とりあえずニュースを確認してみる

【高須院長】気管支炎で緊急入院?フリーメイソンの信者って本当?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

美容外科の高須クリニック院長である、高須克弥氏が2019年4月10日に体調不良を訴えて緊急入院しました。

検査の結果、高須院長は肺炎一歩手前の気管支炎だと判明。

本人はもっと重篤な状態を予期していただけに、安どしているそうです。

しかし、入院中、高須院長は様々な問題を起こして世間を騒がせています。

そこで今回は…

  • 高須院長の体調は大丈夫?
  • 入院中の高須院長にフリーメイソンから激励が届いたって本当?
  • 入院を中断して美容外科手術に臨むって本当?

といったことについて、詳しく調べてみました。

 

高須克弥プロフィール

出典:branche

 

氏名:高須 克弥(たかす かつや)
生年月日:1945年1月22日(74歳)
出身地:愛知県西尾市
身長:170㎝
血液型:O型
出身大学:昭和大学医学部卒

 

高須院長は全身癌だって本当?

高須院長の身体に最初にがんが発見されたのは2013年でした。

その時は膀胱がんで、既に体中の細胞に転移している様でした。

その様な状況でも暴行切除やその他の治療法によって、一時は、元気になったように見えたのですが…

 

2018年9月、高須院長は自身のTwitterで全身癌に犯されていると公表したのです。

 

 

他にも、自身の全身癌の状態について、「樹木希林さんの様な状態」と冷静に自身の病状をTwitterで報告しています。

それでも高須院長は精力的に仕事をこなし続けました。

 

そして今回、4月10日に再度、緊急入院したため、重篤な状態を想定したのですが、意外にも気管支炎で済んだ。

とのことです。

 

 

フリーメイソンから激励の手紙が届いた?

入院中の高須院長の元に、フリーメイソンという友愛結社から激励の手紙が届きました。

このことは、高須院長本人が、Twitterでつぶやいた為、明らかになりました。

下記添付がその時のTwitterです。

 

 

カードには日本語で「すぐ良くなりますよ」というメッセージが書かれています。

病院に宗教めいた団体からこの様なものが届いたら、普通は驚いてしまいますが…

実は高須院長もフリーメイソンの一員だったのです。

 

それどころか、現在ではフリーメイソンの中でもかなり階級が高いそうです。

2016年には、京都御門ロッジの最高位となる「Worshipful Master」に就任しています。

そして高須院長はフリーメイソンという集団が、世間が恐れる様な危険な団体ではない、という主張を様々な媒体で繰り返しています。

 

 

フリーメイソンの会員の芸能人とは?

まず、フリーメイソンとはどんな団体なのでしょうか?

16世紀後半から17世紀初頭にヨーロッパの石工職人たちにより結成された、世界最古にして最大の友愛団体の一つ。

現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人を超え、日本国内の会員数は約2000人ほど存在します。

思想の基本は建物の建設であり、理想国家を樹立することが最終目的とされています。

 

日本にも2000人もいるとは驚きですね。

芸能人でもフリーメイソンの会員では無いか?

と噂されている人たちがいます。

しかし、これはあくまで噂であり、確証では無いということだけお伝えしておきます。

  • 高須院長
  • 須藤元気
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • ローラ

須藤元気さんはネットではかなりフリーメイソンの会員であることが濃厚とされています。

しかし、きゃりーぱみゅぱみゅさんやローラさんについては、噂の域を出ていません。

 

出典:INFO HACK

 

入院を中断してでも美容手術をするつもり??

体調不良であっても、世の中に自分の意見を発信し続ける高須院長。

フリーメイソンの次は、入院を中断して自分の病院の患者の手術をする、という発表でした。

 

こちらもTwitterで発表された情報です。

 

4月12日、その後も高須院長はTwitterで「入院を中断する意思」であることを発信し続けます。

僕を頼ってくださる患者様の期待に応えます。

頼られる僕こそ幸せですもの。

といったこともツイートしています。

医療に携わる者として、大変殊勝な考え方ではあるとは思いますが…

全身癌と戦っている人の身体に鞭を打ってまで、美容師術をしたいと思うものなのか疑問ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

主にTwitterを通して、何かと世間をお騒がせしてしまう高須院長。

もう74歳のご高齢ですから、少しは自分の体のことを優先的に考えた方が良いのでは?

と思ってしまうのは筆者だけなのでしょうか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.