とりあえずニュースを確認してみる

【賀集利樹】結婚!イケメンライダー俳優が干されていた訳とは!?

 
zucchi55
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55

2001年『仮面ライダーアギト』でデビューした賀集利樹。

イケメンライダーとして、子供だけではなく、その母親たちにも大人気でした。

しかし、他のライダー俳優とは違って、芸能界から姿を消していた賀集利樹。

この度、6歳年下の一般女性との結婚を発表しました。

今までどこに姿を隠していたのでしょうか。

芸能界で干されていた訳とは?

詳しく調べてみました。

 

賀集利樹のプロフィール

 

 

賀集利樹のプロフィールは次の通りです。

かしゅう としき
賀集 利樹
本名:賀集 利樹
生年月日:1979年1月16日(40歳)
出生地:兵庫県尼崎市
身長:180 cm
血液型:O型
職業:俳優
ジャン:映画・テレビドラマ
活動期間:2001年 –

兵庫県立尼崎北高等学校を卒業後、美容師の専門学校を経て芸能界入り。元々は雑誌などでモデルをやっていたが、本人曰く目立ちたがり屋だったので役者業にも興味を示し、自分のような新人でも主役をやらせてくれるような番組を探したところ、2001年にテレビ朝日系列で放送された連続ドラマ『仮面ライダーアギト』のオーディションに参加。主役の津上翔一 / 仮面ライダーアギト役を勝ち取り俳優デビューし、知名度をあげる。

ウィキペディア(Wikipedia)

美容師専門学校を卒業して芸能界入り。

ちょっと変わった経歴の持ち主。

もし、美容師になっていたら、イケメンで人気だったかもしれませんね。

 

イケメン仮面ライダー

 

出典:TWGRAM

 

賀集利樹が演じた『仮面ライダーアギト』は、イケメンライダー。

子供だけではなく、その母親たちにも大人気でしたが、仮面ライダーは1年周期の番組です。

どれほど人気でも、1年経てば子供たちに飽きられ、新しい仮面ライダーに取って代わられます。

しかし、最近の仮面ライダー俳優たちは、その後ドラマや映画に舞台を移し、女性たちに大人気。

オダギリジョーや要潤、佐藤健など、長く活躍している俳優がほとんどです。

ところが、賀集利樹は『仮面ライダーアギト』終了後、ほとんど姿を見ることがなくなってしまいました。

 

結婚!!

 

 

そんな風に、芸能界から姿を消していた賀集利樹がこの度結婚を発表。

たまたまなのか、タイミングよく『あの人は今?』的な番組で、突然の告白でした。

でも、結婚したことに驚いたよりも、「賀集利樹って誰?」という人の方が多いはず。

話題にあがることすら何年振り?という状態の賀集利樹。

どうして、今頃になって登場したのでしょうか。

 

なぜ賀集利樹は干されたのか

 

 

子供だけではなく母親にも人気が出るよう、イケメンの若手俳優を主役として登場させた「平成の仮面ライダー」シリーズ。

第1弾としてオダギリジョーが演じた『仮面ライダークウガ』。

狙い通り、大人気になりました。

その後を受けて登場した、賀集利樹のデビュー作『仮面ライダーアギト』。

前作のオダギリジョーが個性的なイケメンだったのに反して、賀集利樹は正統派イケメン。

最初は頼りない感じの「アギト」が回を増すごとにヒーローらしくなっていく、成長記録のような秀作でした。

同時に、「G3(ジースリー)」・「ギルス」を登場させたことも話題を呼び、予想以上に高視聴率をたたき出しました。

 

 

「G3」を演じたのは要潤。

今やすっかり人気俳優としてドラマやCMに出演しています。

「ギルス」を演じたのは友井雄亮。

仮面ライダー終了後は鳴かず飛ばずでしたが、銭湯アイドル「純烈」で活動。

( 残念ながら、DV事件などで脱退してしまいました。)

賀集利樹は、『仮面ライダーアギト』終了後、いくつかドラマに出演。

そのイメージ通り、好青年を演じていました。

しかし、主演として登場することもなく、一時期表舞台から姿を消してしまいました。

そのため、今となっては忘れ去られた存在。

いつのまにかメディアから姿を消し、まさに干された状態になってしまいました。

いったいどんな理由からなのでしょうか。

 

消えた仮面ライダー?

 

出典:TWGRAM

 

順風満帆なデビューを果たした賀集利樹。

先に「仮面ライダー」を卒業して、既に俳優として活躍していたオダギリジョーに続く存在になることと期待されました。

ところが、予想に反して、イマイチ売れず。

初めのうちは人気の刑事ドラマシリーズや話題のスペシャルドラマなどに出演していました。

しかし、だんだんと先細り。

単発ドラマに出演を重ねていましたが、次第にその仕事もなくなっていきました。

 

イマイチ売れなかった訳とは?

 

 

なぜ、売れなかったのか。

爽やかな好青年というイメージ通りの役が、よく似合っていた賀集利樹。

しかし、端役が多くて俳優としてはブレイクせず。

いい役がもらえなかったのは、所属事務所の力不足だったようです。

どんな役をもらえるのかということも、「売れる」要素のひとつ。

その点、本人の責任でもなく、ちょっと気の毒な気もします。

 

スポンサーリンク

 

なぜ?大学生に!

 

出典:TWGRAM

 

なんと、2009年4月賀集利樹は國學院大學神道文化学部神道文化学科に入学しました。

理由は、撮影で訪れた伊勢神宮で日本の文化・歴史を知らない自分を恥ずかしいと思ったそうです。

そこで、日本文化を深く勉強したいと思い、社会人枠を利用して見事合格、大学生となりました。

もちろん、俳優業と勉強を両立させ、無事卒業しています。

 

賀集利樹が学んだこと

 

出典:TWGRAM

 

俳優として活動しながら、あまり売れなかった賀集利樹。

それでも俳優と大学生の二足のわらじは結構大変だったようです。

通常4年で卒業するところを5年かかって卒業。

しかし、大学での勉強には真面目に取り組んだようです。

卒業後は、大学で学んだことを生かして、神社参拝の作法や楽しみ方をわかりやすく解説した本を出版。

学んだ事を生かして、活動の幅を拡げることに成功したようです。

 

変わった?再び仕事が!

 

出典:TWGRAM

 

大学卒業後、単発の2時間サスペンスの常連脇役として活躍し始めます。

主役だった『仮面ライダーアギト』とは大きく違い、セリフも少なく出番も少なめです。

でも、懸命に演じる姿にじわじわと出演作が増えてきているようです。

遠回りのようでも大学で学んだことが生きてきているのかもしれません。

 

まとめ

 

 

イケメン俳優として『仮面ライダーアギト』でデビュー。

子供の心だけではなく、お母さんたちの心もつかんだ賀集利樹。

その後、俳優としてますますの活躍を期待されていましたが、鳴かず飛ばず。

ドラマには出演するものの、単発ドラマの端役だったりすることがほとんど。

爽やかイケメンのイメージですが、特に目立つタイプでもない賀集利樹のような俳優は他にもいます。

それに事務所の力も足りなかったようで、次第に姿を見なくなってしまいました。

しかし、一念発起して大学に通うなど、地道な努力をしていた様子。

その賀集利樹が結婚をテレビ番組で報告しました。

奥さんのためにも、これからどんどんメディアに登場して、以前の輝きを取り戻せるでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
zucchi55
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.