とりあえずニュースを確認してみる

【本郷奏多】潔癖症エピソードに共演者ドン引き?趣味は資産運用?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年4月19日公開の映画「キングダム」で成きょう役を好演している本郷奏多さん。

そんな、キラキラとした芸能生活とは裏腹に、私生活ではかなり屈折しているのだとか。

4月18日放送の「ダウンタウンDX」では、あまりにこだわりが強いことから共演者にドン引きされていました。

そしてそこで、意外な趣味も発覚しました。

そこで今回は…

  • 映画「キングダム」での本郷さんの役柄
  • 共演者からドン引きされた潔癖エピソードとは?
  • 本郷さんの意外な趣味とは?

といったことについて、詳しく調べてみました。

 

本郷奏多プロフィール

 

氏名:本郷 奏多(ほんごう かなた)
生年月日:1990年11月15日(28歳)
出身地:宮城県仙台市
身長:174㎝
血液型:O型
最終学歴:日本大学芸術学部写真学科卒
所属事務所:スターダストプロモーション

 

幼稚園の頃から「仙台モデルエージェンシー」でキッズモデルとして活躍。

その後、スターダストプロモーションから芸能デビューした。

2002年、映画「リターナー」で俳優デビュー。

2005年、映画「HINOKIO」に14歳で初主演を果たす。

その後は、GANTZ」や「進撃の巨人」、「鋼の錬金術師」など、漫画原作の超大作に次々に出演。

 

俳優として確固たる地位を確立した一方で、かなりの潔癖症であることで知られる。

奏多(かなた)という名前は本名で、兄が遥(はるか)だった為、兄弟で「はるかかなた」などと両親が考えて付けた。

かなりの偏食で、1日に3回はお菓子を食べる。

映画「MOON CHILD」での共演がきっかけで、GacktやHydeと親交があり、メールでやり取りする程の関係。

 

映画「キングダム」での成きょう役がハマり過ぎ?!

4月19日公開の映画「キングダム」。

その中で、本郷さんは今回は悪役を演じているのですが…

あまりにも原作漫画のビジュアルを忠実に再現しているために、公開前から原作ファンが絶賛!

そのビジュアルがこちら。

 

 

そして、原作のビジュアルがこちら。

 

 

驚くほど忠実に再現されているのではないでしょうか?

そんな本郷さん。

シネマトゥデイの取材ではこのようにおっしゃっていました。

原作が一番偉い。

やっぱりまずは原作があって、企画をする人がいて、映画監督がいる。

そのだいぶ下の方に役者がいると思っています。

だからあまりオリジナリティーを出すよりは、原作を大切にやらせていただくという気持ちは変わりません。

数々の漫画原作の映画に出演してきた本郷さん。

原作に対するリスペクトは相当なものな様です。

 

出典:Twitter

 

本郷が演じる成きょうは”悪のキャラクター”?

「キングダム」のストーリーはおおまかには下記のような感じです。

紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、「天下の大将軍」になる夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・エイセイ(後の秦の始皇帝)が繰り広げる歴史大河作品。

そして、本郷さんが演じるのは、吉沢亮さんが演じる、エイセイの弟役です。

正確に言うと、エイセイの異母弟として登場する成キョウ。

物語の初期では鼻持ちならない身分第一主義のキャラクターとして描かれています。

実母が王族の血を引いている自分こそが純血であり王にふさわしい、と反乱も起こす。

その反乱によりエイセイは王宮を追われる身となった。

 

そして、山崎賢人さん演じる信と、エイセイとが協力して、王座奪還することが「キングダム」のメインストーリーです。

その部分を十分に理解している本郷さんは、シネマトゥデイのインタビューでこの様に言っています。

玉座奪還がメインストーリーである今回は、成キョウの悪の部分だけを強く意識しました。

とはいえ、確かに悪い奴なのですが、彼は『自分が正しい王族の血をひく人間なんだ』という彼なりの“正義”のもとに行動している。

そこは大切にしたかった。

かなり役の感情をくみ取った結果、原作ファンも絶賛する程のビジュアルになったのでしょうね。

 

 

私生活での潔癖ぶりに共演者ドン引き?!

役者という仕事に対して、かなりこだわりが強いことが判明した本郷さん。

実は、私生活でもかなりこだわりが強いタイプの様です。

具体的には”潔癖症”のエピソードはかなり有名です。

 

2019年4月18日放送の「ダウンタウンDX」でも、かなりドギツイ”潔癖”エピソードを披露しました。

キスはバクテリアを交換する行為。

(キスは)意味のない行為だなと思いまして。

子作りを目的とした生殖行為は意味があると思うんですけど、キスって何が生まれてますか?って。

彼女は今はいらないです。

好きになった相手のことも若干、汚いものとして扱っている本郷さん。

この潔癖エピソードを聞いた、共演者の青山テルマさんは、次のように言っています。

なんか分からないですけど、気持ち悪い。

共演者に嫌悪感を抱かれてしまう始末。

 

これ以外にも、本郷さんの潔癖エピソードは数々披露されています。

  • 誰が触ったものか分からないので、硬貨が汚く感じる。
  • 自分の家に上がろうとする友達には、玄関で自分の服に着替えさせる。
  • 誰がこねたか分からない「手ごねハンバーグ」が苦手。
  • ポテトチップスを食べる時は、手が汚れるので箸で食べる。

 

こうしたエピソードを披露するたびに、変人扱いされてしまう本郷さん。

実は、趣味もとても変わっているんです…

 

 

趣味は資産運用?!

潔癖症だけでも、かなり変わった人だと思われている本郷さん。

趣味は資産運用だそうです。

何でも、日本円で貯金することにあまり価値を見出していないそう。

日本円を日本円として持っているのが損だと思うので、価値がある何かに換えたい。

と本人も語っています。

更に、本郷さんのマネージャーも次の様に証言しています。

プライベートでは貯金は全くせず、給料のほぼ全てを金やプラチナや株に換えている。

かなり徹底した資産運用をしている様です。

 

あまりにも変人イメージがついてしまうと、お年頃なのに、彼女も出来ないのでは?

と心配になってしまうのですが、本人も「彼女はいりません」と断言しています。

あまりにも潔い生き方ですね…

 

 

スポンサーリンク

まとめ

仕事でも私生活でも、かなり癖が強いことが分かった本郷さん。

本人が言っているとおり、結婚は当分なさそうですね。

ファンは暫く安心です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.