だと言われるように。

ちなみに週刊誌が大物女優などとして実名を出さなかった理由はなんだったのか?

これは黒木さんの夫に配慮したと噂されています。

またメディア報道が少なかった理由も、同様に夫の会社の電通やバーニング(黒木瞳さんの事務所)

などが関連していたためと言われているみたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

黒木瞳の娘の現在は?

 

黒木さんの娘、萌子さんは、現在「慶應大学(慶應ニューヨーク)」に在学しているといわれています。

彼女がなぜ、海外の慶應大学に在籍することになったのでしょうか。

どうやら、いじめ事件を受けて逃亡留学を図ったとされています。

そして、気になる「慶應大学ニューヨーク学院」はどのような学校なのか?

 

 

この学校は国内にある慶應大学の付属高校と同じように、

卒業後はほぼ全員が推薦で慶應大学に進学することができるそうです。

その学費は年間450万円とかなりの高額!

しかしトップクラスの偏差値を誇る日本の慶應付属校とくらべて入試のハードルがかなり低いため、

慶應大学に入る最も簡単な方法として富裕層にひそかに人気があるようです。

元々は海外生活の長い子供の日本復帰のための受け皿だったようですが、

現在は受験失敗組や日本国内に居づらい状況の子供たちの進学先としての側面もあるんだとか…

このことから、例の事件を受けて逃亡留学を行った見方がさらに強まることになりますね。

 

まとめ

 

黒木瞳さんは、娘さんのいじめ事件件以来すっかりイメージを落としてしまったようです。

しかし黒木さんは2014年の「徹子の部屋」出演時に娘さんとの心温まるエピソードを話していました。

この時、娘の萌子さんのためにつくった弁当の写真を紹介。

夫と買い出しに行ったり、献立には苦労していると話し「自分を褒めてあげよう」と毎日撮影していたそうです。

その気持ちを知ってか、萌子さんが作文に

「中学は卒業しても母のお弁当は卒業したくない」

と書いていたそうで「ホロッとした」と涙もののエピソードを披露していました。

 

 

これを聞くと、事件を知ったあとの受け取る側としてもなんだか複雑な気持ちになりますね…。

もし、過去の事件が事実だとしたらしっかりと償い、反省して、

二度とこんな過ちを犯さないように今後の人生をおくっていって欲しいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.